2012年06月21日

夏至

気の早い大型の台風4号は紀伊半島から関東までを踏みにじり、北東へと去った。コースから外れた長崎ではあるが、一部に土砂崩れ等が発生した模様。直撃した地域の方々は深刻な被害に見舞われたりなどしていないだろうか。
台風一過とまでは行かないが、台風が去った直後の一昨日そして昨日とこの梅雨幾度目かの中休みとなった。
しかし早くも次の台風5号が西から接近中で、今日から明日にかけてはまた激しい降りに注意と促された。実際、昨晩遅くから今日昼頃までは大雨とは云えないまでもそれなりにまとまった雨が降ったが、午後にはふっつりと止んでしまった。その後は変り易い空模様だけれども時折雲の隙間から陽光が差込めるに回復。台風5号は何処へ行ったのだろう?後のニュースで台風は低気圧に変り、梅雨前線と一体化したことが伝えられた。とうやらこちらに辿り着く前に歩みを止めたらしい。沖縄では荒れた天気に気をつける様促していたので、前線は現在南下しているのだろうか。
夏至〜20120621
今日は夏至。だが夏の折返しにしてはちと寒い。いや、実際の気温は今日も20℃を超えているし、何より湿気に満ちている所為か感じる以上に汗ばんでしまうのだが、それでもこの時期真夏日に達することはそう多くはない。梅雨のおかげだろうか。冬至の頃はありありと冬を感じることが多いのに比べ、夏至は必ずしもそうではない。
夏至〜20120621
今日の長崎の日の入りが19時33分、佐世保が19時34分。日没に間に合うかと国道35号を南へ向かい、JRの千綿駅を訪ねた。ほぼ真西を向いて大村湾が広がるこの駅は、季節を問わず夕映えの景勝地である。
現地の日没時刻丁度に着くと、対岸の山並の為既に太陽は地の向こうに沈んでいたが、黄昏が棚引く雲を仄かに染めているのが見えた。
夏至〜20120621


posted by 紫乃薇春 at 23:39 | Comment(0) | 紫夜(投稿)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。