2010年04月24日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜【葉桜】

月曜日のレポートの後一日か二日休むつもりだったマイ桜報告であるが、実生活の事情に任せ少し怠け気分でいたらいつの間にか中四日も空けてしまった。
この数日は天候が雨がちだったことも報告の足を鈍らせる理由のひとつであったが、火曜日の夜はよく晴れた。マンション等中高層のビルが多いこの街並は高台に登らないと案外空が狭い。ビルとビルの谷間から僅かに覗く西の空に宵の明星が爛々と輝いて見えたのが殊の外印象的だったのを覚えている。
昨日も春霞を纏いながらも晴れ間が戻る一日となったが、夜半を過ぎさらさらと音がするので屋外を窺うとまた雨が降っているのだった。週末は晴れの予報もこれで不意かと溜息をついたが、今朝方には止み雨が汚れを洗い流して夕方まで心地良い青空が広がった。

マイ桜〜20100424接写
前回訪れた時にはまだ一握り残る花の群が見られたが、降雨に強風を伴う数日を経て久々に見るとさすがに花はいずれも散り落ちていた。…いや、だが樹の隅々まで見回すと上枝に一輪、咲き遅れた花が五枚の花びらを残しているのを見つけた。おまけにまだ開花し切っていない。現在辛うじて見られる花も他は全て開き切り、花びらの一枚ないし二枚程度がどうにか留まっているという状況の中で、この花は今まで何処に隠れていたのだろう。
マイ桜〜20100424定点
定点観測対象の枝は葉がほぼ伸び切った。だが楽しみにしている実が殆どもがれてしまい、残るは僅かに一粒のみである。自然に削げ落ちたものか、或いは人為的に間引かれたのか。鳥や小動物の一部も桜の実を食すると云うが、柄から綺麗に除かれているので(人間以外の)動物の仕業とは考え難いが如何だろう。
その他の枝も花柄が落ちたり、残るものも粗方は萼が既に剥がれているので、一頃は紅い斑の目立った全景も今はほぼ若葉一色である。
マイ桜〜20100424全景

未明の雨の痕も殆ど見当たらず、今日は終日気持ちの良い気候に恵まれた。風はあるが微風で、日陰は幾分肌寒いが陽向はポカポカ。春と云うのはこんな日を云うのだろう。
一方で関東地方においては先日降雪記録を四十一年振りに更新とのニュースを聞いたばかりなのに、更に昨日は四月下旬として五十八年振りとなる真冬並の寒さ到来等とおかしな気候が続いている様だ。関東ばかりでなく東北の福島辺りでも漸く咲いた桜に雪の積もる映像が映し出され、気象の危うさを促していた。
こちら九州北部でも気温や天気の変りが激しく、風が吹けば甚だしい強風となるなど不安定な空模様が目立っているが、関東やその他のこの頃の話を聞くとまだ穏やかな方なのかと思えてしまう。
この晴天は週末限りで、来週前半はまた荒れるそうだ。


posted by 紫乃薇春 at 22:35 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。