2012年03月11日

空を仰いで

今朝、テレビを点けると各局とも同じ題材を取上げ、繰返しながら放映していた。少しの間チャンネルを切替えながら画面を眺めていたが、やがてひょいとスイッチを消した。
妙な居心地の悪さを感じていた。昨年のこの日東日本で起きた出来事を忘れた訳ではない。忘れたいと思ったこともない。ただ、画面から漂う空気が気持悪かったのだ。
昨年、その時刻には博多へ向かう列車の中に居て、ウェザーニューズからのメールで事を知った。博多に着くなり宿泊先に駆込み、部屋のテレビの電源を入れるとたちまち尋常さを欠いた海辺の様子が映し出された。正直気分はそれだけで粗方圧し潰されてしまったのだが、この晩はサンパレスで井上陽水を聴くことになっておりそわそわしながらも会場へ向かった。公演中止も覚悟していたが、この日は無事行われた。ただ陽水も内心穏やかではなかったのだろう。MCなどいつものとりとめのない不条理なことを喋ってはいるが、歌声は普段と違う慄えや戸惑いを含んでいる様だった。飄々と振舞いながらその実非常に細やかな神経の持主には殊の外堪える出来事だったに違いなく、その後殆どの日程は中止され(被災した東北や北関東でのスケジュールが多く、止むを得ない面もあったのだろうが)一部の客演等を除いては沈黙を保っていた。
空を仰いで〜20120311壱
この一年、僅かな募金をした以外は(身内に関することは別にして)具体的に私がしたことは何もない。一年経ったこの日、何かを試みようと目論んでも言葉すらろくに出てこない。それならば黙ったままでいる方が良いのでは―と思いつつもこうして足掻くのは悲しい性である。
実際に思い立ち現地にまで赴いて行動を起こした人が比較的身近にいる話を聞けば「出来ない」というのは云い訳にしか過ぎないし、その質を云々するのもおこがましい。かと云ってこの日に浮かれることを不謹慎だと咎めるのも筋が違う。浮かれても騒いでも覚えてさえいれば―いや忘れていたって構わない。いざ事に向かう時、真摯な姿勢さえあれば良いのだと―一滴の酒も飲んでいないのに、どうやら酩酊している様だ。
地震発生の時刻、役場からサイレンが聞こえてきた。黙祷1分のつもりが1時間余りに及んだ理由は語るまい。
空を仰いで〜20120311弐
昨年地震の発生を告げたウェザーニューズから、震災後1年経っての想いをリポートに乗せて届けてみませんか、との呼びかけがあった。主旨には必ずしも賛同しないが、同じ空で繋がるという言葉に惹かれた。同じ海でも繋がっているが、あの日以来それは禁句だと云う人もいるだろう。
雨のち曇りと云いながら、今日も幸い晴れ間が覗いた。東北は、関東の空は、今日はどんなだっただろう。
空を仰いで〜20120311参


posted by 紫乃薇春 at 23:07 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。