2010年04月18日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜【葉桜】

今年の天気は長持ちしない。二日ばかり続いたこの度の晴天も、今日は雲に押しやられてしまった。
明け方まではまだ晴れていたので今朝も夜明け前にベランダから星を眺めていたが、前日よりは霞が多かった。日が上る頃には雲がたなびき始めて見る間に空を埋めてしまった。

接写を二枚。一枚目は定点観測対象のものである。
マイ桜〜20100418定点
マイ桜〜20100418接写
大分ふさふさと育った桜の葉。まだ伸びる余地はあるのだろうが、夏の桜葉と見劣りしない程になりつつある。ただ新緑という様に、葉の色はまだ若々しい。
幾度となく記した様に実が熟すのを楽しみにしているが、人の手によってもがれたものか強風その他で落ちたのか、花柄が生え際から除かれてしまっているのがあちこち目につく。ソメイヨシノの実が完熟まで残るのは少ないというが、今年も試食は幻で終るのだろうか。

全景写真。
マイ桜〜20100418全景
遠目に見ても若葉の色が樹全体に、顕著に見られる様になった。紛れて紅い点々が滲んで見えるのはまだ萼を被った花柄、上枝の一部の白っぽい斑の様なものは残った花である。本当に、完全に散るまであと僅かになった。

気温は上昇傾向にあるが、天気は下り坂。今夜は曇りのまま保ちそうだが、明日の晩からまた雨になる様だ。新緑の季節には降雨が桜の成長を促す様な気がするが、その分日照時間が減ることでもたらされる悪影響もあるだろう。
地球温暖化が叫ばれて久しいが、今年は先日関東地方で41年振りに遅い降雪の記録を更新するなどおかしな気候が目立つ。この一例だけで温暖化に異を唱えるのは早計と思われるが、今月14日発生したアイスランドにおける大規模な火山の噴火は大量の火山灰を吐出し、欧州を中心に約二十カ国の空港を閉鎖させるなど被害が拡大しているという。こうした火山灰は地表に届く日光を遮る為、このひとつの噴火だけでどの程度の影響があるかは定かでないが、同様の噴火が今後各地で幾つか起きれば温暖化から一転して寒冷期が訪れる惧れもないとは云い切れない。
何だか桜の話から外れてしまった様な気がするが、花の咲き方のムラや開花時期の極端なズレ等こうした天変と決して無関係ではない筈だ。


posted by 紫乃薇春 at 22:18 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。