2015年03月06日

【さくらプロジェクト】第2回つぼみ調査/啓蟄

【第2回つぼみ調査】
掲載した桜の写真は、ウェザーニューズからつぼみ調査の案内が届くより前、今日の午前中に写したマイ桜の様子である。

【接写】
さくらプロジェクト〜20150306壱
前回同様、「先が黄色」い段階の蕾。その黄色い部分が幾らか増した気もするが、思った程の変化はない。この一週間、比較的気温の低い日が多かった所為だろうか。

【全景】も第1回調査時との違いは殆どない。
さくらプロジェクト〜20150306弐
尤も遠目の場合、花びらが見え始めるくらいまで蕾が成長しないと違いは仲々わからないものだ。前回調査後にウェザーニューズから届いたマイ桜の予想開花日は3月27日。勿論今後の気温や天気の推移によって予定日も前後してゆくに違いないが、早くても月半ばを過ぎないと見た目に明らかな変化はない様に思う。

今年のさくらプロジェクトでは、つぼみ調査は毎週金曜日から日曜日18時までとのこと。なるべく金曜日に調査及び報告をしておきたいと思っているが、調査の案内が届くのは大抵金曜日正午以降の為、仕事のある日はそれから(その日のうちに)マイ桜を訪ねるのが正直難しい。その為今朝の様に朝の仕事の帰りに神社を訪ね、前以てマイ桜の様子を見ておく様にしているが、するとどうしても撮影時間が朝方になり、譬え晴天であってもマイ桜は日陰にあって、始終曇り空の様な写真ばかりになってしまう。偶には陽光を浴びるマイ桜も撮りたいと思うが、少なくとも今月金曜日に仕事休みの日はない。

昨夜から空はやや厚い雲に覆われ、今朝も曇りがちの天気で、時折緩い陽が射すもののむしろ今にも雨が降るのではないかと思わせた。尤も水の香りは余りしなかったので、さほど湿気が立込めてはいなかったのだろう。
さくらプロジェクト〜20150306参
午後になると一転して眩い程の晴天に。しかし啓蟄とは呼べない程冷え冷えとして、やや強めの風が吹くと陽向に居ても温もりより寒さが勝った。この寒気がもう暫く続き、咲き急ぐ桜を思い留まらせてくれれば良いのだけれども。
ともあれ、暦とは裏腹に虫達が這出し飛交うのを見るには今少し、時間が要る様に思う。
posted by 紫乃薇春 at 23:47 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2013年06月22日

夕景〜6/22

夕景〜20130622

嵐過ぎて週末、再び中休み。
posted by 紫乃薇春 at 23:16 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2013年02月25日

新地にて

「長崎ランタンフェスティバル2013」の様子。

長崎ランタンフェスティバル〜20130224-0225

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 21:44 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2013年01月28日

夜景〜1/28

夜景〜20130128

西涯の駅前で、夜。
月は十六夜か。
posted by 紫乃薇春 at 22:38 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年11月19日

北鎌倉にて〜20121119

円覚寺にて。

円覚寺〜20121119

鮮やかだが、紅葉見頃というにはまだ早い様だ。
posted by 紫乃薇春 at 22:22 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年10月20日

ナポリタン・の ようなもの

今夜は赤と青のピーマン、ズッキーニを具にしたナポリタン・・・の様なパスタ。
ズッキーニは我家では馴染みの薄い食材だが、今回敢えて取入れてみた。思いの外クセがない、という以上に淡白で、使い方次第で如何様にもなる野菜らしい。

ナポリタン〜20121020

味噌汁は小松菜の代りにちぢみ菜という葉野菜を使ってみた。先日初めて見かけた野菜だが、珍しい食材は取敢えず買ってみる、が我家の流儀である(例外有り)。
別名を雪菜と云い茎立菜という野菜の一種だそうだが、カツオ菜にも似た風味の濃い菜物である。
posted by 紫乃薇春 at 23:30 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年10月09日

夕景〜10/9

夕景〜20121009壱
薫る様な夕映えの日、雨上がりでもないのに虹が芽生えた。
橋を成すには余りに短く、瞬く間に薄れてしまったのだけれども。
夕景〜20121009虹
posted by 紫乃薇春 at 22:56 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年09月22日

秋分

秋分〜20120922壱
寝ても覚めても汗だくになる程の残暑にうなされていたのがまだ昨日のことの様なのに、ふと気がつけば鳥肌が立つくらいこの数日は冷えを感じる。散歩しながらそこかしこに紅い花を見る様になって、今年も秋の彼岸を迎えたことを悟った。
中日の今日は土曜日。週明けが振替休日にならないのを残念に思うのは、不惑の厄年をとうに過ぎたこの齢になっても未だ学生気分が抜け切らない所為だろうか。必ずしも愉快なことばかりでなかった学舎に戻りたいと今は思わないが、一方で気持だけはいつまでも老成せずにいたいとも願う。恐らく、大人になりきれない「齢をとった子供」なのだろう。アダルトチルドレンという言葉を思い出したが、生まれ育った家庭は決して(子供にとって)悪い環境だったとは思わないし、自分がそうだと云ったら親が嘆くに違いない。

明け方ベランダに出て息をつくと、幾分夜の色を残した空が鱗の様な白雲を湛えていた。予報では今日は一日穏やかで、最適の外出日和とのこと。確かに午前中は晴れ間が多く、しかし雲が巧みに日の光を留めた為にかっとする暑さに蝕まれることもなく爽やかだった。けれども午後になり俄かに雲が厚くなり、夕方を待たずに雨音がし始めたかと思うと途端にザン、と激しい降りになった。ひと月前ならたちまち蒸し暑さが募って堪らない処だったろうが、それでもそこはかとなく冷んやりと感じられるのは、秋が深まりつつあることを匂わせる。
秋分〜20120922弍
佐世保の港で花火を観たのが遠い昔に思える一方で、柚木や小城の蛍火を楽しんだのはまだついこの間の記憶。花火と云えば今宵ハウステンボスでは第4回世界花火師競技会の日本代表と世界代表による決勝戦。日本からは茨城県つくば市の山崎煙火製造所、世界代表はスペインのパイロテクニカ イグアルが選出され競い合う筈である。個人的には新潟県小千谷市の片貝煙火工業を日本代表に推したが駄目だった様だ。規模で云えば世界最大の四尺玉を有する片貝の花火、身内の縁の地の花火でもあり私なりに思い入れがあるが、その四尺玉を長崎まで携えてくる訳でもないので、あの魅力はやはり現地でないと味わえないものかも知れない。
その決勝戦は果たして無事に行われたのだろうか。日中少し出掛けてみたものの、思いの外酷い降りに遠出するのが億劫になったので、ハウステンボスまでは行かずに帰宅してしまった。日暮れ前に雨は一旦止んだものの、夜には再び雨音が壁越しに伝わってきた。今夜はもう出掛けるつもりはないが、今もかなり強く降っている様だ。小雨ならともかく、これでは火薬も湿気てしまいそうだし重大な事故にも繋がりかねない。延期して然るべき日和に改めて開催するのが賢明だと思う。

昨夜のTwitterにて、黒百合姉妹の次回ライブの詳細が決定したと伝えられた。一部では昨日のエントリの反復になるが、11月18日(日)南青山MANDALAにて、18時開場・19時開演とのこと。チケットは明日9月23日より、南青山MANDALA店頭及びイープラスにて発売開始。DMによる通知はしないそうなので、ファンの方がいらしたら拡散を宜しく。
振返れば存在を知った94年『猫耳』から、公式のライブ等イベントには欠かさず通った唯一の対象である。今年5月のCD『森羅万象の聾』発売記念ライブにも何とか駆けつけたが、次のライブにも無事行かれるのかどうか。想いはあるが今の処先が見えない状態だ。
秋分〜20120922参
posted by 紫乃薇春 at 23:17 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年08月26日

湖畔にて

野岳湖〜20120826

人造湖の晩夏。
posted by 紫乃薇春 at 22:30 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年08月25日

夜祭の門

江迎〜20120824-0825-001

疎外漢の眼差しに依りて。
posted by 紫乃薇春 at 23:38 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年08月24日

残暑の景

蜻蛉〜20120823-0824

朝焼け〜20120824

残暑の蟲と不穏な朝焼け。
posted by 紫乃薇春 at 21:18 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年08月18日

精霊流し・曳き回し

2012年8月15日(水)長崎県佐世保市の精霊流しより



難破船になるごた…?
posted by 紫乃薇春 at 23:35 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年08月01日

夕景〜8/1

夕景〜20120801-01 夕景〜20120801-02

東から台風10号が、それを突上げる様に南方からは遅れてきた台風9号が共に日本の南西海上にあり、沖縄方面を中心に影響を及ぼしている。
此方は雨こそ降らぬものの、時折突風が外壁を揺るがす。空が危うい葡萄色に染まっている。
posted by 紫乃薇春 at 22:18 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年07月25日

夕景〜7/25

夕景〜20120723-0725-01

或る山里の夕涼み。
posted by 紫乃薇春 at 22:55 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年07月16日

Blue,white or grey?

2012年7月16日(月)16時16分、長崎県佐世保市の空。
空と海〜20120716
梅雨末期(恐らく)の気紛れな空模様。この時刻には偶々止んでいたが、直前まではしとしとと歯切れの悪い雨が降り続いていた。また、撮り終えて歩き出すと間もなく大粒の雨が降り始めた。その後も降ったり止んだり、時折青空が覗き陽が差したかと思えば数分後には白み始め、瞬く間にどす黒く濁って大粒の雨が叩きつけるという塩梅である。
ウェザーニューズによる「ソライロの日」というこの企画は2010年の8月から行われているそうで、来月の16日に2周年を迎える。尤も個人的に初めて参加したのが昨年の7月からで、今回で丁度1年が経ったことになる。毎月16日の16時16分に空の写真を撮り、その時の天候や気温等の状態を添えて報告するというもの。この1年間毎月欠かさず参加していた訳ではないが、自身のの当時を振り返る参考にもなるのでこの半年くらいは自分なりにまめにリポートをして来られたと思う。
30分後の16時46分通りすがりに目にした同市の気温は28度。確かに気温自体はさほど高くはないのだろうと感じたが、とにかく湿度が非常に高く蒸し暑い。今日に限らず日中の気温は大して上がらないものの夜間も殆ど下がらず、連日熱帯夜にうなされている。

ところで今日は「海の日」。国民の祝日としては比較的新しく、1995年に制定された(施行は翌1996年から)。当初は7月20日であったが、2003年のハッピーマンデー制度導入以降は7月の第3月曜日となった。
物心つき始めた時分にはまだ存在しなかった祝日であり個人的にはいささか馴染みの薄いものであるが、以前より「海の記念日」という記念日(※祝日ではない)は存在したらしい。尤も同記念日が設けられた経緯は「1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定された」(Wikipedia)とあり、いささかこじつけと思えないこともない。むしろ海開きの行われる時期になぞらえた日と云う方がまだしっくり来る気がする。
面白く感じたのはWikipediaに載った「海のない県の対応」で、「奈良県では、海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めている」とのこと。その他の内陸県(埼玉県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県・岐阜県・滋賀県)については記されておらず、どう対応しているのか、海はなくとも祝日としてだけは認めているのか、詳しいことは知らないが興味ある処ではある。

海の日と云って別段泳ぎに行く訳ではなく、まあ昔は海水浴や潮干狩等を楽しみにしていた頃もあるが、この年齢になると日灼けはなるべく避けたいし、潮干狩や磯狩をしても採れたものを食す訳でもない。近頃は専ら観賞の対象として行くことが殆どである。
但し、佐賀県の有明海沿岸の浅瀬には馬刀貝が多数棲息しているらしく、馬刀貝と云えば子供の頃図鑑で知って以来名前の由来ともなった細長いユニークなその形状の虜になったものだ。しかし残念なことに生まれてこのかたまだ一度も生きた馬刀貝というものを間近で見たことがなく、いずれは見てみたいと思っている。
それはさておき、こんな豹変し易い天気の日にわざわざ海を見に行くのは相当な物好きだろう。第一水位が上がれば危ないし、有明海だの玄界灘だの遠い処まではさすがに行く気がしない。
とは云いながら、ソライロリポートに出たついでに早岐まで足を伸ばしてみた。

途中雨足の非常に強まることがありしくじったかと思ったが、程なく小止みになった。
海に面した佐世保市において早岐は一見内陸の様だが、実は市街地を縦断する国道に沿う様に海岸線が横たわっている。所謂早岐瀬戸である。
空と海〜20120716
一見やや幅の広い河川の様だが、大村湾と外海を結ぶれっきとした海(海峡)であり、潮の目と呼ばれる一際くびれた箇所を中心に思いの外激しい潮流がある。大村湾と外海の水位の変化に伴い潮の向きもまた変る様だ。潮の目については以前平戸八景を巡った時にレポートしたので、詳しくはそちらを御参照頂きたい。
残念ながら潮の目に架かる観潮橋が工事中の為派手な覆いが施されており、景観としては今ひとつであった。

荒れた天気も日没前の驟雨で一段落したらしく、その後青空が広がり始めささやかな夕焼けを演出した。
海と云って早岐瀬戸ではあんまりだと仰る方の為に佐世保駅に寄道して、港の夕景を撮ってみた。いや、これもあんまりか。
空と海〜20120716
ウェザーニューズからメールが届き、本日15時頃日本の南海上で台風7号が発生したとのこと。今後は九州の西を北上する見込み。一見回復したかに見える空だが、じきにまた崩れてしまいそうだ。
posted by 紫乃薇春 at 23:53 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年07月09日

S

2012年7月7日(土)西彼にて。

蠍座〜20120707-0709

七夕の置き土産。
posted by 紫乃薇春 at 23:28 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年06月21日

夏至

気の早い大型の台風4号は紀伊半島から関東までを踏みにじり、北東へと去った。コースから外れた長崎ではあるが、一部に土砂崩れ等が発生した模様。直撃した地域の方々は深刻な被害に見舞われたりなどしていないだろうか。
台風一過とまでは行かないが、台風が去った直後の一昨日そして昨日とこの梅雨幾度目かの中休みとなった。
しかし早くも次の台風5号が西から接近中で、今日から明日にかけてはまた激しい降りに注意と促された。実際、昨晩遅くから今日昼頃までは大雨とは云えないまでもそれなりにまとまった雨が降ったが、午後にはふっつりと止んでしまった。その後は変り易い空模様だけれども時折雲の隙間から陽光が差込めるに回復。台風5号は何処へ行ったのだろう?後のニュースで台風は低気圧に変り、梅雨前線と一体化したことが伝えられた。とうやらこちらに辿り着く前に歩みを止めたらしい。沖縄では荒れた天気に気をつける様促していたので、前線は現在南下しているのだろうか。
夏至〜20120621
今日は夏至。だが夏の折返しにしてはちと寒い。いや、実際の気温は今日も20℃を超えているし、何より湿気に満ちている所為か感じる以上に汗ばんでしまうのだが、それでもこの時期真夏日に達することはそう多くはない。梅雨のおかげだろうか。冬至の頃はありありと冬を感じることが多いのに比べ、夏至は必ずしもそうではない。
夏至〜20120621
今日の長崎の日の入りが19時33分、佐世保が19時34分。日没に間に合うかと国道35号を南へ向かい、JRの千綿駅を訪ねた。ほぼ真西を向いて大村湾が広がるこの駅は、季節を問わず夕映えの景勝地である。
現地の日没時刻丁度に着くと、対岸の山並の為既に太陽は地の向こうに沈んでいたが、黄昏が棚引く雲を仄かに染めているのが見えた。
夏至〜20120621
posted by 紫乃薇春 at 23:39 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年06月19日

夕景〜6/19

夕景〜20120619

気の早い台風が来るというので警戒していたが、こちらは直撃せず東に向かった様だ。ただ県内では崖崩れ等の被害も出た模様。
一旦和歌山に上陸した台風は三河湾に抜けた後、名古屋付近に再び上陸したとのこと。該当地域またこれからの予想進路に当たる地域の方々は殊に御注意されたし。

日本時間で今朝未明行われたサッカー・EURO 2012、グループCの試合はスペイン―クロアチアが1-0でスペイン、またイタリア―アイルランドは2-0でイタリアがそれぞれ勝利。これによりスペインが勝ち点7でグループ1位、イタリアが勝ち点5で2位となりそれぞれ決勝トーナメントにコマを進めた。
地上波による中継がない為ネット上の実況で様子を知るしかなかったが、とにかくアズーリが勝ち残ったことに喜びを感じている。尤もこれで胸を撫下している暇はなく、まだまだ正念場の続くことに変りはないのだが。
posted by 紫乃薇春 at 22:31 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年05月29日

夕景〜5/29

夕景〜20120529

没する前の一睨み。
posted by 紫乃薇春 at 20:32 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年05月11日

訃報

世界的に著名なヘア・ドレッサー、ヴィダル=サスーン氏が今月9日、米国ロサンゼルスの自宅にて死去。享年84。死因は自然死と見られるとのこと。
個人的には市販物のシャンプー及びコンディショナーでお世話になった程度だが、氏の登場がなければヘア・メイクの進歩が50年は遅れていたのではないかと思うとやはり偉大な先駆者だったのだと思う。謹んで御冥福をお祈り申し上げる。

Wikipedia:ヴィダル・サスーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%80%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%B3
posted by 紫乃薇春 at 21:51 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。