2014年02月28日

観梅

二月末日。概ね晴れだが、そこはかとなく靄がかかって見えるのは飛来した物質の所為か。以前は限られた時期にしかニュースにされるもなかったが、ここ数年は年中無休でこの靄の話をしている様な気がする。
花粉の飛散もそろそろ本格化する頃で、幸いまだ辛い症状に苛まれたことはないが体を蝕まれていることには違いない。春という言葉が億劫にすり替るのも、時間の問題か。

桜はまだまだ蕾だが、梅は各地で咲き乱れているらしい。いや既に、早い場所では散り始めている様である。
観梅〜20140228
桜の様に必ずしも毎年ではないが、梅の花の咲く風情も私は好きで季節になるとしばしば名所を求めて彷徨い歩く。鎌倉にいた頃は荏柄天神の梅をよく観にいったものだ。尤も境内全ての梅が見頃の時期に出会うことは仲々なく、何処か寂しい気分で帰ることが殆どだった。意外に実家の紅白梅が見事に咲くもので、玄関先でそれを眺めて溜飲を下げることも度々あった。
九州に移り住んでからは何より、太宰府天満宮の梅が見事なものである。殊に飛梅と呼ばれる白梅は道真公の逸話と相俟って迫力のある大木だが、実は他の梅と開花の時期が合わず、境内が満開になる頃には飛梅はほぼ散り終えてしまっているのが実情である。それに県北と云えど長崎から太宰府までは遠く、ちょっと近所でも、というつもりで訪ねる訳には行かない。
これまでで最も見応えがあったのは、滋賀県南部・石山寺の梅園。もうかれこれ二十年近く昔のことだが、三月も下旬になって訪ねた時は様々な色合いの紅白の梅が咲き揃い、桜でないのに春爛漫。桃でもないのに桃源郷という響きがこだました。しかし観たのは一度きり、鎌倉からも九州からも尚遠い幻の様な思い出である。
此方に来て最も身近な梅の見所と云えば、武雄の御船が丘梅林だろうか。園でなく梅林というだけあって、梅の数は群を抜いている。そして紅梅も白梅もそれぞれあるのだが、実の処いささか艶の乏しさがある。確かに満開を迎えた時など一帯が香に満ちて、梅の仄かな色気が漂うが、桜などと比べるとどうしても痩せて見える。石山寺などで堪能したふくよかさが感じられない。それでもとにかく梅が観たいという時には、自宅から一時走れば辿り着く易しさは重宝する。
しかし今年は県内の名所が観たいと我儘を云った。島原城の梅園である。長崎とひと口に云っても南北に広く、県北から島原まではひと旅行するくらいの距離があるのだが、家人に促し南下した。

島原城は島原の町のほぼ中心。半島ではまだ中ほどだが、県内で見れば随分南に当たる。
余りよく知らずにいたが、ここの梅は県内で最も早く咲くことで有名なのだそうである。正直出足の遅い今年、予めそれを知っていればわざわざ行くこともなかったろうが、数日前のリポートで「まだ幾日か保ちそう」という報告を頼りに駆けつけた。
観梅〜20140228
残念ながらというか、案の定というべきか、二月末日の島原の梅は既に散り始め。遠目にはまだ満開を迎えていないのかという風情だが、近くに寄ってよく見ると既に散り落ち萼だけが残る枝が何本もあった。
しかしそれでもまだ紅白とも残る花は残り、県内では数少ない艶やかな梅の色を宿していた。堀端で入館料を払い小一時間、往復の途に比べたら短めの滞在だが、敢えて天守閣には上らず、梅を眺めることだけに専心した。
島原では既に次の催し、雛祭に合わせた企画を推進している様で、平日ということもあり梅園を訪れる客はまばらだったのが寂しい。その分のんびり観ることが出来たとも云えようが、梅の木と観梅の客とどちらが多いかわからないくらいの賑わいを見れば、こっそりと梅の精、或いは仙人がその人並に紛れて微笑む姿を垣間見られたかも知れない。
観梅〜20140228

posted by 紫乃薇春 at 23:10 | Comment(0) | 日記

2014年02月27日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜【蕾/先が黄色に】

先週のマイ桜登録以来、二度目の桜報告である。


【接写1】
さくらプロジェクト〜20140227
前回も写した徒長枝の蕾。未だ小さく硬いままだが、登録時よりも心なしか膨らんでいる様な気もする。というより枝全体が伸びた気がするのだが、錯覚だろうか。
毎年実施されるつぼみ調査の対象としては不向きと思いつつ、日々観察するには最も手の届き易い高さにある手頃な蕾なので、今後も見続けてゆくだろうと思う。

【接写2】
さくらプロジェクト〜20140227
来るつぼみ調査を考慮し徒長枝ではない普通の枝の蕾を物色しているが、仲々撮り易い枝が見つからない。取りあえず、昨年も選んだ鳥居に掛かる枝を今日は取上げてみた。
画像が良好でないのが難だが、一部先が既に黄色くなっている。今週に入って気温が上昇したこととやはり関わりがあるのだろうか。昨年よりは遅めとされる西日本の桜も、思いの外足早に咲く可能性がある。

【全景】
さくらプロジェクト〜20140227
此方はまだ変り映えしないが、今日も樹の全景を載せておく。


気の所為かいつもより後手の感のあるさくらプロジェクトだが、例年に倣えば恐らく今年もそろそろ初回のつぼみ調査を促す通知が届く頃である。
未だ調査対象とするべき枝を決めあぐねている状況であるが、お知らせが来るまでには見定めておかねばなるまい。
posted by 紫乃薇春 at 21:31 | Comment(0) | 桜プロジェクト

2014年02月26日

夕景〜2/26

夕景〜20140226

早春の雨 降り止まず
楽園の灯りも濡れ揺らぎながら
いつになく 疲れて見え
posted by 紫乃薇春 at 23:19 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2014年02月25日

水の風景

水の風景〜20140224-0225

住み慣れた街にも見知らぬ顔がある。
posted by 紫乃薇春 at 22:17 | Comment(0) | 写真館

2014年02月24日

朝に

朝〜20140224

珍しく、靄消え切らぬ中を出かけた朝。
早朝の公園は有翼の主達の楽園らしい。
posted by 紫乃薇春 at 20:51 | Comment(0) | 日記

2014年02月23日

夕景〜2/23

夕景〜20140223

あたかも地球が燃えているかの如く。
posted by 紫乃薇春 at 23:34 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2014年02月22日

夜景〜2/12

昨日さくらプロジェクトへの登録を済ませ、今日は夕方から外出して佐世保市街へ。その後、三川内まで足を伸ばして腹を満たした。

夜景〜20140222

この傍らにもソメイヨシノ。
此方も蕾はまだまだだが、いずれ季節の訪れと共に美しい花を咲かせるだろう。
posted by 紫乃薇春 at 23:46 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2014年02月21日

さくらプロジェクト2014始動

昨年節目の10年目を迎えたウェザーニューズのさくらプロジェクト。仲々告知が来ないのでどうするのかと思っていたが、昨年より2日遅れで無事に今年も開催のお知らせが届いた。届いたのは昨日だが既に日暮れ時だった為、今日の夕方暇をみて佐世保の須佐神社を訪ねマイ桜の登録を済ませた。
マイ桜(同プロジェクトへの参加者が見守ると定めたそれぞれの桜の樹をそう呼ぶ)は此方に移り住んで以来毎年見続けている中の鳥居脇のソメイヨシノ。境内でも一際印象的な桜である。桜としてはやや丈が伸びあぐね、枝が横に広がり気味で樹影は必ずしも良いとは云えないものかも知れないが、この神社に来る度つい引寄せられてしまう。

【全景】
さくらプロジェクト始動〜20140221
「岩屋の宮桜」というマイ桜のネーミングはいささか大仰な感じが私自身しなくもないのだが、須佐神社の御神体を祀る天然の洞穴(海食洞)であり平戸八景(北松八景)の一つとされる「岩屋宮」に因んでつけたものである。
本来同プロジェクトの為の写真は桜のみをクローズアップして撮るべきなのだが、この社ならではの奇勝(但し拝殿が洞穴を塞ぐ様に建てられた為、現在は中を覗くことは出来ない)にあやかる想いを込めて、少なくとも最初のこの1枚は横の鳥居を含めて写すことにした。

【接写】
さくらプロジェクト始動〜20140221
まだ2月下旬、蕾は硬く小さいままである。
だが週間予報によれば来週半ば頃には寒波が北上し、気温が上昇してゆくとのこと。温度に敏感な桜なれば、急激に変化を見せる可能性がある(但し気象予報士の予想によれば、今年の桜は北日本ではやや早めだが、東及び西日本では少なくとも昨年よりは開花が遅いだろうとのこと。それでも平年よりは幾分早いらしいのだが)。
因みに今日写したものは幹から直に生えた所謂「徒長枝」と呼ばれる枝(蕾)であり、さくらプロジェクトの観測対象としては適さない(桜は老化したり何らかの理由で樹勢が衰えたりすると、子孫を残す為緊急にこの様な枝を生やすものらしい。その為、その桜本来とは開花のペースが異なるとのこと)。プロジェクト向きの普通の枝はいずれも高い処にあり、定点観測がし難いのが厄介である。…尤も昨年かその前年くらいから、嘗ては携帯端末で撮りその場で投稿する決まりだった処をデジカメ等での写真も投稿して良いことになった筈なので、今年もカメラを持ち出し高所の蕾を捉えてみようかと思案中。

今夕神社で桜相手にレンズを向け格闘していた処、通りすがりの御婦人に声を掛けられ、桜を撮る理由を訊かれた。何でも毎年この時期に訪れてやたらと神社の桜を写す姿を見ていたそうで、疑問を抱いていたらしい。我ながら(疚しいことはない筈なのだが)怪しまれはしまいかと毎度思っていただけに、やはりと云うか遂にと云うか、来るべきものが来たかと自嘲してしまった。
かくかくしかじか…と事細かに説明を試みたが、果たしてどれだけ納得して頂けただろうか。甚だ不安な処である。
posted by 紫乃薇春 at 21:50 | Comment(0) | 桜プロジェクト

2014年02月20日

如月の空

晴れ間も見えながら、眩暈浮かぶ様な二月の昼下がりを過ごした。

空〜20140220

ウェザーニューズよりさくらプロジェクトの案内が届いたが、既に夕暮れ時。
全ては明日以降。
posted by 紫乃薇春 at 22:41 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2014年02月19日

夜景〜2/19

夜景〜20140219

彼方の華に魅せられながら、
壁に虐げられながら。
posted by 紫乃薇春 at 21:51 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2014年02月18日

夜景〜2/18

夜景〜20140218

強風と氷雨に苛まれた終日。
posted by 紫乃薇春 at 22:44 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2014年02月17日

前日とは打って変って、予報通りの雨模様。

雨〜20140217

爆弾低気圧の兆し有りとの情報が。
posted by 紫乃薇春 at 22:31 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2014年02月16日

ソライロの日 2014年2月

2014年2月16日(日)16時16分のソライロ。

ソライロの日〜20140216

先月は事情あってソライロの時刻にリポート出来ず少し遅れ馳せの空の様子でお茶を濁したが、今月は休日午後の散歩の折に須佐の社で空を仰げた。
2月中旬ながらうららかで、幾らか白雲がかかるものの気持の良い青空である。日陰に入ればそこそこ寒さはあるのだが、風が穏やかなので思いの外冷えは感じない。しかし昨日までは天候不順の日が続き、気温の浮き沈みも甚だしくあった。明日はまた、早ければ午前中にも雨になるらしい。

神社を訪ねたついでに今日も桜の様子を眺めた。硬い蕾のままだが、今年もさくらプロジェクトが無事あればそろそろ、ウェザーニューズからお知らせが来る頃だろうと思う。
ソライロの日〜20140216
桜はまだまだだが梅、殊に白梅はあちこちで咲き始めている様で、早いものは既にほぼ満開を迎えている。尤も近所では何故か仲々梅を見かけず、香りも希薄で少々寂しい気分である。太宰府天満宮や鎌倉の荏柄天神、また実家の庭の紅白梅は今頃どんな具合だろうと想いを馳せる。
ソライロの日〜20140216

ロシアのソチで開催中の冬季オリンピック。特に身を入れて応援している訳ではないが、夜更かしが多い所為か偶々テレビを点けると何らかの競技の模様を放映していることが多く、少しでも興味のある種目だとついつい見入って明け方まで過ごしてしまったりする。
今の処一番興奮したのはやはり、現在唯一の金メダルを獲得した羽生結弦の男子フィギュアスケート。だが、日本時間の今朝未明行われた男子スキー・ジャンプのラージヒルもそれに劣らず見ていてワクワクした。何と云っても五輪出場7度目、41歳のベテラン葛西紀明の跳躍に期待がかかる。悲運のエースなどと呼ばれ、実力がありながらこれまで個人種目でのメダルがなかった。だが果たして、今回こそはとの意気込みで臨んだ1本目は50人中48番目に飛び、ヒルサイズに迫る139.0mの大ジャンプ。ジャンプというのは飛距離だけでなく滑空中の飛型、またテレマークと呼ばれる着地姿勢等も点の対象となる為、最後のジャンパー・ポーランドのカミル=ストーフが同じ飛距離ながら143.4ポイントを挙げ、140.6の葛西に2.8ポイントのリード。そして2本目。葛西は133.5mを飛び、136.8ポイントを獲得。一方のストーフは132.5mで135.3ポイント。2本目だけなら葛西が上回ったが、合計は277.4。278.7ポイントを挙げたストーフに1.3の僅差で敗れ、金ならず。しかし遂に個人として初のメダルを手にした。メダルの色が銀であることに悔しさを語る葛西選手であったが、漸くという嬉しさは隠し切れない様に見えた。
もう一つ、今回結構嵌りながら見ているのは女子のカーリング。今まではどんな競技かもよくわからず余り注目していなかったのだが、今回は遭遇率が高く、何となく見ているだけで朧気ながらルールが理解出来た。わかり始めるとこれが思った以上に面白く、自分でもどうストーンを配してゆくかを想像しながら試合を見てしまう。日本のチームは決して強豪という訳ではないが、今日はスイスを相手に粘り強い試合運びで延長11エンドを制した。正直準決勝の4強に残るのは厳しい成績だが、今後の試合も悔いなく心に残る闘いを見せて欲しい。

ウェザーニューズから今日号外が届き、長崎は花粉シーズンを迎えたとのこと。県内の各計測器でいずれも高い値を示したらしい。
個人的にはこれまでまだ取立てて花粉症らしきものに見舞われたことがないが、単に鼻水・鼻汁が出るというだけでなく発熱や、集中力を著しく欠く等の非常に辛い症状に襲われることもあると聞くので警戒している。同症を患われた方はくれぐれもお大事に。
posted by 紫乃薇春 at 23:01 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2014年02月15日

夜景〜2/15

天候に揺らぐ列島各地のニュースが今日も夥しく舞込んでくる。不安に駆られながらも此方は未だ奇妙なほど静かな空の下、いや時折叩きつける様な突風が吹きつける週末。

夜景〜20140215

冬季オリンピック・ソチ大会の男子フィギュアスケートは日本時間の今朝未明フリー演技が行われた。
前日のショートプログラムで歴代最高得点を叩き出し首位に立った羽生結弦は、フリーでも今回の最高得点となる178.64をマークし優勝。日本に初の金メダルをもたらした。完璧な演技で他を圧倒したショートとは違い、フリーでは最初の4回転サルコウで転倒するなど幾つかのミスがあったが、それでも質の高い内容。前日2位につけたパトリック=チャンがやはり3度程目立つミスを冒したこともあり、フリーでも上回って結果完全優勝を成し遂げた。完璧な演技でなかったのは残念だが、その辺り悔しさを滲ませるコメントからもわかる様に、本人が一番感じていることだろう。一視聴者の端くれとしては素直な「有難う」という言葉と共に祝福の気持を送りたい。
銀メダルはフリーでも次点となる178.10を出したカナダのパトリック=チャン、銅メダルにはショートで出遅れた前年世界選手権2位のデニス=テンが意地を見せ、171.04の高得点で手中に収めた。ショート4位の高橋大輔は内容の濃い演技を見せたものの得点が伸びず6位に後退、一方ショート11位と出遅れた町田樹はフリーで奮起し5位に食込んだ。
悲喜こもごもではあるが、日本代表の3選手が全て入賞を果たしたことは讃えるに値する健闘だと思う。日本以外の選手達も見応えのある演技を見せてくれた人が多く、表彰台に上がったチャンやテンは勿論、ショートで激しく転倒し心配されながらその後をしっかり滑り切ったアメリカのジェレミー=アボットや、フィリピンから唯一の参加であるマイケル=クリスチャン=マルティネス等、殊に印象深い演技を見せた。

女子カーリングは本日、5連勝中のカナダと対戦。前半5エンドを5-4の勝ち越しで折返すなど健闘したが、後半安定したカナダの前に6-8と力尽き、4敗目。残り試合もスウェーデン、中国など格上の強豪ばかりで厳しいが、1試合でも心に残る試合をしてくれれば嬉しい処である。
posted by 紫乃薇春 at 22:58 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2014年02月14日

ソチ観戦

黒海の畔、ロシアのソチにて今月6日より開催中の冬季オリンピックも9日目を迎え、折返しに差掛かった。
ここまでの日本は銀メダル2つ、銅メダル1つの計3個。内訳は男子スノーボードのハーフパイプで平野歩夢が銀、平岡卓が銅を同時受賞し、初のメダル獲得となった。続いて男子スキーのノルディック複合で渡部暁斗が銀メダルを獲得。
一方で金メダルが期待された女子スキー・ジャンプの高梨沙羅はノーマルヒルを飛んだが4位に終り、残念ながらメダルならず。一説によれば高梨の飛ぶ2本共に偶々不利となる強烈な追い風に見舞われたという話もあるが、五輪という一種異様な舞台で緊張し、らしからぬフライトをしてしまった部分がやはりあるのだろう。女子にはラージヒルがなく、誠に残念ではあるが、持てる能力の非常に高い選手なので4年後に期待したい。
惜しかったのは女子モーグルの上村愛子。こちらも4位という結果だったが、少なくとも素人目には3位の選手より充実した内容に見えた。金メダルは贔屓し過ぎとしても、実質の2位、もしくは3位ではなかったかと思う。今回で5度目の五輪出場、回を追う毎に順位を上げてゆく粘りは素晴らしかったが恐らくこれが最後の勇姿。残念に思いつつ、労いの言葉を贈りたい。

女子カーリングは若い力の小野寺佳歩が開幕前にインフルエンザを患い、その影響あってか初戦の韓国戦を落とした。しかしその後デンマーク及び開催国ロシアに連勝し波に乗るかと思われたが、小野寺復帰後のアメリカ及びイギリス戦と連敗して現在2勝4敗。正直今後が非常に厳しくなった。
韓国以外は全て格上のランクらしく実力差が出たのかも知れないが、残る試合を賢明に闘って欲しい処である。

さて、現在最大の注目は男子フィギュアスケート。日本時間の今朝未明行われたショートプログラムでは羽生結弦が何と史上最高であり初の大台を超える101.45という高得点で1位を奪取。高橋大輔は4回転の不足等あり86.40で4位、町田樹が83.48の11位。だがいずれも今夜のフリー次第ではメダル獲得のチャンスがある位置であり、健闘を祈りたい。
不気味なのはやはり97.52という高得点で2位につけるカナダのパトリック=チャン。フリーの滑走順21番手の羽生より1つ後ろの22番手である為、チャンは羽生の演技を見た後で自分の滑りが出来る訳で、正直チャンに有利に働くだろう。羽生がスタミナ切れ等起こさず完膚なきまでに他を圧倒する演技が出来れば良いのだが…。
男子フィギュアではひとつ、とても残念な出来事があった。長らくロシアのフィギュア界を牽引してきた“皇帝”ことエフゲニー=プルシェンコがショートの事前練習中に不調を訴え棄権。そしてそのまま、現役引退を表明。前回バンクーバーでの不透明な採点で浅田真央同様に泣かされながら毅然とする姿が美しく、印象に残る良い選手だった。正直、この御当地五輪では団体に続く個人の金で花道を飾らせてあげたい主観すら持っていた。惜しまれる引退だが、これまでの活躍に敬意を表すと共に、どんな形でも良いからいつか再び銀盤に戻ってきてくれることを願う。
posted by 紫乃薇春 at 23:09 | Comment(0) | その他

2014年02月13日

夜景〜2/13

夜景〜20140213

またもや各地で大雪が降っているらしい。
恵まれながらも疎外感を覚える今日この頃である。
posted by 紫乃薇春 at 22:41 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2014年02月12日

午前中に

今日は外回りの関係で午前中屋外にいて、その後昼過ぎまで暫く空いた為辺りを散歩してみた。

午前中に〜20140212

JR日宇駅近くの路地を歩いた。よく晴れた半日だったが、夕方には一時雨粒が落ちた。
どうも気まぐれな空模様である。
posted by 紫乃薇春 at 22:35 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2014年02月11日

と云っても所謂鍋料理ではないが。

晩餐〜20140211

大根と厚揚げ、馬鈴薯を煮込んだ上に蒸した水菜と白菜。
この処少し控え目だった葉野菜をふんだんに採れるのが嬉しい。
posted by 紫乃薇春 at 22:49 | Comment(0) | グルメ(仮)

2014年02月10日

夕景〜2/10

夕景〜20140210

墨絵の底に、朱を滴らせ。
posted by 紫乃薇春 at 22:29 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2014年02月09日

春節祭にて

2014年2月5日(水)
長崎ランタンフェスティバル2014より

春節祭〜20140205-0209中華街

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 23:30 | Comment(0) | 写真館

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。