2013年06月23日

Super Moon, 2013.06.23

今宵は月が最も大きく見える晩、スーパームーンだそうだ。が、生憎の曇り。幸い現在雨は降っていないが、到底月も星も拝める空ではない。いささか空しい夜である。
明け方観ていたサッカーの試合(コンフェデレーションズカップ、イタリア対ブラジル、日本対メキシコ)もいずれも私の期待はずれの結果で、寝不足と共に疲れた。

色々と残念な一日だが、こんな日は音楽や映画で癒されてみるのも悪くない。ムーンと云えばキース、キースと云えばザ・フー。彼のドラムは若い頃程爆発的だが、余りに初期だとモノラルであったり音質も今ひとつだったりして凄みが伝わり難い。彼のエネルギーがまだ衰えず、しかも良い音でとなるとやはり『セル・アウト』『トミー』か。『セル・アウト』はドラムがやや抑え気味に収録されているので、『トミー』がより望ましいか。
スタジオ盤に拘らなければ『ライヴ・アット・リーズ』という素晴らしいアルバムもあるのだが・・・この時期(1970年前後)の実況録音が高音質で残されているのは、ファンにとって誠に幸運なことである。

 

 


黎明期のザ・フー、デビュー・アルバム『マイ・ジェネレーション』も折角なので載せておく。


posted by 紫乃薇春 at 21:49 | Comment(0) | 音楽<THE WHO>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。