2013年01月31日

夕景〜1/31

夕景〜20130131

早いもので今年も一月の晦日。晦日正月という言葉もある様だが、風習として身近にないので今ひとつ馴染みが薄い。むしろもうじき節分の為に豆を買いに行かねばと、先走りながらそわそわする月末である。
まだ寒の内だが、一昨日昨日と気温が上向きで今日は日中とうとう十五度を超えた。コートだのダウンジャケットだのを着て歩けば却ってうんざりするくらいの暖かさだ。天気も、幾らか雲が浮かんでいるものの概ね晴れている。
しかし、澄んだ青と呼ぶには程遠いくすんだ空で、夕映も心なしか黄ばんで見えた。近頃ニュースで云われている隣国からの汚染物質の所為だろうか。昨日一日鼻が出て困ったのも、この二日程眼や喉に不快感を覚え手指や口内が妙に埃っぽいのも飛来した物質が原因なのだろうか。今朝の某公営放送の番組でもこの大気汚染について取上げていたが、担当のキャスターが用いた「(仮に汚染物質を吸込んでも)直ちに健康に影響が出るという訳ではない」という表現は、原発事故が発覚した直後に行われた前政権の大臣による会見を思い出させて非常に気持悪かった。
公害を及ぼす隣国には国として厳重に抗議して然るべきレベルの状況ではないかと思うのだが、そうしたら彼の国はまた「内政干渉だ」と云ってあしらうつもりだろうか。

今朝も出先で西日本新聞を買ったが、田家秀樹氏の『ビートルズが教えてくれた』は告知通り本日はお休み。
明日の朝刊に恐らく井上陽水編の2が掲載されるだろうと思うので、忘れずにまた買いに寄らねば。
posted by 紫乃薇春 at 20:02 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年01月30日

西日本新聞文化面 その2

昨日の記事の前振りを受けて本日、西日本新聞の文化面に掲載された田家秀樹氏のエッセイ『ビートルズが教えてくれた』(連載第16回)は「井上陽水・1」として、陽水と嘗て行った対談(もしくはインタビュー)の様子を綴っていた。このエッセイの為に行われた対談か、全く関係なく行われたものかはわからないが、井上陽水公式サイトにて「田家秀樹さんとビートルズについて話しています」と記された意味はこれで通じる気がした。
「リバプールは遠すぎる」と題して、井上陽水という繊細でありつつ且つ強靭なフィルターを通して視えるビートルズの姿、陽水のビートルズに対する一種「畏敬の念」に近い想いを垣間見ることが出来た。リバプールはイギリスの地方都市だが、ビートルズの出身地としてその名を知られる町である。ファンにとっては謂わば「聖地」でもある。自身初の海外旅行であるアルバム『氷の世界』レコーディングにおける渡英を含め陽水が幾度かリバプールに行く機会を得ながら躊躇いを覚え、実際に足を踏入れるまでにはかなりの歳月を要したことが彼らしい遠回しな云い方で語られる。挙句は遂にリバプールを訪れたものの、ビートルズゆかりのクラブ・キャバーンクラブやペニーレイン、ストロベリー・フィールズ等曲名にもなった店、またメンバーの生家や母校等ビートルズの足取りを得る手掛かり、或いは足掛かりとなる場所には悉く行かずじまいで過ごしたこと。普通なら喜び勇んで踏込みそうなものだが敢えてそうしない処に井上陽水の人となり、佇まいを見た様に思う。
読みながら私自身のことに当嵌めて考えてみた。私にとっての井上陽水は、井上陽水にとってのビートルズの様な存在である。然るに以前、彼の生地である筑豊の糸田を訪ねる機会に恵まれた際、何の躊躇いもなく現地を訪れたものである。加えて巷では「陽水公園」と呼ばれる彼の楽曲「夏まつり」の歌碑が建つ児童公園や、後藤寺にある彼の母校・西田川高等学校の門前まで臆面もなく足を運んだ。これが普通のファン心理と云って貰えたなら立つ瀬もあるが、私には到底陽水程の奥ゆかしさや羞恥の心が欠けているに違いない。

副題は「井上陽水・1」とあるので少なくとも次回、或いはその後数回に亘り続きがあるのだろう。次回掲載は2月1日(予定)となっているが、さて明日の分も買ったものか。こういう時定期購読をしていれば悩まずに済むのだろうけれど。
posted by 紫乃薇春 at 22:51 | Comment(0) | 音楽<井上陽水>

2013年01月29日

西日本新聞文化面

先日、井上陽水の公式サイトに西日本新聞での掲載記事についての告知が載り、1月29日頃からとのことだったので今朝、出掛けついでにコンビニに寄り同紙を買ってきた。
ページを捲ると、文化面に『ビートルズが教えてくれた』と題された田家秀樹氏の文章が綴られている。サイトには「(田家氏と)ビートルズについて話しています」と記されていたので対談かと思ったが、どうやら田家氏によるエッセイ(?)の様だ。
1ページの4分の1程の文章に目を走らせてみたが、ビートルズのことは書かれていても陽水については仲々出てこない。日付が変更になる場合もあるとのことだったので、今日ではなかったのだろうかと少しがっかりしながら読み進めると、文末に至って漸く「井上陽水」の文字が一度だけ登場した。が、あくまでこれは前振りであり、文脈からして本格的に井上陽水について展開するのは明日、もしくは明日以降になる様子。因みに本日の副題は「高嶋弘之・4」で、「“信長”のバカヤロー」と銘打たれていた。
先程、今年のツアー情報の更新をチェックするついでに公式サイトを改めて覗いた処、サイトの告知にも「29日頃〜とお知らせいたしましたが、30日〜に変更になりました」と記してあった。現在西日本新聞の購読契約はしていない為毎朝買いに寄るのが煩わしいが、興味には逆らえない。

ところで、1月27日(日)にBS-TBSで放映された井上陽水の出演番組『筑紫哲也 明日への伝言〜「残日録」をたどる旅』はどんな内容だったのだろう。自宅でBSが受信出来ず観られなかったので、観覧された方の感想を是非とも伺ってみたい処だ。
posted by 紫乃薇春 at 21:13 | Comment(0) | 音楽<井上陽水>

2013年01月28日

夜景〜1/28

夜景〜20130128

西涯の駅前で、夜。
月は十六夜か。
posted by 紫乃薇春 at 22:38 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2013年01月27日

真冬日の空

空〜20130127

曇りがちながら、僅かに差し込める陽光に温もりを覚える一日。
北国の人の想いをふと感じる週末。
posted by 紫乃薇春 at 22:07 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2013年01月26日

本日の食卓

カレー〜20130126

我家の定番メニューの一つとして、月に一度は登場するカレー。本日はバーモント甘口とザ・カリー辛口を3:3のブレンドで。ザ・カリーに別添として付いてくるブイヨンペーストを有効に活用させて頂いた。
既製のルーに頼ることがどうしても多いメニューだが、甘口・中辛・辛口の加減が難しい。今夜も思い描いた味にはならなかったが、それでも案外好みの甘辛さにはなったと思う。
玉葱・にんにく・生姜・人参・馬鈴薯・里芋・舞茸に、ピーマンを後から加えての野菜カレーである。
posted by 紫乃薇春 at 22:49 | Comment(0) | グルメ(仮)

2013年01月25日

夜景〜1/25

夜景〜20130125

鉄の路と人の径の交わる彼方を目指し
今宵も徘徊す。
posted by 紫乃薇春 at 22:49 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年01月24日

【井上陽水】筑紫哲也とビートルズ【出演情報】

先日今年度のツアー開催を発表したばかりの井上陽水公式サイトに、近日のテレビ出演及び新聞記事掲載の情報が載った。

◇テレビ出演:BS-TBS
 1月27日(日)19:00〜20:54
 『筑紫哲也 明日への伝言〜「残日録」をたどる旅』

◇新聞:西日本新聞
 1月29日(火)朝刊(文化面)
  『ビートルズが教えてくれた』にて田家秀樹氏と対談
 (掲載日時は事情により変更の可能性有)

生憎の処衛星放送は相変らず受信不能な環境である為テレビの方は観ることが出来ないが、新聞は幸い西日本新聞が主に流通するエリアの為こちらはなるべく忘れずに買いに行こう。
陽水氏の今春ツアー、九州は現在の処鳥栖及び北九州の2公演が発表されているが、チケット発売についての情報が未だに伏せられたままである。その他の地域の公演日程についてもチケット情報が明らかなのは一部のみなので焦ることもなく順次発表されることと思うが、昨年は自身の手違いにより福岡公演を不意にしている為油断は出来ない(その挙句鹿児島に日帰りという、楽しい様な勿体無い様な慌ただしい行程に出くわすことになったのだが)。
ツアーに合わせて新作のアルバム発売などあれば更に嬉しい処だが、ここ数作のペースを見ると…望み薄か。
posted by 紫乃薇春 at 22:17 | Comment(0) | 音楽<井上陽水>

2013年01月23日

夕景〜1/23

夕景〜20130123

雨上がりの夕凪の背後に今日も、煮しめの香り。

煮しめ〜20130123
posted by 紫乃薇春 at 21:09 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年01月22日

夜景〜1/22

夜景〜20130122

暦に反して生暖かいこの数日。昨日今日と雨続きだが、雨粒も4月下旬くらいの温さである。
私用で佐世保駅に立寄り、暫く港を望んでいた。
posted by 紫乃薇春 at 21:45 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年01月21日

晩餐

本日のスープは和風出汁(昆布・椎茸・鰹)に、粗塩と黒胡椒・ミックスペッパーで味付け。
出来合いのコンソメやブイヨン等用いなくとも、結構風味豊かな濃い味が出る。

スープ〜20130121

久しく満足に旅行をしていないが、旅番組の食事場面を見ながらこんなスープや先日拵えた煮しめ等を食べると、何となく現地に滞在した気分になる。
が、そろそろ何処かに行きたのも確か。行き慣れた太宰府や博多、長崎方面も良いが、偶には高千穂や八代の様な処も訪ねてみたいものだ。
posted by 紫乃薇春 at 22:30 | Comment(0) | グルメ(仮)

2013年01月20日

大寒

本日は大寒。立春に始まる二十四節気の、二十四番目に当たる。暦の上では今からおよそ二週間程が冬の最後の時間ということになる。
しかし、「おおさむ」という言葉の響きとは裏腹に今日は概ね温暖で、穏やかな一日となった。つい二日ばかり前にはこの冬何度目かの雪が降り薄らと積もる程だったので尚更、寧ろ暑いくらいに感じてしまう。実際の日中の気温は10度を超えたのだろうか。
三が日過ぎの小寒の頃の方が却って寒らしさがあったが、さすがに陽が沈み、闇が差し始めると底冷えを覚える。過去には年明けと共に春の陽気に包まれた年もあったが、大抵はまだこれから二度や山道著しい寒波が訪れるものだ。寒を過ぎても余寒という言葉もあり、当分は冬が続くのだろう。

大寒〜20130120

夕方、佐世保市内の須佐神社を訪ねた。此方で暮らす様になって毎年、ウェザーニューズのさくらプロジェクト参加の度お世話になっているソメイヨシノのある社である。
昨年は松の内、この神社にもお参りしたが、今年はまだ一度も足を運んでいなかった。境内は狭いが背後に厳かな森が聳え、平戸八景の一つとされる岩屋洞窟もある風情豊かな佇まいを見せる。尤も、肝心の洞窟の前には本殿が建ち構えているので実際は僅かな片鱗しか窺うことが出来ず、毎回歯痒い想いに侵される。嘗ての戦時中、岩屋宮を防空壕代りに利用した人達が居住の場を確保する為、窟内の石仏の大半を廃棄してしまったこと等、そもそも本来は神域として一般の立入を禁止していた背景もあり止むを得ないことなのかも知れない。人体の秘部を布切れで覆い、謁見したくとも容易には叶わないもどかしさに通じる。

大寒〜20130120

昨年・その前年とマイ桜に指定した桜を眺めた。境内のソメイヨシノの中では恐らく一番の老木に違いなく、枝振りは一見立派だが桜にあるまじき(あたかも梅の如き)屈した樹影から、実の処は大分衰えつつあるのではないかと思わせる。天狗巣病の枝は見当たらないが、幹や太い枝から直接生えた徒長枝の存在が目立つのが気になる処。中の鳥居の脇を守りシンボルの様な一株なので、もし近く枯れてしまったら随分境内の景観も変ることだろう。神社はその時をどう迎えるか。
先日寄った近所の公園で桜の蕾が気持ち膨らみ始めている様に見えたので、神社の桜はどうかと楽しみにしていたが、まだ固く小さいままだった。思えば決して陽当たりが良いとは云えぬ神社境内。日照時間の差が少なからず響いているに違いない。

大寒〜20130120

posted by 紫乃薇春 at 23:10 | Comment(0) | 日記

2013年01月19日

夜景〜1/19

夜景〜20130119

久々に夜の散歩に出て、経過を伝える分岐点。
風もなく、思いの外汗ばむ道すがらだった。
posted by 紫乃薇春 at 23:08 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年01月18日

雪景色

今朝未明、佐世保市内の片隅にて
昼前には粗方溶けてしまったのだが。

雪景色〜20130118

雪景色〜20130118

雪景色〜20130118
posted by 紫乃薇春 at 22:15 | Comment(0) | 写真館

2013年01月17日

晩餐

気温も空模様も下り坂の一日。日中から時折降る雨には、日暮れを待たず白いものが混じり始めた。
家人が軽い風邪を引いた様なので、今日は調理当番として野菜スープを拵えてみた。

スープ〜20130117

大根、人参、牛蒡、馬鈴薯、里芋、玉葱と6種の根野菜(本来は根っこじゃないのも混じっているが)、舞茸に小松菜を加えてみた。それとにんにく。
塩と胡椒、出来合いのスープの素を入れたら寒さ凌ぎに温かく、良い味に出来た。と、思う。
posted by 紫乃薇春 at 20:09 | Comment(0) | グルメ(仮)

2013年01月16日

ソライロの日 2013年1月

2013年1月16日(水)16時16分のソライロ。

ソライロ〜20130116

今年最初のソライロリポートである。昨日は終日抜ける様な晴天に恵まれた長崎県北だが、今日は朝から厚い雲に覆われた。しかし予報に反し、雨の降った形跡はない。この時刻は雲にもあちこち隙間が覗いているが、太陽は見えず影も差していない。
明日は今日より下り坂で、降雪の予報が出ている。

空を観に寄った公園の桜の蕾が、心なしか膨らみ始めている様に見えた。
ソライロ〜20130116
posted by 紫乃薇春 at 21:01 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2013年01月15日

夕景〜1/15

夕景〜20130115

ほぼ快晴の冬の夕暮れ。
だが明日はまた、下ってゆくらしい。
posted by 紫乃薇春 at 21:18 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2013年01月14日

無題

連休最終日は成人の日。成人の日と云えば1月15日だった時代は遥か昔になってしまったが、物心ついて或る程度まではHappy Mondayなど存在しなかったから、未だに時々、違和感を覚えてしまう。
長崎県北はお昼頃から概ね好天に恵まれたが、関東を含む全国各地で今日は大雪が降っているらしい。ネットの知人も飛行機が飛ばず、陸路での移動を余儀なくされたらしい。
posted by 紫乃薇春 at 23:18 | Comment(0) | 日記

2013年01月13日

夜景〜1/13

夜景〜20130113

連休の中日は日中からシトシト、雨が降り続いている。
この雨が明日、新成人達の式典に水を差したりしなければ良いけれど。
posted by 紫乃薇春 at 23:28 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2013年01月12日

週末

今年初の連休初日は、新たに聴きたいCDからの曲順を弄るだけで半日過ぎた。
食材がいつの間にか品薄になっていたので、深夜のスーパーにでも買いに行こうか検討中。
posted by 紫乃薇春 at 21:36 | Comment(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。