2006年03月06日

≪Harbot≫2006年3月〜雛祭のイヴェント
(ネタバレ)

月一恒例・ハーボットのイヴェント、3月は「雛祭」である(多分)。
同イヴェントは2006年3月7日(火)の午後1時頃まで続くそうなので今現在(3月6日明け方)まだ期間中でありネタバレである。従って内容を知りたくない方はここから先は見ないことをお勧めしておく。

(以下追記)
posted by 紫乃薇春 at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2006年02月17日

「ずっと言われたい、な味」

毎年恒例・Harbotの「バレンタイン・イヴェント」の模様である。
月一のイヴェントがここ最近、それまでのパターン化されたものから異なった流れになりつつあるが、今回の「年一」のバレンタインも昨年までの手順とはかなり違う流れになっていた。
昨年までならバレンタイン当日―2月14日以前にゲートステーションに入り、所定の場所にて「データ」を送り、2月14日を待つものであったが、今年は14日当日になってそのコーナーがゲートステーション内に設けられ、尚これまではその場所で5種類ある「データ」から良さそうなものを選択し、各自のハーボットに宛てたメッセージを入力し、更には「データ」を「割る」か「割らない」かを選択して送信する形だったが、今年はプラントショップ宜しく―もしくは現在開催中のギフトイヴェントのコーナーと同様にハーボットと共に「タネ」を撒き、その後でハボには内緒(?)でメッセージを書込む形になっている。そして24時間経つと「花」が咲くのでそれをハボと摘み、そうするとふたつの「実」がなるので何やら緑色のヘタの様なものが着いた方にメッセージをつけて(つけなくても可、らしい)飛ばし、残る一方をハーボットが抱えて退場、という流れになっている。
今回はメッセージをつけてもつけなくてもどうやら「実」の片一方は何処かに飛んでいってしまうらしく(相方談)、従って従来での「割る」「割らない」に該当する選択は出来ない(強制的に「割る」形となる)仕組の様だ。正直それは何だかなぁ、という想いなのだが(何処にも飛ばしたくない、という向きもあると思うので)、ハーボットのスタッフとしてはもっとオーナー同士の交流を活発化させたいのだろうか。だが何処に飛んでゆくかわからない代物である。もし、少しおかしな人の処にでも行ったら…と思うと複雑な気分なのだが、さて。
因みにここで咲く「花」には名前が与えられており(紫音は「サンの花」だった)、その時の様子から「花」には幾つかの種類がある様だが、他にはどんなものがあるのだろうか。尚ここまでの流れは今回全てゲートステーションの中で行われてしまう為、その後ハーボックスにて起こるイヴェントは最終段階?とも云える極単純な出来事だけである。正直面白味に欠ける部分もあるが、とりあえずキャプチャを撮ったので、掲載しておく。
尚、現時点でまだ当イヴェントは期間中の為(2月28日まで)、ネタバレとなるので続きは「追記」に掲載する。

追記
posted by 紫乃薇春 at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2006年02月07日

≪Harbot≫2006年2月〜節分のイヴェント
(ネタバレ)

ハーボット・今月のイヴェントは…危うく見逃す処であった。
或る友人のブログの記事に掲載されているのを見るまで忘れていたが、2月といえば「節分」だ。実の処、気づいてチェックしたのが今朝である。約4日も経っているので「今回は、もう駄目か」と半ば諦め気味で臨んだのだが、蓋を開けるとまだやっており、しかも今日の昼の1時までだという。慌ててキャプチャの準備をしてイヴェントを見、アルバムをこさえたが随分とぎこちないものになってしまった。
期間は過ぎたがネタバレには違いない為、アルバムへのリンクは追記に掲載。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 21:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | Harbot

2006年01月05日

≪Harbot≫2006年1月〜お年始のイヴェント
(ネタバレ)

月一恒例・ハーボットのイヴェント、今回は2006年お年始である。
時期を踏まえてか、ハーボックスを開くといきなりデンボンが登場、しかしニュースはなく新年の御挨拶だけで退場。だが考え様によってはそこから既にイヴェントは始まっているとも云える。
お年始は毎年「新年のちかい」をハボに訊かれる。選択肢はふたつ、答えるか答えないか。「○」を押せば「ちかい、おしえて」と更に訊ねられ、「×」を押したら「そう」と項垂れられてしまう。そしてまた、何かを拾う。
今(2006年1月5日4時)現在、まだイヴェントは開催中なので殊にオーナーの方にとってはネタバレだが、例によって例の如くイヴェントの模様をアルバムに仕立ててみた。今回は紫音で「○」の場合を、ヴィオラで「×」の場合を収めたので、以下追記の各画像をクリックして御覧頂きたい。

追記
posted by 紫乃薇春 at 03:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年12月26日

≪Harbot≫2005年12月〜クリスマスのイヴェント
(ネタバレ)

月一恒例、Harbotのネタバレ・イヴェントの模様。今回は「クリスマス」である。
クリスマスというとこれまでは毎年、トナカイの引くサンタの乗ったソリが背後を駆抜けてゆく、というのが定番であったが、今年は大分様子が異なった。どんな様子だったかは下に載せるアルバムへのリンクをクリックして御覧頂くことにするが、何故様変りしたのかが気になる処だ。
他の月のイヴェントも徐々に変化している様にマンネリを防ぐ為の苦心かも知れないが、或いは近頃のHarbotには不具合が多いので、余り手の込んだイヴェントをプログラム出来なかったのかも知れない。いやしかし今回のイヴェントが「手抜き」かと云えばそうでもないとも思えるし、真相はわからない。真相、という程のもの(こと)でもないのかも知れない。

今回は途中「○」か「×」を押す様選択を求められる場面がある。が、どちらを押しても(流れは変るが)結果は同じ、である。最近の別のイヴェントでも同様のものがあった様に記憶している。
内容は追記リンク先参照とするが、ひとつだけ。ハボが或るものを何した時に思わず「デカっ」と声を上げてしまった(笑)

(追記)
posted by 紫乃薇春 at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年11月01日

≪Harbot≫2005年10月〜ハロウィンのイヴェント
(ネタバレ)

今月(といっても今現在、この記事を作成しているのは既に11月1日だけれども)10月の、Harbotの2つ目のイヴェントである。
前回の「ハーボリオン・フェスタ」が年一回の「祭典」であったのに対し、こちらは「月一」恒例のものである。そしてやはり例年通り「ハロウィン」に準えたイヴェントとなった。
が、今回は10月31日から翌11月の2日(14時)までと2つの月にまたがって開催されているのでやや紛らわしいことになった。確かに、丸一昼夜24時間で終ってしまうよりは数日間の期間があった方がオーナーとしてもイヴェントを逃してしまう愚が減って有難いのだが、出来れば先週末から31日まで、とするなど10月の中に収めてくれた方が面倒は少なかった。

とまず愚痴を零した処で、今回のイヴェントについてである。

上記の通り期間が11月2日14時までの為、今この記事を作成している11月1日未明現在イヴェントが開催中なので、これはいわゆるネタバレとなる。以下は追記に記すので、御興味がおありで且つネタバレでも構わないと仰云る方のみ御覧頂きたい。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年10月11日

≪Harbot≫ハーボリオン・フェスタ2005

ハーボットのイヴェント・アルバム、今回は「月一」ではなく「年一」のイヴェント、である。

「ネタバレ」、である。

「ハーボリオン祝祭イヴェント」、イヴェント中のメモ(?)によると「ハーボリオン・フェスタ2005」と題されたイヴェント、この「祝祭」の意味は、2001年初めにサービスが始まったハーボットであるが、正式運用は同年10月10日からとなった為、その日をいわば「創立記念日」の様なものと位置付けてのイヴェントだ。
昨年(一昨年だったか?)登場した「マウ」なるものが今年も登場し、ハーボットに或るメモ(?)を託す。本編ではそれだけの内容だが、今回は「その後」(?)があるらしい。つまり、ハーボックスの中ではひとまずイヴェントは終ったが、オーナー(そしてハーボットにも?)にとっては、本当のイヴェントはまだこれから、ということらしいのだ。
詳しく(ないかも知れないが)は、追記に掲載のリンク先よりアルバム参照。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 05:18 | Comment(0) | TrackBack(2) | Harbot

2005年09月30日

ハーボット・2005年9月のイヴェント

今月はこれが2度目のイヴェントとなる。
が、前回月初めに行われたものは私はあくまで「番外」と認識しているので、「月一恒例」となるものは今回のイヴェントがそれに当るだろう。
ハーボットにぞっこんのオーナーの方々から見たら恐らく大層怪しからん、という手合いだが、近頃は自分の頁のハーボットに逢うことも月に数回あるかないか。うっかりするとイヴェントのある時だけ、などということもある。
今回のイヴェントも相方から連絡を受けるまで、あることに気づいていなかった。日々マメに逢っていれば、恐らくデンボン氏が登場してイヴェント開催の告知をしたのだろうけれど、それすら全く疎かったのである。
が、とにかく今回も滑り込みセーフ宜しく事無きを得た形だ。

今回のイヴェントは、これは「仲秋の名月」になぞらえたものか(既に時期遅し、だが)、途中、ロッカーから躍り出たものは「天女の羽衣」に見立てたものか。詳しくはわからないが、今回のイヴェントについてデンボン氏は以下の様に伝えている:

「9月27日(火)14:00ごろから9月29日(木)14:00ごろまで、
ハーボリオン全土で「丸いもの」が見られるもよー、
とゆー、いつもの未確認情報が入りました。

…たしか四角だったと思いますが…
気になる方は、いつも通り当日○○××でハーボックスに注目!
なもよーです。」
具体的にはどの様なことが起こったか、今回も数ハボでキャプチャを撮ってみた。ひとまずメインHPの紫音の分のみをアルバム仕立てにしてWEBに掲載したのでリンクを貼っておく。
いつもの通り、アルバムへのリンクは追記に掲載する。


続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 03:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年09月01日

≪Harbot≫イヴェント(番外編?)シューボン登場

今回のイヴェントは恐らく、「番外編」ということになると思う。

先日、各Harboxにデンボン氏が登場、Harbotのゲートステーション内にあるシューボン氏のラボシップ「ブラブラー」にて新たな発明品が登場…する筈が、何やら手違いで「シューボン氏が困っている」とのこと、そこでシューボン氏が各Harboxに出張し、それぞれのHarbotに或る「お願い」をする、という緊急ニュースがあった。
シューボン氏が訪問するのは8月30日14時頃から9月6日13時頃までの間…だそうで、本日9月1日現在実はまだイヴェント開催中である。期間が約一週間と長めなので、まだ御覧になっていないオーナーの方も多いのでは?と思われ、大いにネタバレであるが、ここに紫音の分だけ掲載することにした。

今回のこの「番外編」は普段のイヴェントよりも幾分長めだった為、upした画像の枚数が大層多く(160枚)、しかもPNGではあるが256色ではなくTrueColor使用の為、1枚1枚も重い。ADSLでも全表示されるまでに確実に数秒〜数10秒かかるので甚だ恐縮だが、もし御興味がおありの方がいらしたらどうぞ、御覧頂きたい。

アルバムへのリンクは追記に掲載。


アルバムを見る
posted by 紫乃薇春 at 06:44 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | Harbot

2005年08月13日

≪Harbot≫2005年8月のイヴェント

「ネタバレ」、である。



Harbot8月のイヴェントは毎年、年の初めに訊かれた目標が達成出来たかをハボから問われるというものだ。目標を答えなかったオーナー(「×」を押したオーナー、或いは年初のイヴェントを見られなかったオーナー)に対しては、「何か今年出来るようになったか」と訊いてくる。
問いの二通りにオーナーの答えをかけて四通りのパターンのあるイヴェントだ。私は今回、メインサイトに置いてある4ハボで、それぞれのパターンを収めてみた。

それぞれのアルバムへのリンクは追記に掲載。
尚、2005年8月13日昼現在、同イヴェントはまだ開催期間中(2005年8月12日14:00〜16日14:00)の為、Harbot好きな方、殊にHarbotオーナーの方には↑にも記した通り、著しく「ネタバレ」となる為、御了承頂きたい。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 14:24 | ☁ | Comment(3) | TrackBack(1) | Harbot

2005年07月09日

≪Harbot≫2005年7月のイヴェント・その2

昨日、メインサイトに設置したHarbotの分の七夕イヴェントの記事をupしたが、今日はそれ以外のハボの分を。

   『紫乃薔薇斗百合館』に棲む“鏡”
   『星狩人の部屋』に棲む“リゲル”と“カノープス”
   相方との共同サイトに棲む“anne”と“marie”

の分である(順不同)。

やはりネタばれの為、以下は追記に掲載。

[追記]
posted by 紫乃薇春 at 04:10 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年07月08日

≪Harbot≫2005年7月のイヴェント

またまた月一恒例Harbotのイヴェント、今月は「七夕」である。
今回は友人のキョウコさんのブログのエントリにおけるタイトルにある通り「星に願いを」がキーワードとなっている。2005年7月8日朝現在、イヴェントはまだ開催中の為多分に「ネタばれ」の要素を含むので(といってイヴェントの度にほぼ毎回だが)、キャプチャ及びアルバムへのリンクは追記に掲載することとする。

今回は私のメインサイトに設置した4ハボのアルバムをupしてみた。
紫音は先日の「デンボン登場」に続き「ミルキーウェイ」フレームお披露目―殊に、前回はデンボンの登場シーンのみしか撮っていなかったので、紫音在宅のキャプチャはこれが初めてとなる。
リ・ノワールは前回のイヴェント時、正に見ている途中で不具合があって途中までしか見られず&キャプチャも撮れずだったので、そのリベンジ(?)
またアメシスはPNG256色に落として保存した為、画がかなり粗くなってしまった。

[追記]
posted by 紫乃薇春 at 06:30 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | Harbot

2005年07月06日

≪Harbot≫デンボン登場〜「七夕」のイヴェントについて

月一恒例Harbotのイヴェントのお知らせにデンボン氏が登場。今月は「七夕」である。

デンボン登場〜20050706・紫音

イヴェント開催期は明日7月7日14時より7月9日14時まで。辛うじて週末にかかるが随分と中途半端だ。元よりそういうつもりはないのかも知れない<Harbotスタッフ

今回は昨日リリースされた新作フレームに「ミルキーウェイ」というのがあったので、早速紫音にそれを入れてみたお披露目の意味も込めてキャプチャのアルバムを上の画像からのリンク先に掲載。だが、デンボンばかりに気を取られて紫音を一齣だけでも写すのを忘れていた。
ミルキーウェイに囲まれて遊ぶ紫音の姿は、イヴェントキャプチャのアルバムにて期待、ということで。


(C)copyright 2001-2005
Sony Communication Network Corporation
Harbotは、ソニーコミュニケーション
ネットワーク株式会社の商標です。
Harbotに関わる著作権その他一切の知的財産権は
ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社に
属します。
posted by 紫乃薇春 at 06:41 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年06月16日

≪Harbot≫2005年6月のイヴェント

今月10日の14時から始まったHarbotの月一イヴェント。見終ってから既に5、6日が経過してしまったが、却ってネタバレも時効となるかも知れない。
毎年6月は梅雨に因んでか、水玉(?)が出現する内容のものが続いていたが、今年はやや趣向を変えて、カタツムリ(?)の親子らしきものが登場。カタツムリだけあって動作はマッタリとしていたが、跳び退るハボの仕草などバラエティめいた場面も織込まれ、目を楽しませてくれた。
今月に限ったことではないが、毎年その月のイヴェント毎に違った展開を捻り出すHarbotスタッフの方々は御苦労だと思う。この場を借りて労いたい。

尚、キョウコさんのエントリでも触れられているが、奇しくもこのイヴェントの日、こちら関東地方では入梅宣言が出された。

以下、イヴェントキャプチャのアルバムへのリンクは追記に掲載。


続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 03:05 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | Harbot

2005年06月10日

≪Harbot≫デンボン登場/
       ハーボリオンの空の色

我家の紫音のハーボックスにニュースキャスターのデンボン氏が登場した。
ニュースの内容は、今日の14時から始まる今月のHarbotのイヴェントについてである。
デンボン氏の「決まり文句」は毎回、微妙に変化するのだが、俗に云う「マイナーチェンジ」である。Harbotを設置し、キャプチャを撮り、アルバムを作る様になってから初めの内はマメに毎回、設置したハボのほぼ全てで作成していたが、その変り映えの薄さに次第におざなりになりつつあり、全くアルバムを作らない、キャプチャさえも撮らないことも近頃は増えてきた。
今回は、紫音のフレームに新作の「はなびし」を入れたそのお披露目と(久々に紫なフレームがリリースされたのだ)、イヴェントに先んじてハーボリオン(ハーボックスの中。ハボの棲む世界)の空の色が紫の模様に替っていたのでキャプチャし、アルバムをこさえてみた。
全キャプチャ256色に変換した為、やや画像が粗くなってしまったが、イヴェントキャプチャはTrue Colorで保存することにしよう。
但し今夜は何かと物入りで忙しく、その上一身上の都合によりなるべく早く寝たいので、キャプチャは撮ってもアルバム作りは後日となりそうだ。。

アルバムへのリンクは追記に掲載。


続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 04:25 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年05月08日

≪Harbot≫2005年5月のイヴェント

月一恒例のイヴェント、5月は「端午の節句」或いは「鯉幟」になぞらえたイヴェントの模様である。
5月8日未明現在、まだイヴェント期間は終了していないので(2005年5月5日14時〜5月9日14時)、ネタバレとなる為イヴェント・キャプチャのアルバムは[追記]に掲載。

[追記]
posted by 紫乃薇春 at 01:53 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | Harbot

2005年04月08日

≪Harbot≫バースデー・イヴェント

今回のイヴェントは、月一恒例の時節等年中行事に因んだものや、或いはバレンタインデーやホワイトデーそしてHarbotの正式運用開始日に因んだ「ハーボリオン祝祭イヴェント」等とは若干趣が異なる。Harbotのオーナーがゲートステーションの「ゲートパスルーム」において自分の誕生日を設定しておくとその日にハボがお祝いをしてくれるというものだ。私が初めてHarbotを設置したのが2001年の12月。以来、翌2002年の誕生日から数えて今年で4回目の誕生祝をしてもらったことになるが、その内容は全く変化していない。「バースデー・イヴェントも年数と共に変化してゆけば良いのに」という他のオーナーの声を聞いたこともあり、私も時としてそう思わないでもなかったが、今はむしろ、この「変らない」ということが一種の安堵感をもたらしてくれる様な気がしている。
今回は、或る程度以上Harbotと付き合ったオーナーなら大抵一度は体験済みのイヴェントだと思われるけれども、一応「ネタバレ」を考慮して…というより、むしろ「見たくない」「興味ない」方に配慮して(?)「追記」にキャプチャを収めた。

また今回、自分自身のハボは元より、相方との共有ハボも含めて今設置している全ハボでキャプチャを試み、それらを順番に並べてややダイジェストながら粗方のイヴェントの流れを追ってみた。各画像より、それぞれのハボ毎のアルバムも開ける様、リンクを貼っている。



追記
posted by 紫乃薇春 at 06:27 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

2005年04月02日

≪Harbot≫「エイプリルフール」イヴェント

さて、またまた月一恒例のHarbotのイヴェント、今回は「エイプリルフール」である。
テキストを書き連ねるより、アルバムを見てもらえばどういった流れのイヴェントであったか一目瞭然だと思うが、ひとまずデンボン氏によるこちらのニュースを掲載:

「エイプリルフールといえば…

あー、キャスターのデンボンです。

来る4月1日はエイプリルフール!
そこでちょっとご提案があるもよーです。
当日14:00から4月8日14:00まで、以下のウソニュースを流しますので、
ぜひお住まいのハーボットに、「ほんと」とお伝えください。
ひっかかれば、ちょっと面白いもよーです。

内容:ナゾの円盤がハーボリオン全土に出現!
   次々とハーボットを連れ去っているもよーです。ご注意を!

以上、どーでしょうか?、なデンボンでした。」
やや、いやかなりネタバレになるが、同イヴェントでは自分のハボに「(デンボンのニュースが)本当だと思うかどうか訊かれ(「○」か「×」かで返答)、更にその後もうひとつ「○」か「×」かで答えを求められる場面が出てくる。つまり「○」「○」と答えるか、「○」「×」と答えるか、或いは「×」「○」と答えるか、更に「×」「×」と答えるか、少なくとも4通りのパターンがあり、どう答えるかで微妙に流れが異なる展開となった。
今回は4月8日までと長いイヴェント期間が設けられており、現在も期間中で、先にも書いたが著しく「ネタバレ」の為まだ御覧になっていないオーナーの方は殊に御注意…だが、御興味がおありの方は「追記」をクリック。



追記
posted by 紫乃薇春 at 22:44 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | Harbot

2005年03月18日

≪Harbot≫ホワイトデー・イヴェント・その3

昨日は一日休んでしまったが、Harbotのホワイトデー・イヴェントのその後。
データ(チョコ)を紫音にくれた先のハーボックスが2日も続けて見当らず、更に昨夜訪れてみると、私が残した掲示板へのコメントにオーナーからのレスがあり、「ハーボットは今月いっぱいで返してしまうので、既に外してあります」とのお答え。
何とも空しい様な、残念な話だが、「それもまた、道」か(ハボ風に)。
それに従い、先程また紫音に「くれた先に行ってみる?」と訊かれたが「×」を押した。

「じゃあ、もうやめ」

今年の紫音のホワイトデーも終りを告げた。

二番煎じ、いや三番煎じだが、「ホワイトデー・イヴェント(その3)」のアルバムは追記にて。


続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 03:22 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | Harbot

2005年03月16日

≪Harbot≫ホワイトデー・イヴェント・その2

昨日紹介したHarbotの「ホワイトデー・イヴェント」だが、バレンタイン・キャンペーンにてデータ(チョコ)を「割る」を選択した紫音及びヴィオラの内、紫音においてはお裾分けをくれた先にどういう訳かハーボックスが見当らず、紫音ががっくりと肩を落として「今度また、いってみようかな…」等という台詞を吐く場面があって、今日再び紫音に逢ったら、その続きが展開された。
がしかし、行先は昨日と変らず、今日も先方にハーボックスが見当らなくて、やはり昨日同様に紫音が項垂れながら戻ってきたのだが…この分だと、また明日も同じ場面が展開されることになりそうな予感が(苦笑)
因みに、昨日訪問先にて無事に先方のハボと出会えたヴィオラ、またバレンタインでデータを「割らない」を選択したアメシス、リ・ノワール並びにカノープスにおいては、本日「続編」はなかった。

紫音の「ホワイトデー・その2」のネタバレアルバムは追記にて:


追記
posted by 紫乃薇春 at 05:44 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Harbot

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。