2014年02月28日

観梅

二月末日。概ね晴れだが、そこはかとなく靄がかかって見えるのは飛来した物質の所為か。以前は限られた時期にしかニュースにされるもなかったが、ここ数年は年中無休でこの靄の話をしている様な気がする。
花粉の飛散もそろそろ本格化する頃で、幸いまだ辛い症状に苛まれたことはないが体を蝕まれていることには違いない。春という言葉が億劫にすり替るのも、時間の問題か。

桜はまだまだ蕾だが、梅は各地で咲き乱れているらしい。いや既に、早い場所では散り始めている様である。
観梅〜20140228
桜の様に必ずしも毎年ではないが、梅の花の咲く風情も私は好きで季節になるとしばしば名所を求めて彷徨い歩く。鎌倉にいた頃は荏柄天神の梅をよく観にいったものだ。尤も境内全ての梅が見頃の時期に出会うことは仲々なく、何処か寂しい気分で帰ることが殆どだった。意外に実家の紅白梅が見事に咲くもので、玄関先でそれを眺めて溜飲を下げることも度々あった。
九州に移り住んでからは何より、太宰府天満宮の梅が見事なものである。殊に飛梅と呼ばれる白梅は道真公の逸話と相俟って迫力のある大木だが、実は他の梅と開花の時期が合わず、境内が満開になる頃には飛梅はほぼ散り終えてしまっているのが実情である。それに県北と云えど長崎から太宰府までは遠く、ちょっと近所でも、というつもりで訪ねる訳には行かない。
これまでで最も見応えがあったのは、滋賀県南部・石山寺の梅園。もうかれこれ二十年近く昔のことだが、三月も下旬になって訪ねた時は様々な色合いの紅白の梅が咲き揃い、桜でないのに春爛漫。桃でもないのに桃源郷という響きがこだました。しかし観たのは一度きり、鎌倉からも九州からも尚遠い幻の様な思い出である。
此方に来て最も身近な梅の見所と云えば、武雄の御船が丘梅林だろうか。園でなく梅林というだけあって、梅の数は群を抜いている。そして紅梅も白梅もそれぞれあるのだが、実の処いささか艶の乏しさがある。確かに満開を迎えた時など一帯が香に満ちて、梅の仄かな色気が漂うが、桜などと比べるとどうしても痩せて見える。石山寺などで堪能したふくよかさが感じられない。それでもとにかく梅が観たいという時には、自宅から一時走れば辿り着く易しさは重宝する。
しかし今年は県内の名所が観たいと我儘を云った。島原城の梅園である。長崎とひと口に云っても南北に広く、県北から島原まではひと旅行するくらいの距離があるのだが、家人に促し南下した。

島原城は島原の町のほぼ中心。半島ではまだ中ほどだが、県内で見れば随分南に当たる。
余りよく知らずにいたが、ここの梅は県内で最も早く咲くことで有名なのだそうである。正直出足の遅い今年、予めそれを知っていればわざわざ行くこともなかったろうが、数日前のリポートで「まだ幾日か保ちそう」という報告を頼りに駆けつけた。
観梅〜20140228
残念ながらというか、案の定というべきか、二月末日の島原の梅は既に散り始め。遠目にはまだ満開を迎えていないのかという風情だが、近くに寄ってよく見ると既に散り落ち萼だけが残る枝が何本もあった。
しかしそれでもまだ紅白とも残る花は残り、県内では数少ない艶やかな梅の色を宿していた。堀端で入館料を払い小一時間、往復の途に比べたら短めの滞在だが、敢えて天守閣には上らず、梅を眺めることだけに専心した。
島原では既に次の催し、雛祭に合わせた企画を推進している様で、平日ということもあり梅園を訪れる客はまばらだったのが寂しい。その分のんびり観ることが出来たとも云えようが、梅の木と観梅の客とどちらが多いかわからないくらいの賑わいを見れば、こっそりと梅の精、或いは仙人がその人並に紛れて微笑む姿を垣間見られたかも知れない。
観梅〜20140228

posted by 紫乃薇春 at 23:10 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: