2012年07月31日

夜景〜7/31

夜景〜20120731

迂闊に過ごす内、7月も瞬く間に最終日。昨晩は久々に幾らか涼しさに包まれたと思ったのも束の間、今宵はまた熱帯夜の様だ。

日本時間で昨日深夜(というより今朝未明)行われたロンドン五輪で銀メダルを獲得した体操・男子団体について、巷で賑わいを見せているらしい。当初4位とされた順位が日本スタッフの抗議の結果2位に繰上がったことと、演技後のインタビューにおける内村選手の発言が一部で槍玉に挙げられている様だ。
テレビでも内村選手の鞍馬での着地シーンが再三流され、確かにミスはあるが何もそこばかり放送しなくても―という気になるが、裁定が覆った肝心の場面が正にそこなので、これは止むを得まい。しかし行った抗議は倒立の難度が全く加算されていないことへの正当なものであり、発言も一見大人気ない風に捉えられる箇所もあるが、リアルタイムで放送を観ていた私はむしろ好意的に受取った。ネットでの批判を読むと「内村の所為で銀に終った」という意見が幾つかあるが、ミスを冒したのは内村選手だけではなくむしろ他に日本の得点を下げる要因が多々あった。内村選手のはっきりしたミスは鞍馬における着地のみであり、その他は極めて着実、むしろ「内村のおかげで」銀メダルを獲れたというのが正しいと思う。
但しもう一人、加藤選手の全種目における安定振りが今回の日本を支えていたことも見逃せないが。

しかし、男子体操もさることながら昨夜は女子柔道において松本薫選手が日本に初の金メダルをもたらしたのだが、こちらは何故かマスコミにおける扱いが小さい。むしろトップ記事を飾るべきはこちらで、日本の報道のこうした偏り(煽り?)が余計にこの度の不当な批判を生んでいるとも云える。
posted by 紫乃薇春 at 23:54 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2012年07月30日

五輪観戦

現在、柔道の女子57キロ級及び男子73キロ級が並行して行われている。
昨日まで苦戦続きの日本柔道であるが、男女とも決勝に残る今夜は果たして初の金メダル獲得なるか。
posted by 紫乃薇春 at 23:56 | Comment(0) | 日記

2012年07月29日

空模様

空模様〜20120729

今朝も、こんな空。
posted by 紫乃薇春 at 21:21 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月28日

夕景〜7/28

夕景〜20120728

今日は朝から強い陽射しで、熱中症の為全国で1000人近くが搬送され、3人死亡とのこと。

今朝は偶々テレビをつけてロンドン・オリンピック開会式の模様を観ていた。
凝った演出に純粋に感嘆する反面、殆どの競技開催前に余りに大掛かりで長時間と労力を費やすのは如何なものかと感じてしまったのは、私も既に保守派ということなのだろうか。
posted by 紫乃薇春 at 23:34 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月27日

午後

夏の空〜20120727

立ち上る、夏。
posted by 紫乃薇春 at 21:05 | Comment(0) | 写真館

2012年07月26日

夕景〜7/26

夕景〜20120726

上弦の月が見下ろす熱帯夜の街角に行き来するサイレン。
posted by 紫乃薇春 at 21:22 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2012年07月25日

夕景〜7/25

夕景〜20120723-0725-01

或る山里の夕涼み。
posted by 紫乃薇春 at 22:55 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年07月24日

夕景〜7/24

夕景〜20120724

梅雨明けて、変らぬ蝉の声と蚊の羽音が耳に煩い夏の夕暮れ。
posted by 紫乃薇春 at 20:41 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2012年07月23日

梅雨明け

今朝未明、外出先から戻る際東の空に火星や牡牛座のアルデバランと共に一際明るく輝く星を見た。明けの明星である。先月の6日に日面を通過した金星が太陽の西方に移り、漸く観望し易い位置まで上ってきたのだろう。尤も高度からすると、半月程前には既に夜が明ける前に見えていたに違いない。但し近頃は明け方近くに出歩くことは稀になったし、雨や曇りの日が多く実際は殆ど隠されてしまっていた様な気がする。

本日昼のニュースで、九州北部が梅雨明けしたと見られるとの発表があった。平年より4日、昨年と比べると15日も遅いとのこと。
先週の17日に全国各地で梅雨明けしたとのニュースを聞き、此方もかと思ったらさに非ず、東北と九州だけが取り残される形になった。元より遅い東北はともかく、九州は沖縄や奄美を除くその他の地域より普段ならば早く明けるものだが、今年は逆転してしまった。それでも昨日は既に雨も殆ど降らず、お午以降はほぼ晴れたので実質は明けていたのではないかと思うが、気圧配置に難があったのだろうか。

この夏は梅雨の明ける大分前から蝉が羽化して、今や毎日大合唱である。早くから鳴き始める油蝉や蜩は勿論のこと、九州の夏につきものの熊蝉も日に日に声が近づいて、ここ数日は自宅かお隣の壁に留まり鳴いている様だ。昨年やその前の年の夏にも味わったが、朝から耳元でがなり立てられる様なけたたましさである。
驚いたのはツクツクホウシ。こちらに来て初めての梅雨明けを経験した3年前の夏、8月の初日にその声を聞いた時も早いと感じたが、まだ7月半ばの18日辺りその声がし出した時はさすがに心配になった。異常気象とはよく云われるが、地球が、少なくともこの国の何かが深刻に歪んでしまっているのではないか。
そういえば今年は、こちらに来て初めてのミンミンゼミも鳴いていた。関東住まいの頃は毎年お馴染みの蝉であったが、九州では棲む場所が限られるのか滅多に鳴かず、この3、4年は一度も耳にすることがなかった。代りにあちらでは聞いたことのない熊蝉が沢山いて、それはそれで興味深く聞いたが数年続くともう腹一杯である。そんな気怠い夕方に響いた久々のミンミンの声がそこはかとない懐かしさ。しかし羽化したばかりなのか暫く頼りない発声を繰返しただけで止めてしまい、その後はまだ一度も聞いていない。やはり数が少ないのか。

入梅の後暫くは晴れる日が多い様に梅雨明けの直後天気が崩れるのはよくあることで、今日も午前中は青空が広がったが、雨は降らないまでも午後からは雲が蔓延り、どんよりとし始めた。
夕方、佐世保市郊外の高台から海の見える側を見下ろしてみたが、まだ沈んではいない筈の夕陽がすっぽり雲に覆われて梅雨明けの感慨は薄い。微かに滲む夕焼けの色が、この後の天候の推移を想わせた。
用を思い出しJRの駅に行くと、屋根の上に浮かぶ痩せた月。雲がまばらになっていたので七夕以来の星空観望を楽しむかと期待したが、空は闇に染まりきらぬまま再び雲に覆われてしまった。

梅雨明け〜20120723

梅雨明け〜20120723

梅雨明け〜20120723
posted by 紫乃薇春 at 23:52 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月22日

空模様

空模様〜20120722

FNSの27時間番組を観るともなしに観てしまい、先程終って疲労感。
しかし長崎キー局のアナウンサーや嘗て同局にいたアナウンサー、今年の春までNHK長崎に勤務していた人など見慣れた顔ぶれが多く、彼等が画面に映るだけで楽しくなった。

かねてよりロンドン五輪に出演が噂されていたTHE WHOが、そのエンディングで新曲を披露するらしい。
また今秋、全米で35ヶ所を巡るツアーを行うとのこと。こちらは『四重人格』を再演するそうである。
posted by 紫乃薇春 at 22:17 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月21日

水の風景

空と海の日に。

水の風景〜20120716-0721

(2012年7月16日早岐にて)
posted by 紫乃薇春 at 23:22 | Comment(0) | 写真館

2012年07月20日

夕景〜7/20

夕景〜20120720

不安げな空ながら、今日も夕方には陽が差した。
梅雨明けは週明けか。
posted by 紫乃薇春 at 22:14 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2012年07月19日

夕景〜7/19

夕景〜20120719

今朝は窓を開けた途端にクマゼミが鳴き出し、梅雨の明けぬ間に蝉の出揃った感がある。
此方に来て4年近く、暫くミンミンゼミの声を聞くことがなかったが、数日前の夕方近所の街路樹からそれらしき鳴き声がした。まだ羽化したばかりか頼りないまま止んでしまったが、この辺りにもやはり棲んでいるのか。
posted by 紫乃薇春 at 21:39 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2012年07月18日

空模様

空〜20120718

台風は何処へ行ったのか、大荒れの天気を覚悟し身構えていたが、一時雲が広がったもののその後は抜ける様な青空が広がった。
まるで「ビルの最上階」を思い出させる昼下がりの空。がしかし、この町には15階建ての高層建築など見当たらない。

まだ7月中旬というのに、ツクツクホウシの声を聞いた。余りに早過ぎやしないか。
何かがおかしい夏の午後である。
posted by 紫乃薇春 at 20:24 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月17日

夕景〜7/17

夕景〜20120717

本日、九州東北を除く全国で梅雨明けを迎えたとのこと。それを象徴する様に、各地で真夏日、猛暑日を観測した。
長崎県北は佐世保で34.9度。青空が広がるものの所々に浮かぶ雲の色の怪しさが来る台風を感じさせる。
九州の梅雨明けは、この台風が去ってからか。
posted by 紫乃薇春 at 21:47 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2012年07月16日

Blue,white or grey?

2012年7月16日(月)16時16分、長崎県佐世保市の空。
空と海〜20120716
梅雨末期(恐らく)の気紛れな空模様。この時刻には偶々止んでいたが、直前まではしとしとと歯切れの悪い雨が降り続いていた。また、撮り終えて歩き出すと間もなく大粒の雨が降り始めた。その後も降ったり止んだり、時折青空が覗き陽が差したかと思えば数分後には白み始め、瞬く間にどす黒く濁って大粒の雨が叩きつけるという塩梅である。
ウェザーニューズによる「ソライロの日」というこの企画は2010年の8月から行われているそうで、来月の16日に2周年を迎える。尤も個人的に初めて参加したのが昨年の7月からで、今回で丁度1年が経ったことになる。毎月16日の16時16分に空の写真を撮り、その時の天候や気温等の状態を添えて報告するというもの。この1年間毎月欠かさず参加していた訳ではないが、自身のの当時を振り返る参考にもなるのでこの半年くらいは自分なりにまめにリポートをして来られたと思う。
30分後の16時46分通りすがりに目にした同市の気温は28度。確かに気温自体はさほど高くはないのだろうと感じたが、とにかく湿度が非常に高く蒸し暑い。今日に限らず日中の気温は大して上がらないものの夜間も殆ど下がらず、連日熱帯夜にうなされている。

ところで今日は「海の日」。国民の祝日としては比較的新しく、1995年に制定された(施行は翌1996年から)。当初は7月20日であったが、2003年のハッピーマンデー制度導入以降は7月の第3月曜日となった。
物心つき始めた時分にはまだ存在しなかった祝日であり個人的にはいささか馴染みの薄いものであるが、以前より「海の記念日」という記念日(※祝日ではない)は存在したらしい。尤も同記念日が設けられた経緯は「1876年(明治9年)、明治天皇の東北地方巡幸の際、それまでの軍艦ではなく灯台巡視の汽船「明治丸」によって航海をし、7月20日に横浜港に帰着したことにちなみ、1941年(昭和16年)に逓信大臣村田省蔵の提唱により制定された」(Wikipedia)とあり、いささかこじつけと思えないこともない。むしろ海開きの行われる時期になぞらえた日と云う方がまだしっくり来る気がする。
面白く感じたのはWikipediaに載った「海のない県の対応」で、「奈良県では、海の日と同じ毎年7月の第3月曜日を「奈良県山の日・川の日」とすることを条例で定めている」とのこと。その他の内陸県(埼玉県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県・岐阜県・滋賀県)については記されておらず、どう対応しているのか、海はなくとも祝日としてだけは認めているのか、詳しいことは知らないが興味ある処ではある。

海の日と云って別段泳ぎに行く訳ではなく、まあ昔は海水浴や潮干狩等を楽しみにしていた頃もあるが、この年齢になると日灼けはなるべく避けたいし、潮干狩や磯狩をしても採れたものを食す訳でもない。近頃は専ら観賞の対象として行くことが殆どである。
但し、佐賀県の有明海沿岸の浅瀬には馬刀貝が多数棲息しているらしく、馬刀貝と云えば子供の頃図鑑で知って以来名前の由来ともなった細長いユニークなその形状の虜になったものだ。しかし残念なことに生まれてこのかたまだ一度も生きた馬刀貝というものを間近で見たことがなく、いずれは見てみたいと思っている。
それはさておき、こんな豹変し易い天気の日にわざわざ海を見に行くのは相当な物好きだろう。第一水位が上がれば危ないし、有明海だの玄界灘だの遠い処まではさすがに行く気がしない。
とは云いながら、ソライロリポートに出たついでに早岐まで足を伸ばしてみた。

途中雨足の非常に強まることがありしくじったかと思ったが、程なく小止みになった。
海に面した佐世保市において早岐は一見内陸の様だが、実は市街地を縦断する国道に沿う様に海岸線が横たわっている。所謂早岐瀬戸である。
空と海〜20120716
一見やや幅の広い河川の様だが、大村湾と外海を結ぶれっきとした海(海峡)であり、潮の目と呼ばれる一際くびれた箇所を中心に思いの外激しい潮流がある。大村湾と外海の水位の変化に伴い潮の向きもまた変る様だ。潮の目については以前平戸八景を巡った時にレポートしたので、詳しくはそちらを御参照頂きたい。
残念ながら潮の目に架かる観潮橋が工事中の為派手な覆いが施されており、景観としては今ひとつであった。

荒れた天気も日没前の驟雨で一段落したらしく、その後青空が広がり始めささやかな夕焼けを演出した。
海と云って早岐瀬戸ではあんまりだと仰る方の為に佐世保駅に寄道して、港の夕景を撮ってみた。いや、これもあんまりか。
空と海〜20120716
ウェザーニューズからメールが届き、本日15時頃日本の南海上で台風7号が発生したとのこと。今後は九州の西を北上する見込み。一見回復したかに見える空だが、じきにまた崩れてしまいそうだ。
posted by 紫乃薇春 at 23:53 | Comment(0) | 紫夜(投稿)

2012年07月15日

夜景〜7/15

夜景〜20120715

午後から晴れ間が覗き、梅雨末期の豪雨も落着いたかと思ったのも束の間、日暮れる頃になり再び激しい雨が街を襲った。
夕方から繰出したテーマパークも濡れ鼠の巣と化した。
posted by 紫乃薇春 at 21:32 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2012年07月14日

夜景〜7/14

夜景〜20120714

熊本や大分、そして福岡では今も豪雨による避難勧告、また停電が一部続いているらしい。
この夏は供給不足という名目の仕組まれた停電がこちらでも本当にありそうだ。
posted by 紫乃薇春 at 23:08 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2012年07月13日

空模様

空模様〜20120713

殊に意識していた訳ではなかったが、今日は13日の金曜日。これで6月なら舞台が整うのだろうか。

雨 時々 曇りの本日の空。
長崎北部はさほどでないが、隣県佐賀、そして福岡は各地で水害が起きているらしい。前日は熊本・大分でも大きな水害が起きており、深刻な被害が生じないか心配な処。
梅雨末期の威力というものか。
posted by 紫乃薇春 at 23:07 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2012年07月12日

初蜩

初蜩〜20120712

今日の夕方、この夏初めての蜩を聞いた。
数日前から鳴き始めていたのかも知れないが、暫く山あいを訪れる機会もなかった。緑の乏しい街中には仲々降りてこない蝉なので、日頃は縁遠い。今日は偶々山の道を走る用事があり、久々にその(蝉らしからぬ)涼しげな合唱に四方から包まれた。
にしても梅雨のまだ明けぬ内から、気の早いことだ。
posted by 紫乃薇春 at 22:48 | Comment(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。