2005年02月24日

十三夜(2005年2月22日撮影分)

昨夜(日付の上では一昨日)up出来なかった記事に掲載する予定だった、十三夜の月達の写真である。
尤も、先のエントリで記した様に、この日(2月22日)が「十三夜」と知ったのは、友人のブログのエントリを読んでからだが。

「気分が乗ったら」と書き散らしたが、やはり風化し切る前に掲載しておくことにした。




これらの写真と共に書こうと思っていたテキストについては、ひと晩とはいえ時が経った今、無性に白々しく感じてこそばゆいので破棄することにした。
いつか、何らかのシチュエーションに導かれて日の目を見ることはあるかも知れない。


posted by 紫乃薇春 at 04:10 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | 写真館
この記事へのコメント
1枚目と4枚目が好きです、、、って誰も訊いていないってば(←いつもの写真系ブログへのコメントの癖が出ています、失礼〜(笑)それにしても、妖艶なお月様。本当に、明るかったですよねぇ。
Posted by KAHO at 2005年02月25日 02:28
やっぱり、今から思うと天気が下り坂になる兆候だったのでしょうか<明るい月
恐らく、大気中の湿度が或る程度高くて、それが月の光を含んで広くボウッとした明るさを帯びていたのだと思います。だから、月そのものが明るいというより、月の周りの空が妙に白白としていた様に記憶しています。
Posted by 紫乃薇春 at 2005年02月25日 03:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


十三夜月
Excerpt: 友人の見舞いに行ったら、共通の友人が置いて行ってくれたという宇野功芳、アンサンブルSAKURAのモーツァルト「ジュピター」/ブラームス交響曲1番というリッチな気分のするCDを「又貸しになるけど」と言..
Weblog: KAHO's Photo Diary 2
Tracked: 2005-02-25 02:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。