2013年05月31日

五月末日

空〜20130531

晦日の梅雨空。
posted by 紫乃薇春 at 22:49 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2013年05月30日

夕景〜5/30

夕景〜20130530

中休みと思えど油断ならぬ雨の季節。
posted by 紫乃薇春 at 23:14 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年05月29日

夜景〜5/29

夜景〜20130529

前線は更に東に移ったらしい。
関東甲信越が梅雨入りする一方で、こちらはしばし中休み。
posted by 紫乃薇春 at 23:41 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年05月28日

水の風景

水の風景〜20130528

昨日の九州、四国、中国地方に続き
本日近畿及び東海地方も梅雨入りしたとのこと。
posted by 紫乃薇春 at 23:28 | Comment(0) | 写真館

2013年05月27日

入梅

入梅〜20130527

気象庁は本日、九州四国及び中国地方の梅雨入りを発表した。平年に比べて九州南部で4日、四国及びこちら九州北部で9日、中国地方では11日も早いらしい。実際まだ5月下旬で、前例がない訳ではないがあと暫くはあるだろう、とのんびり過ごしていた処に突然の宣言だった。
確かにこの数日、晴れていても何処か空気は湿っぼく感じられた。ただ走り梅雨という言葉もあり、前線の居場所まで一々見てはいなかったのだが、例年より早く偏西風が北寄りに吹いたということらしい。尤も降るには降ったが断続的な霧雨程度で、未だ梅雨入りの実感は乏しい。ともあれ、今年は桜も早かったが、梅雨もまた足早な様だ。
ついこの間までまだ若いと思っていた紫陽花が、気がつけば随分濃くなっていた。けれども見渡した処まだ色づき半分くらい。これから雨水をたっぷり吸ってより色を深めるのだろう。しかし褪せるのもまた早いかも知れない。

入梅〜20130527

夜、佐世保の山里・柚木を訪ねた。九州各地で少し前からホタルの出現報告が届いていた。生息数の割に地味なスポットの柚木はネット等を見ても余り多くの情報が載らないが、昨年一昨年と訪れて触れた妖しの灯は見事で、今年もまた美しい明滅を見せてくれる筈である。
最盛期は恐らく6月の初旬で、まだ尚早かも知れない。だが気の早い私の様なギャラリーが少なからずいる様に、ホタルの中にも早々と羽化し飛び回っているものが結構いるものだ。
柚木の里美地区に着いたのは21時過ぎ。ホタルの活動が鈍くなり始める時間に差掛かっていたが、路肩の駐車スペースに車を停め眼下を流れる相浦川の河川敷を暫く眺める内、やがて微かな光の点滅が一つ二つ見え始めた。
ホタルの出易い夜の条件として、蒸し暑いこと、曇っていること、風がない(弱い)こと、月明かりがないことが挙げられる。今宵は時折霧雨の降る曇りで、当然月は出ていない。但し柚木の里は(湿度高くはあったが)思いの外肌寒く、さほど強くはないが風の吹き亘る晩だった。もっとじっとり汗ばむくらい、拭う風も凪いだ夜なら、もう少しホタルの数も増えただろうか。それでもあちらこちらで計10匹余りのオスが飛び交い、活発な1匹が羽音のする程近づいたかと思うと、私の胸元を掠めてまた元の方向に飛去った。半ばぼんやりした心地で眺めながら、携えたカメラのシャッターを暫く開放しておいた。
月が替ったらまた訪ね、一面の蛍火に酔ってみたいものだと思う。

入梅〜20130527

(追記)
夜半過ぎ、蒸した夜気に寝付けず窓を開けてベランダを望むと、暗がりの中飛沫の立つ様な雨音が聞こえた。どうやら梅雨らしさを演じる天気になったらしい。
火曜日は終日雨、但し梅雨の初めらしくその後は少し持ち直したり、安定しない空模様が暫く続く様だ。
posted by 紫乃薇春 at 23:00 | Comment(0) | 日記

2013年05月26日

夜景〜5/26

各地で梅雨の近づく匂いを伝えられた週末。

夜景〜20130526

今日はまだ日中陽射しの気配がしたが、明日からは尚一層雲が濃くなって重く湿った空気が立ち込めるのだろう。
風が凪げば蛍も翔ぶだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 23:33 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年05月25日

夕漠の岸辺

局地的真夏日に窶れた地平と西陽の行方。

真夏日の夕岸〜20130524-0525
posted by 紫乃薇春 at 21:47 | Comment(0) | 写真館

2013年05月24日

バッジョ、来日へ

先の5月24日、JリーグOB会が来る6月9日国際競技場(代々木)で開催されるサッカーの日伊OB戦において、元イタリア代表(通称Azzurri)のロベルト=バッジョ氏の出場が決定したと発表した。

記事:サッカーキング

ロベルト=バッジョと云えば、少しサッカーに詳しい人ならイタリア・ファンでなくても御存知だろう。ワールドカップの1994年アメリカ大会決勝において、最後のPKで非情にもゴールポストのバーの遥か上方を宙に向かって飛んでいったボールと、世界一とも云われたあの時の後ろ姿の美しさが余りにも有名である。そればかりが一人歩きし過ぎ、バッジョ自身にとっては甚だ不本意な記憶の刻み方となってしまった感があるが、何を云おう私もまたその佇まいを見てからバッジョに、また拙いながらサッカーそのものにも興味を持ったミーハーである。
今の彼が実際にどれだけのプレーが出来るのか正直な処疑問だが、しかしながら来日してしかも試合に出るとなれば是が非でも生で観たいと願うのは紛れもない本音である。いささか日が近過ぎて行くのは厳しいが、せめて地上波での生中継があることを祈りたい。また尚且つミーハーだが、この試合でイタリア代表が着るユニフォーム型がもし発売されたら、バッジョの背番号入りを是非買いたい。
posted by 紫乃薇春 at 20:01 | Comment(0) | その他

2013年05月23日

夕景〜5/23

夕景〜20130523

坩堝への疾走。
posted by 紫乃薇春 at 23:07 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年05月22日

夕景〜5/22

夕景〜20130522

夕陽に向かってはじけ散る。
posted by 紫乃薇春 at 22:09 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年05月21日

天道虫

天道虫〜20130521

彼杵の荘の主を称えり。
posted by 紫乃薇春 at 22:58 | Comment(0) | 写真館

2013年05月20日

フーコーの振り子

長崎・福済禅寺にて。

フーコーの振り子

―残念ながら故障中。
posted by 紫乃薇春 at 23:01 | Comment(0) | 写真館

2013年05月19日

長崎夜景

走り梅雨のさざめく晩に。

夜景〜20130519

世界新三大夜景の一も今夜はチト淋シイ。
ただ妖しく揺らめいて。
posted by 紫乃薇春 at 23:05 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年05月18日

夕景〜5/18

夕景〜20130518

仰ぎ見る週末。
posted by 紫乃薇春 at 22:20 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年05月17日

5月の風の中で(2008年10月19日、Live)

こちらの動画は2008年10月19日、富山のファミリーパークで行われたというさがゆき及び小室等によるライブの模様である。



「5月の風の中で」はさがゆきのオリジナル曲で、元々は林正樹(Pf)とのデュオ「ココペリ」におけるレパートリーだが評判が高く、しばしばその他の活動でも取上げられている。曲名からして今の季節にぴったりであろう。
尤も芸歴50年を超える日本フォーク界の大御所・小室等はともかく、さがゆきについては御存知ない方が未だに多いのではないかと思う。この人も芸歴30年はゆうに超すベテランの歌い手だが、初期の中村八大ユニットでの活動を除いて殆ど無名だった。近年この小室等とのデュオ「ロニセラ」を含め、ラジオやテレビでの露出も徐々に増え始め緩やかに脚光を浴びつつある様でもあるが、それでも「知る人ぞ知る」立ち位置は変っていない。
幸運にも私は20年近く前に入り浸っていたライブハウスの一つで彼女の出番に接する機会があり、強靭で且つ幅の広い表現力と一筋縄ではゆかない音楽性に魅せられて足繁く実演に通い、その気さくな人柄もあっていつの間にか個人的知遇を得るまでになった。九州に移住して現場からはやや遠のいてしまったが、今でも強く支持する音楽家の一人である。

今度、といってもまだ何ヶ月も先だが、9月の21日(土)に熊本で、ピアニスト・谷川賢作とのライブを行うそうである。去る5月3日横浜で行われたインプロ祭を聴いた際当人に「なるべく行きたい」と伝えた処、彼女個人の前後の日程が空いているので此方(長崎県北)にも良い場所(会場)がないかと尋ねられた。ベースキャンプの置かれた関係から佐世保とその周辺にはジャズの土壌があり、それなりにお店もある様ではある。
良いハコがあればソロで是非やりたいと仰って下さっているのだが、生憎殆ど開拓出来ていない。遅蒔き気味ではあるが、近々佐世保のライブハウスやジャズクラブを巡ってみようかと思う。襟を正したライブ向けの会場でなく(多少の音の出せる)飲食店等でも構わないというので、どなたか良い店を御存知ないだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 21:35 | Comment(0) | 音楽

2013年05月16日

ソライロの日 2013年5月

2013年5月16日(木)16時16分のソライロ。
ソライロの日〜20130516
所々雲が浮かんでいるが、はっきりと影の差す初夏。陽向はじっとしていても汗ばむ程暑いが、日陰に入れば爽やかである。いささか風が強く、そのおかげでより涼しくもあるのだが、足早に雨雲を運んで来そうな予感もある。大きく崩れはしないだろうが、この後はやや下り坂になるだろうか。

燕の飛び交う季節が訪れた。3月の下旬くらいから姿は見え始めていたが、ここ最近で一気に数が増えた気がする。燕以外の鳥もよく飛んでいる様で、昨日は朝から烏や雀、この辺りでは余り見かけない鳩、それに種類のよくわからない烏よりやや小型の鳥のつがいも窓の外に来て、しきりにさえずり合っていた。
知人の歌い手や野鳥の会の人達の様に、鳥について殊に詳しい訳ではない。むしろ見ても名前のわからない鳥の方が遥かに多いが、燕は好きな鳥だ。これ、という理由がある訳ではないが、春になり初夏の気怠さにうなされるこの季節であっても、燕の行き来する様子を見る度昔からうきうきした気分になる。
ソライロの日〜20130516
向かいのマンションの周囲を頻繁に舞うので今朝そちらを歩いたら、軒下に巣があるのを発見した。既に雛がいるだろうかと期待したが、気配はなく親鳥も見当たらない。昨年の巣なのだろうか。尤も燕の産卵は4月から7月頃までと幅がある様なので、本格的な繁殖作業はまだ始まっていないのかも知れない。

夕方外出の際、車の扉の窓にクサカゲロウが留まっていた。ありふれた羽虫だが、何故か久しく見かけずにいた。餌も何処にでもいそうなアブラムシ(アリマキ)だが、近年はそんな虫の生息環境も狭められているのだろうか。
ソライロの日〜20130516
薄緑の儚い姿を見ながらふと、今年も蛍の季節が近いのを思い出していた。
posted by 紫乃薇春 at 23:10 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2013年05月15日

Hans Knappertsbusch & Wiener Philharmoniker - Sonderkonzert of 1963 Wiener Festwochen (2nd Half)

先日はムラヴィンスキーとレニングラード・フィルによるショスタコーヴィチ「第8交響曲」の動画を紹介したが、本日はハンス=クナッパーツブッシュ及びウィーン・フィルハーモニー管弦楽団他によるリヒャルト=ワーグナーの楽劇『ワルキューレ』より第1幕を。
同じ指揮者と楽団による同曲のスタジオ録音盤を持っており嘗て度々愛聴していたが、ライブ音源の、しかも映像が残されていることはつい最近まで正直知らなかった。独唱者は違う様だが、クナの動く姿、指揮する様子を見られるのはどれも貴重なものだと思う。1960年代前半ならウィーンフィルもまだ、戦後の全盛期の内であろう。今では希薄になってしまった(それでも他のオーケストラに比べれば遥かに濃厚であるが)古き都の音の薫りが、貧相なパソコンのモニター越しにも漂ってくる。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 23:20 | Comment(0) | 音楽

2013年05月14日

水の風景

水の風景〜20130514

一瞬の滞在に染み入る
異国情緒なる夕暮れ。
posted by 紫乃薇春 at 21:45 | Comment(0) | 写真館

2013年05月13日

【Youtube】Dmitri Shostakovich: Symphony No.8 (1943)/ Mravinsky

ふとしたきっかけで今夜はクラシックの指揮者についてあれこれ検索して巡っていた。初めのうちは好みに拘らず19世紀末に生まれた指揮者の一覧から、それがウィーン・フィルに関わる主だった指揮者の項目になり、いつの間にかロシア(旧ソヴィエト)出身の指揮者の欄にどっぷりと嵌っていた。
そうこうするうちに、そういえば敬愛するエフゲニー=ムラヴィンスキーのCDは数多く持っているが、映像ソフトは未だ1枚も持っていないことを思い出した。数は限られるが過去に発売されたことは知っており、今でも売っているかとAmazonを中心に通販のサイトを調べてみた。
あるにはあるが、新品で出ているものは殆どなく、中古のものは(ごく一部を除き)どれもこれも上乗せされた価格になっている。ムラヴィンスキー・ファンならば…とも思うが、元値の10倍近いものともなるとさすがに手が出し難い。ひとまず購入は保留しておいて、ネットで動画が観られるものはないかと探してみた。
Youtubeに幾つかあるが、中でも惹かれたのがショスタコーヴィチの交響曲第8番全曲。ホールでの演奏だが客が入っていないので、所謂ゲネプロと呼ばれるものか。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 19:47 | Comment(0) | 音楽<ムラヴィンスキー>

2013年05月12日

夜景〜5/12

夜景〜20130512

行きは良い良い
帰りは
posted by 紫乃薇春 at 23:43 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。