2015年02月04日

立春

昨夜は思いの外睡魔の訪れが早く、買っておいた鬼打ち豆を撒き忘れたまま寝入ってしまった。
はっとして目覚めると、既に日付の変った後。うっかりしていた、と家人に呟くと、「撒いておいたよ」と窘め顔で応えが返ってきた。ごめん、ありがとう、と礼を伝えて、すぐに再び眠りに堕ちてしまった。
結局今年はまだ、福豆を一粒も食べていない。尤も齢の数だけとなれば、数えるのもそろそろ面倒な年頃ではあるが。

立春〜20150204壱

暦の上では今日から春。だがどんよりと重く黒ずんだ雲が腹這いになり、時折雨粒の滴る冷たい夜明けを迎えた。
その後昼の時報を聞き、陽が西に傾くに従って雨の気配は幾らか遠のいたが、春らしい温もりからは程遠い一日を過ごした。

二番制の朝の仕事の帰り道、数ヶ月振りに佐世保市街外れの神社を訪ねた。こちらに来てから毎春、桜の様子を見守りに来る小さな社だ。小さいが、本殿の裏には平戸八景の一つが隠された趣深い社である。
立春〜20150204弐
恐らくはこの春もあるだろう「さくらプロジェクト」のことを想いながら境内を少し散策したが、どの桜も未だ蕾は硬く閉じている。しかしいずれも枯れることなく確かに新たな芽を宿しているのであって、やがて冬将軍が逝く頃にはまた艶やかな色を見せてくれるのだろう。

アウロラのブルーインクのポドルスが欲しいと思い、先日頼んでおいたものが今日送られてきた。
が、梱包を解き、箱から取出すと。甚だしく液漏れをしている様子。運搬の途中で漏れたものか、或いはイタリアからの空輸の際には既にこの状態だったのかは定かでない。ビンが割れている様子はなく、フィルム包装されている為、幸い指や衣類等を汚すことはなかった。
何らかの理由でフタが緩んでしまったのだろうが、取りあえず症状を発送元に伝え、交換か返品かあちらに委ねることにした。
残念だが、もう暫くカートリッジの世話になろうと思う。
立春〜20150204参
posted by 紫乃薇春 at 21:48 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: