2010年04月13日

【さくらプロジェクト】葉桜/夜桜

雨上がりの放射冷却か気流によるものか、今日は著しく気温が下がった。天気予報では「冬が戻ります」などと伝えていて、大袈裟な、と高を括っていたが実際冬物の外套を纏っても汗を掻かない程冷えた。一週間程前なら「花冷え」という表現が当たっていただろうが、その花が今はもう殆ど残っていない。
事情により今日は日のある内に桜を観に寄れず、夜間の撮影になった。花の乏しい夜桜はさして見映えがしないだろうと思ったが、新緑が思いの外照明と相性が良いことを知った。あながち悪い写りではないが、ただ桜である必然性は余り感じられなくなってしまった。
夜桜〜20100413接写
背景が写らず空間認識がし難いが、接写(部分)撮影でも大分葉が成長しているのがわかる。大きい葉は既に付け根から先まで5cm程に育っている。
夜桜〜20100413定点
夜間なので全体を探ることが出来なかったが、定点観測の花の跡にも萼が剥がれて実が顔を覗かせているものがあるのを確認出来た。
夜桜〜20100413全景
全景を見ると夜景でも花の残り少ないことがわかる。照明を反射し白く浮かび上がる箇所が僅かになり、若干沈んだ緑が大勢を占める様になった。

今日も夕方強風が吹いた様だが、風に舞う花びらも寂しくなっただろう。暗いので余り注意して見なかったこともあるが、地面に散った花も殆ど目立たぬ様だった。
昨年、一昨年とも花から葉桜に移る頃を見計らい報告段階に「サクランボ」という項目が追加されたと記憶しているが、今年はまだ見当たらない。ただ準備が遅れているだけか、或いは今年は「葉桜」の範囲で実りまで賄うつもりだろうか。


posted by 紫乃薇春 at 22:35 | Comment(0) | 桜プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。