2010年02月15日

さくらプロジェクト2010 始動

一昨年、昨年と続けて参加したウェザーニューズ主催の「さくらプロジェクト」が今年も始動、本日同サイトより案内のメールが届いた。
今年で7回目を迎えるという同プロジェクトだが、気象庁が今年から「桜の(開花)予想を行わない」と発表したことを受けてウェザーニューズの鼻息―もとい意気込みはこれまでにない程高揚している様だ。ひとつには昨年のとある台風到来に関し気象庁は上陸していないとの見解を示したのに対しウェザーニューズが「上陸した」と報告したことで気象庁から「注意」を受けたが、ウェザーニューズはあくまで正当性を主張。謂ば官と民の対立を生じた経緯があり、ウェザーニューズが半ば意地を見せているとも見える。

そうしたことの是非はさておき、過去2年桜とじっくり向合い親しむ機会を得たさくらプロジェクトは個人的に楽しみであり、今年も早速参加登録を済ませた。
過去2年、鎌倉市郊外の富士を望める高台の公園に植わるソメイヨシノをマイ桜としてきたが、今年は転居に伴い桜も新たに選び直すことになった。平戸八景のひとつ「岩屋宮」を擁する須佐神社が徒歩圏内にあり、境内に風情ある桜が幾本も植えてあるのでその中から鳥居脇に立つ比較的大振りの株を選ぶことにした。
マイ桜には各自任意の名前を付けることになっており、これまでは自身のハンドルネームの一部を取入れ「薇春の桜」としていたが、今年は岩屋宮に因み「岩屋の宮桜」といささか大仰に命名。
さくらプロジェクトに取組むことにより様々な知識が得られたり、また桜と向合うことで有意義且つユニークな体験を味わえるので、興味ある方は是非―とお勧めしたいが、今年から同プロジェクトに参加するにはまず同サイトの「ウェザーリポーター登録」(無料)を行う必要があり、それに抵抗を覚える方がいらっしゃるかも知れない。
尚、ウェザーリポーター登録には一部個人情報を入力する項目があるが、これはあくまで任意である。

【接写】
桜プロジェクト〜20100215接写
今年の桜は開花が早いとは云うものの、さすがに2月中旬ではまだ蕾である。だが既に幾らか膨らみ始めている様に見えるのは、目の錯覚だろうか。
須佐神社境内で最も顕著な鳥居脇の一株を今年のマイ桜に選んだが、当初見込んだよりも枝が高く接写撮影には不向きかも知れない。一眼レフカメラを使えば捉えるのは容易いが、さくらプロジェクトはあくまで携帯による撮影及び報告が前提なのでより良いアングルをどう確保してゆくか、今後の課題である。

【全景】
桜プロジェクト〜20100215全景
こちらがマイ桜のほぼ全景。
嘗ての「薇春の桜」における(気象条件が極めて良好であれば)富士山を背景に望めるというロケーションには叶わないが、脇の鳥居が趣を見せてくれるので仲々雰囲気のある画をお届け出来るのではないかと思う。但し晴れた日中は逆光になりがちな為、補正に手を焼きそうだ。

桜プロジェクト〜20100215遠景
もう一枚、やや遠景の写真も掲載しておく。社の拝殿を画の内に収められるかと期待したが、周囲の緑が思いの外豊かな為覆い隠されて写らないのが少々残念だ。


posted by 紫乃薇春 at 19:29 | Comment(0) | 桜プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。