2013年12月31日

大晦日

この一年も著名人の訃報が相次いだが、年の瀬も大晦日になってまた一人、ニュースが飛込んできた。
大瀧詠一氏が昨日(2013年12月30日)、死去したとのこと。享年65。この年末、ドラマーの青山純氏、またムーンライダースのかしぶち哲郎氏と我が国の音楽環境において重要な人達が続けて亡くなっているが、まさか大瀧氏まで逝かれるとは。好みを超えてその実績を高く支持してきた人物だけに、大きな衝撃を受けている。御冥福を祈る。
海外ではモータースポーツのF1において歴代最高の実績を持つミハエル=シューマッハ氏がスキー中な事故で頭部を強打し意識不明、現在も予断を許さぬ状態とのこと。殊にファンではなかったが、愛するフェラーリの復興になくてはならない働きをした人物である。此方の回復を祈る次第である。

さて今日は大晦日だというのに、陽向は汗ばむくらいの陽気。昨日同様不安定な空模様だそうだが、こう暖かいと年末の実感が仲々湧かない。
世間では既に年末年始の休暇に入った方も多いだろうが、私自身は今日もあと数時間仕事である。さすがにやることは殆どなく暇を持て余している処だが、何があるかわからないので油断はせずにおこう。

という訳で何はともあれ、良いお年を。

大晦日〜20131231

posted by 紫乃薇春 at 14:55 | Comment(0) | 日記

2013年12月30日

夕景〜12/30

夕景〜20131230

晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、
また晴れたり、曇ったり、忙しい空模様。
ただ意外な程、今日は暖かい。

これで年内あと二日、実感が湧かない。
posted by 紫乃薇春 at 21:36 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年12月29日

三浦町にて

教会〜20131229

年内最後の休みの夜に
降臨の街を闊歩する。
posted by 紫乃薇春 at 22:59 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年12月28日

夜景〜12/28

夜景〜20131228

日中思いの外晴れ間があり時折風花舞う程度だった空模様。夜になり霙になった。
この分なら積もることなく済みそうではあるが、気温次第で明朝は路面凍結の惧れがあるだろう。歳末はそこかしこでサイレンが鳴り、慌ただしくも慎重に過ごさねばならない。
posted by 紫乃薇春 at 22:55 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年12月27日

夕景〜12/27

夕景〜20131227

予報に反して雪はまだ降らぬ街中。
しかし明日明後日、場合によっては積もるとの予想も。
posted by 紫乃薇春 at 21:58 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年12月26日

夕景〜12/26

夕景〜20131226

微かな雨降る午後の街角。氷の様な色の空だが、思いの外寒さは控え目である。
がしかし、明日から数日降雪の予報が出ているらしい。果たして今年こそ、積もるのだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 23:29 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年12月25日

Merry Christmas

クリスマス当日の今日。世間は平日、個人的には通常業務で殊に話題もないのだが、稚拙な画像でもカード代りに貼っておこうと思う。

MerryChristmas〜20131225
Merry Christmaws.
posted by 紫乃薇春 at 23:26 | Comment(0) | 日記

2013年12月24日

Christmas Eve

世間はクリスマス・イブ。師走という言葉の意味とは別口で、ソワソワし、浮き足立つ人で街の賑わう日である。
例年何とか休みを得て、私もその喧騒に加わる役を買っていたものだが、今年は仕事。夜になれば空きもあるが、日中は華やかさに背を向けながら過ごしている。
昨日までの暦上の三連休、土日と仕事に追われたが、昨日は休みになった。いつもと同じに目覚めてもつい布団の中やらベランダやらでダラダラと時間を費やす休日だが、重い腰を上げて夕方から出掛け、ささやかなクリスマス気分を味わう為ハウステンボスで過ごした。

正式なクリスマス、或いはイブには足早の昨日だが、街は混雑しているものと思っていた。確かに、自宅から国道に出て佐世保の市中心部を抜けるまでの間、付近は人通りが多かったし、車も入れ替り立ち替り出入りして慌ただしくあった。しかし、市街地を出ると思いの外順調な車道の流れ。イブ前日でもハウステンボスへ向かう車での渋滞を覚悟していたが、いささか拍子抜けした程だった。
XmasEve〜20131224
ハウステンボスに着くと、駐車場はそれなりに混んではいるものの入国ゲートから遠い方はまだたっぷり空きがあり、停める場所に苦労をせずに済んだ。しかし園内はカップルや家族連れで充分賑わっていて、それが却ってクリスマスの雰囲気をより高めている様に見えた。

入国してまずは腹拵え。身仕度の前に結構しっかり食べて出たのだが、それでも出先では健全に腹の空くこの頃である。
クリスマスといってもチキンなど口にしない食生活を送っているが、少しは雰囲気のあるものを食べようとアトラクションタウンに幾つかある飲食施設の一つで舌鼓を打った。味は良いが、量の割に値段が高めなのがハウステンボスらしい処だ。
XmasEve〜20131224
食事の後はアレキサンダー広場、アートガーデンを中心に散策し、「光の王国」と題されたイルミネーションの数々を堪能した。尤も今年の電飾は既に幾度も足を運び観ているので、全くの目新しさがある訳ではない。それでもクリスマスが近づくにつれ照明が追加されて、訪れる度に少しずつ華やかさを増している。
XmasEve〜20131224
入国した途端従業員が皆、いや人だけでなく様々な動物達のオブジェ等こぞって紅白の帽子を被り、サンタクロースの扮装をしている。別に笑うべき処ではないのだろうが、何処か可笑しい。アートガーデンを徘徊する内遠くから如何にも恰幅の良い全身サンタが姿を表した時は、思わず吹出してしまった。

クリスマス・イブの今日は夜まで仕事。おまけに普段より一際忙しく、珍しく時間外になるまで業務を行い、よく云われる駄洒落「メリー苦シミマス」を体現してしまった。
それでもどうにか無事終えて帰宅すると、家人がイブを彩る惣菜を用意しながら待っていてくれた。デザートはシュトーレン(シュトレン)。クリスマスに縁のあるドイツ発祥の焼き菓子だそうだ。これは個人で飲食店を営む家人の友人が作ってくれたもので、幾種かのドライフルーツやナッツを硬めのパン生地に混ぜ込み粉糖でくるみ焼き上げてある。粉糖とフルーツ或いはナッツがよく合って、甘党の私には嬉しいお菓子であった。
XmasEve〜20131224
但し、本来は降臨節に入りクリスマスを迎えるまでの間に少しずつスライスして食べ、フルーツ等の風味が生地に染みてゆき味の変化を楽しむものらしく(Wikipediaによれば同様の食し方をすることによって「今日よりも明日、明日よりも明後日と、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とある)、クリスマスには綺麗なデコレーション・ケーキが用意されるものだろう。そうとは知らずイブ当日まで大事に取っておいたが、日持ちし味の増してゆくその特性のおかげで頗る美味しく頂くことが出来た。

以降年内はほぼ休みなし。いや29日にもう一度休日があり、恐らくその日に年始の為の買物等して回ることになるだろう。
この冬もそろそろ、かつお菜の美味しい時期が来た様だ。
posted by 紫乃薇春 at 23:33 | Comment(0) | 日記

2013年12月23日

ハウステンボスにて

HTB〜20131223

偶の休日ハウステンボスにてささやかに
少し足早のクリスマス気分を過ごした。
posted by 紫乃薇春 at 22:41 | Comment(0) | 日記

2013年12月22日

冬至

12月も気がつけば半分過ぎ、下旬に入っていた。
月初めは緩やかに、しかし半ば頃になると街も自身も忙しなく、「これが師走というものだな」とその響きを噛締めていた。尤も、現在は忙しいといっても所謂サービス残業などある職場ではないので、いささか律儀過ぎる勤務の時間外はまだのんびり家で寛いだり、ブラブラ近所を散歩したりも出来る。

午過ぎに、時間があるので自宅近くの神社を訪ねた。午前中は鳥肌が立つ程寒く、その所為でか晴れてはいるが正午を迎えても誰も出ていない。
冬至〜20131222
しかし場所を変え、少し離れたスポーツセンターの広場に行くと、思いの外多くの人がたむろして、憩いの時を過ごしていた。或いは施設で何か、休日なりの催しがあったのかも知れない。そういえば世間は三連休の真只中である。
神社の境内で、いつもの様に幾つかの桜の様子を観てみた。既に小さな蕾が芽生えているが、頑なに縮こまっている。どうやら春はまだ遠い。
冬至〜20131222
此方に来て毎年この神社の桜をウェザーニューズ「さくらプロジェクト」の対象としている。来春もまた見守りたいと思っているが、果たしていつまでそう出来るのか。来年は引越したいとの話も内輪で出始めている。当分は留まるかも知れず、年が明けてみなければ何とも云えない。

夜、仕事を終えて帰宅して、南瓜の煮付けを頂いた。とてもよく熟れた南瓜で、ホロリと甘い味覚が堪らない。口の中が渇いたり上顎がむず痒くなったり、野菜の内ではどちらかと云えば苦手な部類だが、今夜の南瓜は旨かった。いつもこうならもっと好きになれるのだが。
これから今日は滞った年賀状の作成を進めたい処。連休最終日の明日は休み。少し早いがクリスマス気分を味わいにハウステンボスへ行こうかと思う。
恐らく日付を跨いでしまいそうだが、作業が済んだら今夜はゆっくり柚子湯に浸かるとしよう。

冬至〜20131222
posted by 紫乃薇春 at 23:03 | Comment(0) | 日記

2013年12月21日

シンメトリーの日

1と2と2と1
裏返しても同じ賽の目
何処まで行っても1/2で
何時まで経っても2人の1人
3だの4だのが出る幕はなく
0の入り込む隙もない
混ざり合えない2進法
番の外れた者同士
淋しいままに向かうだけ
1と2と2と1
歩幅のずれた行進曲
針飛びだらけのレコード盤
磯の鮑がお似合いの
鏡の中の役立たず
posted by 紫乃薇春 at 23:09 | Comment(0) | ことばたち

2013年12月20日

無題

今日も奔放な空の下で。

20131220画像

20131220画像

20131220画像
posted by 紫乃薇春 at 23:09 | Comment(0) | 写真館

2013年12月19日

夕景〜12/19

「晴れ間はあるが・・・」な空模様。

夕景〜20131219

案の定、日暮れと共に雨だれが訪れた。
尤も、更に北へ行けば雪ーよりは良いのだろう。
posted by 紫乃薇春 at 22:06 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年12月18日

水の風景

水の風景〜20131218

師走の霹靂を垣間見る。
posted by 紫乃薇春 at 21:35 | Comment(0) | 写真館

2013年12月17日

夜景〜12/17

夜景〜20131217

雨に慄える歳末の街。
posted by 紫乃薇春 at 19:57 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年12月16日

ソライロの日 2013年12月

2013年12月16日(月)16時16分のソライロ。

ソライロ〜20131216

本年最後のソライロの日。
茫洋とした白い空。凍てついた師走の大気。しかし風がさほどない分外に居ても凌ぎ易い。
時折陽の眼を認めるも、雲の切れ間なく影の差すこともない終日を過ごした。

ソライロ〜20131216

明日は、雨になる模様。
posted by 紫乃薇春 at 21:51 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2013年12月15日

夜景〜12/15

夜景〜20131215

朔日はふたご座流星群のピークだった。が、極大は日中14時前後とのこと。
毎年相性の良い流星群として親しんでいるが、今年は月明かりにも遮られまともに観ることなく期間が過ぎてしまいそうだ。
posted by 紫乃薇春 at 22:57 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年12月14日

夕景〜12/14

夕景〜20131214

木枯らしの週末
星まで降ってくるそうだ。
posted by 紫乃薇春 at 22:57 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年12月13日

神社にて

今日の午後、空いた時間に再び神社を訪れた。
神社にて〜20131213

数日前までは幾らか残っていた桜の葉も
全て散り落ちてしまった様だ。
神社にて〜20131213

けれども、それぞれの枝先には新たな芽が
開花の季節を待ちわびながら息づいている。
神社にて〜20131213
posted by 紫乃薇春 at 22:58 | Comment(0) | 日記

2013年12月12日

Under the sky, 1212

荒れ模様が囁かれながら、どうにか保った今日の空。

空〜20131212

Googleの表紙を見て気づいた。小津安二郎の今日は110歳の誕生日であると同時に、没後50年に当たる。
笠智衆と原節子に誘われて、『東京物語』を引張り出すか。
posted by 紫乃薇春 at 22:01 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。