2015年01月31日

睦月末日

怒濤の慌ただしさの中、息つく暇もなく過ぎて行った年末と打って変って、ぽっかり空いた霹靂の様に間延びした年明け。
そんな1月も、今日で終る。

昨夏より同じ部署で時を過ごした同僚が一人、本日付で退職した。
所謂同期は彼だけだったので、一抹の寂しさが否めない。
また、家人を除けば此方に移り住み恐らく最も多くの言葉を交わした人物だから、これから暫くはそこはかとない喪失感を抑えきれないだろう。
が、あくまで前向きな意図による退職だから、今後の彼の健康と飛躍を祈ろう。
20150131mutsuki001a.jpg

アウロラ・イプシロンを手にして三日目。
一昨日よりは昨日、昨日よりは今日、徐々に発色が増してはいるが、まだ「書く」というより、ペンに「書かされている」感覚が強い。
尚も焦らずゆっくりとペンに馴染んでゆきたいと思ってはいるが、扱いこなす前にペン先が駄目になりはしないか心配でならない今日この頃である。

疲れず、何時間でもペンを走らせていられる、そんな書き方は一体どれ程書けば身につくのだろうか。

使い始めた最初の頃より、インクの色が幾分濃くなった気がする。
それだけインクが浸透してきたのだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 22:43 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: