2011年11月30日

紅葉狩り

昨年は張切って三箇所も巡り歩いた紅葉狩りであるが、今年は迂闊に過ごす内、時期もほぼ終りを迎えてしまった。しかしこのままでは味気ないまま冬を迎えてしまいそうだと、相方と申し合わせて昨日急遽繰出すことになった。
県内であればまだ行ったことのない諫早の轟峡や或いは雲仙など訪ねてみたい処であったが、それら高地の名所は既に粗方散落ちてしまっている様だ。尤も時期に間に合った処で平日の諸用を済ませてから向かうにはどちらもいささか遠過ぎる。一時間程で行かれ、まだ見頃の終らぬ場所をと探した挙句、昨年も訪れた佐賀・武雄の御船山楽園に行くことにした。

本来ならば午後一番に用が済み夕方前には着ける筈であったが、色々と押して出たのが昼下がり。昨年も随分遅くに到着し園内ではさほどゆっくりもせず足早に見て巡った記憶があるが、今年は更に少々遅れて着いた。しかも昨年はまだ11月上旬の内であったが、今年は月末。今の時期、半月余りも経てば如実に日が短くなるし、その分暮れるのも早くなる。着いた頃には日没間近で、園内も昨年より幾分薄暗く感じられた。
しかし紅葉はまだ少し早めだった昨年に比べ遥かに熟しており、遠目にも燃える様な色づき。近づいて見ればむしろ一番の見頃を過ぎて葉の処々錆び、朽ちかけているものもあった。もう日暮れというのに、園内は少なからぬ客で賑わっていた。昨年訪れた時は閉園間近でひっそりとしていたことを思い出し、同じくらいの時間なのにこの違いを訝しく思ったが、さしてその時は気に留めなかった。
紅葉狩り〜20111129-1130壱
入ってすぐの池の畔には風情ある格好をした楓が多く、殊に人の姿が目立つ。だがその先の坂径を躑躅畑のある高台まで登ると、御船山の地形を生かしたもう一つの見処が広がる。その高台からは彼方の稜線が見渡せ夕映えが美しい。
紅葉狩り〜20111129-1130弐
一方で眺望に背を向け、躑躅畑の方を見れば池畔に劣らぬ紅葉がそこかしこで色を灯している。昨年は入れなかったが、躑躅畑の脇を通りその向こうへ行くと、樹齢およそ160年という大モミジが枝をしならせ聳え立っている。イロハカエデと記した札が掛けられているが、我が国で最も代表的、一般的と云われる品種である。高さは悠に10mを越し、幅もそれに近いくらいの見事なものだ。丈だけなら同じくらいに伸びたものを時折見かけるが、横の広がりとなるとそうはない。よく寺院や庭園で見るものはまだ若い株が多いのだろう。
紅葉狩り〜20111129-1130参
大モミジの傍の休憩処には御船山登山のルートを示した案内図があり、恐らく園内の径からも辿れる様になっているのだろう。登ってみたい気持もあったが、丁度その頃日が沈み辺りは暗さを募らせ始めた。月明りも三日月では頼りにならず、山道で闇を託つなど危ういことこの上ない。またの機会に挑むことにして、おもむろに坂を下った。
従業員が園内の径に仕切りを立て始めているのに気づき時計を見ると、夕方の5時半を回ろうとしていた。御船山楽園の閉園時刻は確か5時半だったかと昨年の記憶を辿り、慌てて場外へ出た。だがふと見ると、まだ今から入らんと来場する車が幾つもある。よくよく入口の案内に目をやると、「たまゆらの夕べ」と題し17時30分から22時まで期間限定で入園を受付けライトアップを行うとのこと。事前に同園のサイトを調べてくれば勿論わかる筈のことであったが、経験だけを頼りに訪れた為に早まった。しまったと思っても後の祭りである。
再度入園料を払い入り直しても良いが、来る12月の3日及び4日に「たまゆらの夕べ」を再公開とのこと。御船山の紅葉は今年例年より10日程色づきが遅れたそうで、本来11月12日から27日までの処問合せが殺到していることも受けての配慮だそうだ。
それまで色が保つかどうか少々心配だが、天候が良ければこの週末出直して夜桜ならぬ宵の紅葉に現を抜かしてみるのも悪くない。
posted by 紫乃薇春 at 20:11 | Comment(0) | 日記

2011年11月29日

スイーツ

アイス大福〜20111129

本日のデザート。
出された時、座布団が置かれたのかと思った。

アイス大福の正しい食し方は、来たらすぐ裏返してアイスを平らげ、その後残った餅を丸めて一気に頬張る―いいや違うだろう。
喉に詰まらせぬ様気をつけながら、よく噛んで少しづつ飲込むこと。
posted by 紫乃薇春 at 22:05 | Comment(0) | その他

2011年11月28日

追憶の一葉

峡谷の紅葉・記憶。

紅葉〜20111128
posted by 紫乃薇春 at 23:16 | Comment(0) | 写真館

2011年11月27日

ハウステンボス夜景

白い観覧車からドムトールン方面を眺めた
園内二景。

HTB夜景20111126-1127-01

HTB夜景20111126-1127-02
posted by 紫乃薇春 at 21:50 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2011年11月26日

ハウステンボス 夜の観覧車

HTB観覧車〜20111126壱

先日光の王国について記したエントリにて触れたハウステンボスの観覧車が、去る11月25日に正式オープンした。ほぼ全体が白でデザインされ(厳密には扉と窓枠が奇数は茶色、偶数は黒で配色される等、他の色も使われてはいるが)その名も「白い観覧車」と命名された。白い観覧車の名は白い観覧車か、とほくそ笑みながらそれはさほど意外でもなく、この観覧車の愛称募集の案内を見た時に「変な名前をつけるくらいなら、そのまま『白い観覧車』で良いじゃないか」と思ったものがその通りになったのだった。
この全てが白い観覧車というのは実はかなり珍しいらしく、意外にも?日本では初めてとのこと。従来のハウステンボスの景観をなるべく損ねない様にとの配慮と、白という色に幸せの意味を込めたもの、らしい。その為か高さも約48mと、観覧車としてはやや控え目である。意味はさておき、景観としてはどうか。場所はアートガーデンのすぐ脇、ウインズ佐世保の横である。7万を超えるLEDが取付けられ、園内のイルミネーションに溶込む形で夜間は確かに見応えがある。だが昼間は明らかにこれまでなかった巨大な物が割込む様に建っている。それはこのテーマパークの図らずも遊園地化に一役買い、元来遊園地好きな私にとってはあながち悪いものでもないが、オランダの街並を模した景観を好む人にとっては甚だ邪魔なものとして映るに違いない。
近年初めてハウステンボスを訪れた私などはさして深い思い入れがある訳でもないので、これを機にジェットコースターだのコーヒーカップ等アトラクションを取入れて本格的な遊園地にするのも一案と思ったり、路面電車や今時のスロープカーを交通手段として敷設してはどうかと思うが、少なくとも現在実現の気配はなさそうである。経費もかかり過ぎるだろうし、企画経営の人達は今そちらに向かう考えを持ってはいないのだろう。

オープン初日は訪ねることが出来ず、今日も日中は慌ただしく出掛けるのは夕方になった。昼間の眺望を楽しめないのは残念だが、光の王国開催中の今は夜間の方が見応えもありそうだ。日に何度も乗る様なものでもないし、昼の観覧車はまた後日改めて乗りに行くことにした。
ハウステンボスに到着すると、駐車場はいつになく車で一杯である。入場門に近い方は既に満車だが、離れた側はまだ空きがあるので停めることが出来た。週末でもあり、始まったばかりの光の王国に皆惹かれてきたのだろうか。この様子だと観覧車も既に長蛇の列が出来ているに違いない。
入場してまずは観覧車乗り場へと向かった。遠目にもわかる程確かに行列が出来ていたが、最後尾に並ぶと係の人曰く「約25分待ちとなっております」とのこと。最低でも1時間は待つことを覚悟していたので、それなら容易いものだ。実際およそ30分程でゴンドラまで辿り着けたし、今夜の気温は10℃前後と来る途で表示を見たが、風が殆どない為並ぶ間に殊更寒い想いをしなくて済んだ。ゴンドラ内はよく暖房が効いており、却ってそれが暑過ぎて感じられたくらいである。
HTB観覧車〜20111126弐
一周およそ11分の空中遊覧は園内の灯りを充分に楽しめるものだった。いやいささか短めだったか。上り出してから頂上まではゆったり感じられたが、後半下りに差掛かってからは瞬く間だった。
ハウステンボスにおける高所からの眺望と云えばこれまではドムトールンだけだった。ドムトールンは高さ105m、展望台はおよそ80mの位置にあり、観覧車は頂上まで上ってもその半分程度の高さである。観覧車のメリットはほぼ360度の視界で、これは限られた角度しか望めないドムトールンよりも更に魅力的である。しかし観覧車から景色を眺めて感じたことは、「やはりドムトールンは高い…」であった。一長一短はあるが、ハウステンボスのランドマーク、シンボルとして今後も君臨するのはあくまでドムトールンなのだろう。尤も広大な敷地のそれぞれ離れた場所に建つ為、お互いに被ることなく魅力を保ち合えるのではないかと思う。

白い観覧車の基本データを記しておく:

名称:白い観覧車「CLARTE(クラーテ)」
場所:アートガーデン
高さ:48m
所要時間:約11分
ゴンドラ:32基
定員:4名(ゴンドラ1基につき)
料金:一般/700円 ファミリエ会員/600円
(売上の1%を東日本大震災の支援金として寄付)

※CLARTE(クラーテ)とは、フランス語で「光」の意。
フランス語なら本来は「クラルテ」と読むのが近い筈だが、観覧車の案内には「クラーテ」と表記されている。

HTB観覧車〜20111126参
posted by 紫乃薇春 at 21:32 | Comment(0) | その他

2011年11月25日

夜景〜11/25

夜景〜20111125

帰り途、思い立って夜の公園を歩く。
まだひと月先のことながら、既に街は聖夜の彩り。
posted by 紫乃薇春 at 22:54 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2011年11月24日

紅い葉

晩秋〜20111124

街路に宿る晩秋。
posted by 紫乃薇春 at 22:24 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2011年11月23日

無題

ほつれた意図の糸。


posted by 紫乃薇春 at 22:12 | Comment(0) | 動画

2011年11月22日

夕景〜11/22

夕景〜20111122

板挟みの街角。
posted by 紫乃薇春 at 21:17 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2011年11月21日

光の王国2011 始動

11月に入っても温暖な日の多い今年の秋であったが、先週の末にまとめて降った雨の後、昨日は最高気温がいきなり前日比-10℃という気温の下がり様。日中も陽射しの暖かさよりも幾分強く吹く北風の冷たさが勝り、外套を羽織るか否か近頃は外出の度に迷っていたものだが一気に冬の装いを纏う格好になった。
訪れた寒波は今日も居座り、風はやや凪いだもののやはり厚手の外套が手放せなかった。明日から徐々に天気は下り坂となり、週半ばにはまた雨が降る様だ。今週後半は更に寒さが募るのだろうか。

昨日は午後まで怠けて過ごしたが、夕方からハウステンボスに出掛けた。昨冬華やぎをもたらした長期のイベント「光の王国」が今年も西涯のテーマパークを彩った。
HTB〜20111120-1121壱
光の王国は一昨日19日から始まっており、出来れば初日に足を運びたかったが生憎の雨。おまけにこの日の日中は長崎国際マラソンが開催され、副題に「in ハウステンボス佐世保」とある様にハウステンボス自体が主催と会場の一端を担う形で付近の道路に交通規制が敷かれるなどあった為、結局この日は行くのを諦めた。一夜明けると雨はすっかり上がって、秋晴れの空。その所為で放射冷却が促され、より冷込みが厳しさを増したとも云えるが、広大な敷地で行われるアウトドアの企画を楽しむには相応しい天気である。
初日の雨でケチがついたのかハウステンボスに着くと駐車場は空きが目立ったが、それでも週末だけあって園内に入ると案外多くの客が訪れていた。遠方からも見える塔(ドムトールン)の電飾がいつもより派手やかで、今年も光の王国が始まったことを告げる。駐車場から入場門に至るまでの灯りも普段より賑やかに見えた。

門をくぐり園内に入ると、昨年お目見えした光の船ハウステンボス号がお出迎え。昨年の光の王国終了後も常設され夜間点灯はされていたが、新たに今年のイベントが始まると灯りが一層豪華になった。それは園内各所に云えることで、年間通じて常設の電飾は随所にあるがそのいずれも明るさを増している様だ。
一方、昨年は光の王国オープニングに間に合わず途中からの点灯であったアートガーデンが、今年は開始と共に一斉に灯り華やぎを見せていた。これまでと明らかに違うのは、傍らの観覧車。先日既にゴンドラまで取付けられた白い観覧車にも電飾が灯り、来る25日の運転開始を控えながら既に異質の存在感を誇っていた。高所から望むハウステンボスといえばこれまではドムトールン展望台の限られた角度のみの眺望だったが、観覧車の運転が始まればより広く見渡せる様になるだろう。光の王国の全容も拝めるに違いない。尤も、昨年のドムトールン同様こちらも夜間は予約が必要になるのではないか。それでなくても夜は長蛇の列が出来て、寒い中順番を待つのも辛い気がする。因みに一周の所要時間は11分だそうで、これは高さ50m内外の観覧車としては標準的なものだろうか。
HTB〜20111120-1121弐
アートガーデンに光のカフェ&バーが開設されたので立寄ってみた。期間限定としてはしっかりした作りで小洒落た店内だが、メニューは食事はなく、珈琲や紅茶等のソフトドリンクとアルコール類がそれぞれ3、4種類あるだけで、ちょっとした寒さ凌ぎと雰囲気を味わう為だけの極めてシンプルなものである。

昨日は行かなかったが、園内をフリーゾーンまで行けばパレス ハウステンボスの庭園など今年も光のショーが催されている様だ。
パレスでは今レンブラントの銅版画を主とした展示も観られる様なので、今度はまだ明るい内に行き、ミュージアムの観賞等もしたいものだ。

奥までは行かず昨夜は引上げたが、出口までの道を寒さに肩をすくめながら歩いていると突然背後からドン、パパパパン、と派手に何かが破裂する音がしたので驚いて振返った。一瞬何処からかわからなかったが、ビネンスタッド地区にある建物の屋根越しに花火が上がっていた。
HTB〜20111120-1121参
慌ててカメラを取出したが打上げは僅かで、辛うじて最後の一発を収めただけで終った。
posted by 紫乃薇春 at 21:43 | Comment(0) | その他

2011年11月20日

夜の観覧車

ハウステンボス〜20111120

光の王国、いやこのテーマパークの新たな目玉となるか。
posted by 紫乃薇春 at 21:46 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2011年11月19日

夜景〜11/19

夜景〜20111119

昨日からの雨がまだ残る週末である。
posted by 紫乃薇春 at 23:50 | Comment(0) | moblog≪夜景≫

2011年11月18日

きらきらフェスティバル in 佐世保 2011

きらきらフェスティバル〜20111118壱
今年で16回目を迎える光の祭典「きらきらフェスティバル in 佐世保」が昨日、点灯式を迎えた。
18時開始であったが式には間に合わず、夜の8時過ぎに市街の中心にある島瀬公園を訪れた。電飾は市内各所にて行われるが、ここが一番規模も大きく華やかだ。街路樹や鉄骨による櫓を利用しての立体のみならず、公園に併設した7階建ての市の美術館の大きな壁面を活かして電画を描く。
毎年異なるテーマに則っているが、今年は時勢を反映してか「かがやけ!佐世保! 日本を元気に!」と題され、被災地をはじめ日本とこの国に住む全ての人々へのエールを込めた内容となっている。三方を海に面しオランダや基督教に縁の深い長崎らしく船や風車、教会らしき図柄もあるが、それを負う様に両手を広げた頓狂なキャラクターの胸には日の丸が描かれ、その背後には日本列島が描かれている。足のないお化けの様なデザインだが、そのフキダシの元を辿ると列島の九州の西の端、つまり佐世保からの発信を表しているのがわかる。「かがやけ佐世保」はこの電飾を意味すると同時に、日本の復興を支える力でありたいとの気概を示してもいるのだろう。尤も普段からそんな心意気を持つ人がこの街にどれだけいるのか、私も含め甚だ疑問はあるが。
きらきらフェスティバル〜20111118弐
フェスティバルは点灯式を行った昨日から12月の25日まで。折角なら年を跨ぐまで灯しカウントダウン等あっても良さそうだが、昨年同様クリスマスまでで終えるらしい。
電飾と云えばハウステンボスでは昨年に続き今年も光の王国が開催され、こちらは明日11月19日から年を越して3月4日まで。園内では例年同様大晦日にカウントダウンダウンも行われるそうだ。かねてより建設中の「白い観覧車」が今月25日には営業を始めるそうなので、傍のアートガーデンをはじめ園内の様々なイルミネーションが高所から一望出来るのではないだろうか。但し、期間中殊に夜間は非常に混みそうで、乗れる前に疲れてしまいそうではあるが。
年末年始はここ十年近く京都で過ごしているが、今年は長崎に留まりハウステンボスのカウントダウンに参加してみようかと思案中。初詣を佐世保界隈の神社で済ませたら、その後はその足で何処かに赴くかも知れない。
きらきらフェスティバル〜20111118参

**************************

今日の日中が極大と云われた今年のしし座流星群。日本での見頃は今朝未明とされていたが、頗る残念な結果になった。元々ピークが昼間である時点で期待薄ではあったが、昨日から空を覆った分厚い雲が黒さを増して、夜半過ぎには流星雨ならぬ文字通り水の雨が降り始めた。
まあ多少活発になったところで10年前の様な夥しさは観られないだろうが、今年は到来前に門前払いを喰った気分だ。
posted by 紫乃薇春 at 21:36 | Comment(0) | その他

2011年11月17日

夕景〜11/17

夕景〜20111117
夕方5時過ぎ・佐世保市街地から見た今日の空。

しし座流星群が明日極大を迎えるそうだが、今年は色々な意味で残念なことになりそうだ。
まず、予想されるピークが真昼間であること。更に輻射点の近くに月があること。そして下り始めたこの空模様である。昨日までなら澄んでいたのに、意地の悪い天気の推移だ。尤も、稀に起こる突発的な活動でもない限り、2001年の様な流星の雨は元より期待出来ないが。
posted by 紫乃薇春 at 21:23 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2011年11月16日

ソライロの日 20111116

2011年11月16日(水)の空色

ソライロの日〜20111116壱

ソライロの日〜20111116弐

見事に快晴。所用で早岐方面に来た折、近くのハウステンボスに立寄り撮影。
先月も青空を捉えることは出来たものの、はびこる雲の隙間を狙って漸くという感じだったが、今月はむしろ雲を探す方が困難な程の空。正に秋晴れと(暦の上では既に冬なのだが)いう清々しさである。

園内はつい先日までのハロウィンムードから一変して、早くもクリスマスの装飾で彩られていた。
ソライロの日〜20111116参
久々に間に合ったチョコレート・ハウスにて過ごす憩いのひと時。
posted by 紫乃薇春 at 20:33 | Comment(0) | moblog≪空模様≫

2011年11月15日

夕景〜11/15

夕景〜20111115

朝から、今日は強い陽射しで
空港のある街へと用あって向かう途。

この後、赤い「跳ね馬」を見た。
posted by 紫乃薇春 at 19:14 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2011年11月14日

零余子飯

零余子飯〜20111114
これも、秋の味覚。
昨年は見当たらず残念に思っていたものが、今年は沢山店頭にあるのを見て即座に買い、炊込み御飯として楽しんだ。

この他に今夜は野菜鍋もあったが、写真を撮り損ねた。
九州の代表的な正月野菜である「かつお菜」が何故かこの時期同じく店頭にあり、驚きながらも購入。ひと足、いやふた足は早い新年の風味を味わった。
posted by 紫乃薇春 at 22:44 | Comment(0) | 日記

2011年11月13日

夕景〜11/13

夕景〜20111113

採用されなかった「心もよう」の最初の歌詞を口ずさみたくなる風景。
但し、今日は車で来た。
posted by 紫乃薇春 at 21:14 | Comment(0) | moblog≪夕景≫

2011年11月12日

無題

稚拙な試作品として:


posted by 紫乃薇春 at 23:26 | Comment(0) | 動画

2011年11月11日

11.11.11

ゾロ目の日。
然るに11時11分自身が何をしていたのか、はっきりとは思い出せない。恐らくボンヤリ過ごしていたのだろう。

今朝方は満月だったそうだが、生憎の雨曇りで月はまともに見えなかった。
posted by 紫乃薇春 at 19:31 | Comment(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。