2010年04月26日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜【サクランボ】

昨日は土曜日に劣らぬ晴天だった。気温も高めで日曜日ということもあり、絶好の行楽日和だったと云えるだろう。我家も土曜日の晩には何処かへ繰出す話で盛上がったが、前夜の夜更しが祟り結局の処怠けた一日を過ごすに留まった。夕方になり食品等の買出しには出たものの、マイ桜の様子を見に寄るのさえさぼってしまった。
週明けの今日は朝の内晴れ間が残ったが、午時までには曇り始めた。予報通りではあるが、この度の晴天もやはり長続きはしなかった。午後に向かうに従い雲は厚くなり、夕方の時点ではまだ堪えていたが夜には雨が降ると云う。

日没にはまだ間のある内に神社を訪れた。既に薄暗い空を見上げながら昨日足を運ばなかったことを悔やんだが、後の祭りである。尤も昨日は昨日、今日はまた様子が違っている筈なので、昨日訪れたとしても今日の桜は見られはしない。
実桜〜20100426定点
定点観測の小枝に残る唯一の実は大きさにはさほどの変化が感じられない。少しは膨らんでいるのかも知れないが、定規を当てて計っている訳ではないし実感も薄い。ただ、先日はまだ青(緑)一色に見えたのだが、今日はほんのり紅を帯び色づき始めた様に見える。
それが気になり他の枝を窺うと、まだ数は僅かだが濃い紅に―あたかも烏瓜の如く色づいた実を見つけた。いささか艶が乏しいが、食用として市場に出回るサクランボを彷彿とさせる色味である。
実桜〜20100426接写
但しソメイヨシノの実は完熟すると紅を通り越し黒ずんで見えるものなので、この段階で摘みうっかり口にしたらさぞや渋いことだろう。

先日見つけた咲き遅れの花は今日もまだ残っていた。ほぼ開き切った様であるが、よく見ると既に花びらが一枚欠けている様な気がする…。
実桜〜20100426残花
この花を土曜日に見つけた時点で他は全て終りの様だと記したが、今日改めて見ると少し離れた上枝に更に遅れて開いたらしき花が認められた。一昨日の時点ではまだ目立たぬ蕾だったのか。同様に開きかけだったものが角度の違いで迂闊にも目に留まらなかったものの様だ。

まだ咲く花もあるが、片手で足りるだけしか残っていない。思いの外小さいのが気になるが、はっきりと色づいた実が僅かながら確認出来る様になった。
さくらプロジェクトにおける報告ランクを本日より「葉桜」から「サクランボ」へと進めることにしよう。


posted by 紫乃薇春 at 22:44 | Comment(0) | 桜プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。