2012年03月16日

ソライロの日/第3回つぼみ調査

毎月16日は「ソライロの日」。ウェザーニューズによるウェザーリポーター企画のひとつで、一昨年の8月だか9月だかに始まったものらしい。日々の天気や地震情報等を得る為に随分前から同社のモバイルサイトを利用しているが、この企画に気づいたのは遅く、昨年7月に初めて参加した。
「ソライロ」の「イロ」に因み毎月16日16時16分の空を写して届けるというもの。昨年最初の参加の際は要領がわからず、周囲の風景を取入れた写真を送ってみたりしたが、本来は空のみが対象で風景や電線、建物等はなるべく写らない様に―というのがウェザーニューズからの求めであった。
ソライロの日〜20120316
以来毎月欠かさず参加してきたが、今日は小雨混じりの空模様。これまで曇り空の日はしばしばあったが、ポツポツ程度にせよ雨の日のリポートは初めてである。空気は肌寒いが、恐らく実際の気温より幾らか冷えて感じているのだろう。風の余り強くないのが救いである。撮れた写真もこれまでになくどんよりと重い色に見えた。

**************************

さてこちらは昨日になるが、同じくウェザーニューズより「さくらプロジェクト」第3回つぼみ調査のお知らせが届いた。
やや雲がかかっているものの、昨日は概ね晴れ。しかし日中は都合がつかず、今日の夕方マイ桜を観に行った。
先にも記した通り生憎の雨で、先週、先々週に倣い土曜日に出直すことも考えたが、予報では明日も大方今日と同様の天気らしい。後に回せばその分億劫になるのが目に見えているので、今日の内に訪れた。
さくらプロジェクト〜20120316壱
この一週間、三寒四温が二寒五温に思えるくらい温暖な日が増えて、蕾の成長も進んだかと期待したが先週と殆ど変らず。膨らみは増した様でもあるが、報告ランクは今週も「先が黄色」のままである。贔屓目に見れば黄色い部分が大きくなった様に感じなくもないが、気のせいと云われたらそうかも知れないと怯む程度の微かな変化でしかない。昨年当初マイ蕾として選んだものが実は枝の途中で折れたかして枯れていたという過去もあり、今年もまた同様の憂き目を想像して不安になるが、無事開花してくれることを願う。
さくらプロジェクト〜20120316弐

昨年の地震から一年余り経った14日、東日本でまた大きな地震が相次いで発生したとのこと。まず18時9分頃三陸沖にてマグニチュード6.8、次いで19時49分頃同じく三陸沖にてマグニチュード5.9、そして21時5分頃には千葉県当方沖にてマグニチュード6.1。その他余震と想われる微震が現在も続いている模様。
18時9分三陸沖の地震では最大震度は4であったが、桁は違うもののあの日以来の津波が観測されたとのこと。千葉沖の地震では茨城県にて最大震度5強、こちらは津波は観測されていないが余震の回数は遥かに多く、現在に至るまで30回を超える微震が観測されている様子。
西涯に棲む私でさえ不安になるものを、当該の地の人々はどんな想いで揺れを感じているのだろう。


posted by 紫乃薇春 at 22:19 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。