2015年02月28日

【さくらプロジェクト】第1回つぼみ調査

つい先日までまだ暫くあると思っていた2月と、ふと気づけば今日が晦日。他の月よりは幾分短めであるのを月末に実感する。終りは唐突に訪れる。

さくらプロジェクト〜20150228壱

過去の例から木曜日に来るだろうと高を括っていたさくらプロジェクト・第1回つぼみ調査の案内は、一昨日中には結局来ず、拍子抜けした翌金曜日になって届いた。残念ながら昨日はマイ桜を観に行くことが出来ず、今朝の仕事帰りに須佐神社に立寄ってその様子を観た。
後刻改めてさくらプロジェクトのページを見ると、以前は木・金・土曜日がつぼみ調査の期間だと思ったのが、今年は金・土・日曜日と記されている。
ウェザーニューズの送信不具合を心配したが、そうではなく実際に変更があった様だ。木曜日は休みではなく土日に時間の取り易い暦通りの仕事に就く人達が桜を観に行き易い様にという、配慮だろうが。

【接写】
さくらプロジェクト〜20150228弐
マイ桜の登録に伴う初回の報告以降、敢えて報告はしないでいたが幾度か神社に行き、桜の様子を見守っていた。その所為か日々の変化は殆ど無い様に感じていたが、改めて先週と見比べてみると、穂先の剥け具合が進み、確かに黄色みを増している。
今日も日中幾分気温が緩んだ所為で、更に蕾の成長に拍車がかかるのだろうか。

全景写真は、初回報告時とは異なる角度から観てみたものである。
さくらプロジェクト〜20150228参
まだまだ冬枯れの装いを脱いでいないが、もうあとひと月もしない内に様変りするのだろう。
昨年までのマイ桜と比べると遥かに樹齢が若くまだ頼りないくらいに幹も細いが、それでも満開になれば見応えはあるに違いない。

朝の内は晴天が広がっていたが、その後は予報通りの下り坂。午後の出勤時には辛うじて保った空も、職場に着いて程なく壊れた。外を見やると濡れた景色が、帰り道は傘を差さずには歩けなかった。
この雨は明日、昼頃までは続く見込だ。
posted by 紫乃薇春 at 22:40 | Comment(0) | 桜プロジェクト

2015年02月20日

須佐神社にて

昨日、今年のさくらプロジェクトへのエントリを済ませた処だが、今日も朝の仕事帰りに須佐神社に寄道をした。
マイ桜を変更した今年だが、昨年までのマイ桜だったソメイヨシノにもレンズを向けておきたいと思った。徒長枝の多い老木だが、今春も無事新たな蕾をつけている。
写真は遠景のみで恐縮である:

20150220sakura001a.jpg

しかし、ソメイヨシノの寿命は案外短いらしく、数十年程度とのこと。この老ソメイヨシノはいつまで元気に花を咲かせてくれるのだろうか。
新たなマイ桜のリポートを行いながら、こちらの様子も見守りたいと思う。
posted by 紫乃薇春 at 21:58 | Comment(0) | 桜プロジェクト

2015年02月19日

さくらプロジェクト2015始動

ウェザーニューズから昨日、今年もさくらプロジェクトの動き出す旨を伝えるメールが届いた。残念ながら来たのが夕方で、二番制の午後の仕事を終えメールチェックをしたのは夜。昨日の内にマイ桜の登録をすることは出来なかったが、今日は朝の仕事を終えた帰り道、佐世保市の高梨に寄って今年の桜を登録してきた。
昨年までと同じ須佐神社の境内だが、今年は中の鳥居脇のいつもの桜ではなく、そこから奥に2、3本、本殿へと上る階段手前の参道に並ぶ若いソメイヨシノから1本を選んだ。というのも、今までの桜は老齢なこともあり主だった枝が悉く高い位置にあって、マイ蕾(定点観察対象の蕾)を決めるのにも、またそれを写すにも苦心を余儀なくされていたからだ。或る年は手の届く場所にある徒長枝(幹や太い枝から直接生える短い枝)を対象にしてみたことがあったが、それではその桜本来の蕾の成長速度とは合わず、本末転倒になってしまう惧れがあった。
マイ桜の名称は、境内に眠る平戸八景の一つにあやかり「岩谷の宮桜」と名付けていたが、今年はもっとシンプルに「須佐神社(境内)の桜」とした。拙い写真もこれなら名前負けすることはないかも知れない。

今日は生憎の変り易い空模様で、青空が広がり陽射しに恵まれる時間もあるが、少し曇り始めると途端に景色が黒ずみ雨粒が落ちてくる。須佐神社に寄った時は正に雨が降り始め、雨足の強まり始めた頃だった。
さくらプロジェクト〜20150219壱
境内が幾分ぬかるんでいるのに足を取られながら、観察に相応しい高さの枝を持つ桜を探した。挙句選んだのは、奥から3本目くらいの、駐車場案内の札の立てかけられた桜だった。全景を撮る際必ずその札が写ってしまうのが難だが、昨年までに比べたら蕾の様子は見易いだろう。

蕾の様子を報告する時、最初なので「まだ小さく硬い」という段階を選んだが、よく見ると既に膨らみ始めており、僅かに先穂が剥けかかっている様でもある。
さくらプロジェクト〜20150219弐
本殿の建つ山の位置との関係で午前中はすっぽり日陰となり、決して日当たりが良好とは云えないが、それで却って開花の時期が僅かでも遅れてくれれば良いと思っている。偶には花祭の日に満開の桜を見てみたいものである。
因みに予想される九州の今年の見頃ピークはほぼ平年並、3月下旬だそうだ。

帰宅して仮眠を摂り、午後の仕事に出掛ける時、はじめは晴れていたが出勤の道すがら、再び雨が弄り出した。
途中、軽く寄道する道筋に小さなグラウンドがあり、傍らの遊歩道の窪みがみるみる池の様になっていった。朝履いた靴は神社のぬかるみですっかり泥だらけになってしまい、乾かして汚れを落としてからでないと履き難い。午後は別の靴に替えたが、その靴も早速汚れてしまった。
グラウンドの片隅に出来た小さな池に惹かれ久し振りに水の風景を狙ってみたが、どうも芳しくない。胸の内の絵心が渇いているのかも知れない。

水の風景〜20150219

夜、漸く空が幾らか落着いたのか、所々浮かぶ雲の割れ目からは星明かりが思いの外よく見えた。だがその分、日中は緩んでいた気温が再び下がり、外套越しにも伝わる風の冷たさに慄えた。
明日は今日より多くの晴れ間を望めるだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 20:32 | Comment(0) | 桜プロジェクト

2015年02月16日

ソライロの日 2015年2月

2015年2月16日(月)16時16分のソライロ。

ソライロの日〜20150216壱

先月に続き丁度仕事休みの日に当たり、ソライロの時刻に立会うことが出来て何よりである。
昨日より気温は高い筈だが、時折雨混じりの空で陽射しがない所為か寒さを強く感じる。ふと、先月のソライロを振返ってみると、同じ様な曇り空だった。

今日明日と連休で、明日は天気が回復するらしいので、泊まりがけで島原か太宰府辺りへ梅を観に行こうかと画策中。
ひとまず外出してきたが、途中で引返すかも知れない。

ソライロの日〜20150216弐
posted by 紫乃薇春 at 20:27 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2015年02月10日

コメダ珈琲店にて

コメダにて〜20150210壱

四日振り、いや五日振りの仕事休み。朝はたっぷりと寝て過ごし、しかし午前の内に目覚めたが、休日らしいだらしなさと戯れている間に昼を過ぎてしまった。
午後の仕事に行くのとほぼ同じ時刻に外出をして、同じく今日が休みの家人と共に佐賀までドライブをした。

各地で梅の開花の噂を聞き、是非観に行きたい処だが、見頃にはまだ少々時期が早い様な気もする。
次の休みが月半ば。折よく連休となるので、天気と体調が良ければ大宰府か島原辺りへ行ってみたいと思う。桜よりは花期が長いと云いながら、ここ数年どうもぴったりの見頃に出逢えていない。まだひと握りの開花であったり、或いは既に盛りを過ぎて花びらの間引かれた頃に参じるのがオチだ。
今年は如何な塩梅か。

佐賀の市街近くまで来て、市内の喫茶店に寄るかそれとも先日博多からの帰りに見つけた星乃珈琲店まで足を延ばすか、少し迷ったが結局、市内ゆめタウン近くのコメダ珈琲店でお茶をして、ついでに早めの夕食も摂ることにした。
コメダにて〜20150210弐
たっぷりのブレンドコーヒーとポテサラサンド。この、サンドウィッチやトーストの類が名古屋発祥のお店らしさなのか、二層の具を挟んで分厚く、具も盛り沢山。ひと皿で相当なボリュームである。以前一度来た時その量に圧倒されたが、美味しいのでついまた注文してしまう。
定番のデザート・シロノワールまで食べたかったが正直、お腹の余裕が殆どない。ミニサイズなら入るだろうか。

明日は建国記念日だったか。近頃めっきり暦に疎くなっている。とにかく今夜は遅くなり過ぎない内に帰らねばならないだろう。
持場の関係で祝日出勤なので、他の多くの人が休みになる。また、幾らか寂しい職場で過ごすことになりそうだ。

コメダにて〜20150210参

posted by 紫乃薇春 at 19:17 | Comment(0) | 日記

2015年02月04日

立春

昨夜は思いの外睡魔の訪れが早く、買っておいた鬼打ち豆を撒き忘れたまま寝入ってしまった。
はっとして目覚めると、既に日付の変った後。うっかりしていた、と家人に呟くと、「撒いておいたよ」と窘め顔で応えが返ってきた。ごめん、ありがとう、と礼を伝えて、すぐに再び眠りに堕ちてしまった。
結局今年はまだ、福豆を一粒も食べていない。尤も齢の数だけとなれば、数えるのもそろそろ面倒な年頃ではあるが。

立春〜20150204壱

暦の上では今日から春。だがどんよりと重く黒ずんだ雲が腹這いになり、時折雨粒の滴る冷たい夜明けを迎えた。
その後昼の時報を聞き、陽が西に傾くに従って雨の気配は幾らか遠のいたが、春らしい温もりからは程遠い一日を過ごした。

二番制の朝の仕事の帰り道、数ヶ月振りに佐世保市街外れの神社を訪ねた。こちらに来てから毎春、桜の様子を見守りに来る小さな社だ。小さいが、本殿の裏には平戸八景の一つが隠された趣深い社である。
立春〜20150204弐
恐らくはこの春もあるだろう「さくらプロジェクト」のことを想いながら境内を少し散策したが、どの桜も未だ蕾は硬く閉じている。しかしいずれも枯れることなく確かに新たな芽を宿しているのであって、やがて冬将軍が逝く頃にはまた艶やかな色を見せてくれるのだろう。

アウロラのブルーインクのポドルスが欲しいと思い、先日頼んでおいたものが今日送られてきた。
が、梱包を解き、箱から取出すと。甚だしく液漏れをしている様子。運搬の途中で漏れたものか、或いはイタリアからの空輸の際には既にこの状態だったのかは定かでない。ビンが割れている様子はなく、フィルム包装されている為、幸い指や衣類等を汚すことはなかった。
何らかの理由でフタが緩んでしまったのだろうが、取りあえず症状を発送元に伝え、交換か返品かあちらに委ねることにした。
残念だが、もう暫くカートリッジの世話になろうと思う。
立春〜20150204参
posted by 紫乃薇春 at 21:48 | Comment(0) | 日記

2015年02月01日

如月咲く日

20150201kisaragiA001a.jpg
月明け、久々に仕事休みの日曜日。
朝は早くに目覚めたが、すぐに寝直した。昼、正午の時報が目覚まし代りであったが、テレビの旅番組や料理番組など観ている内に時が過ぎ、気づけばまたも寝落ちしていた。
そのまま引籠りの休日を過ごしそうな気分でいたが、ふと、休みの日でなければ果たし難い用を思い出して重い腰を上げた。
その後佐世保の街に繰出し、新たなショッピングモールで時間を費やして、夕方からは思いの外活動的に過ごした。

家人が今日、新たな万年筆を購入したので、試し書きさせてもらう。パイロットのグランセ(GRANCE)。軸の色はアメシスト。良い色である。
20150201kisaragiB003a.jpg
インクは純正の黒。驚く程インクフローが良く、まるでペリカンの様で実に書き易い。

アウロラの場合はむしろ、殊に初めの内は控え目過ぎるインクフローが万年筆マニアには有名な特徴であるらしい。
代表作オプティマなどは使い込む程豊かにインクが乗るらしく、イプシロンはどうだかわからないが、とにかく日々綴ってゆきたいと思う。
しかし字の拙さは相変らずで、文章を書くよりまずは平仮名・片仮名から習字でもした方が良いのかとも思う。

月が替って今月は、職場用にとカレンダーを自作してみた。
年賀状のデザインを流用してみたが、あながち悪い出来ではないと自画自賛。困ったものだ。

20150201kisaragiC004a.jpg

posted by 紫乃薇春 at 23:19 | Comment(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。