2010年04月12日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜

雨は午過ぎまで降り続いた。幸い風が弱めだったので衣類をさほど濡らすことはなかったが、梅雨時の様に湿度が高めで居心地の悪い半日を過ごした。
午後雨は止んだが、入替る様に風が出始めた。数日毎に強風に見舞われるのは土地柄だろうか。それとも近年の異常とされる気象の一環だろうか。関東に住んでいた頃も勿論風の強い日はあったが、こんなにしばしば吹き荒ぶという印象はなかった。
風が雨雲を吹き飛ばしたのか夕方には晴れ間が俄かに覗き始め薄気味悪い程の爽やかさが訪れた。だが風はそこで止まずに吹き続けた為、心地良さも何処かに飛ばし去ってしまった。
マイ桜〜20100412全景
降雨の後の強風は散る花を後押しする。昨日葉桜を宣言したマイ桜であるが、今日は一層花の色を失いつつあった。すっかり散ってしまったならばむしろ新緑のの鮮やかさと共に清々しい気分を満喫出来るが、まだ僅かに花の残る今くらいの時期が一番寂しさを覚える。
花は粗方散ったのに全体は却って強く紅味を帯びて見えるのは、まだ多くの花柄が花萼を残している所為である。萼の色は花びらよりも濃く、見た目の紅は増しているが、華やかさはない。

昨日見つけた桜の実が今日は更に沢山目につく様になったが、果たしてその内どれだけが熟すまで残るだろう。今日の雨と風で新たに無数の花が地面に散った。
マイ桜〜20100412地面
花びらだけでなく花柄ごと落ちているものが目立つので、この調子で今後も落ちれば完熟するまで樹に宿る実は殆どなくなってしまうだろう。残るものも多くは鳥や小動物に食べられてしまうとも聞く。或いは人為的に間引かれてしまう実もあるかも知れない。
昨年一昨年とマイ桜に選んだ鎌倉の桜は実がついたと思う端から除かれてしまい、結局一粒も口にすることが叶わなかった。花見向けの桜の実が食用のサクランボと比べ食味において引けを取るのは確かだが、よく熟したものは独特の苦味と酸味(所謂エグ味)の奥に仄かな甘味があり思いの外美味しいものだ。
人の手によって作り出されたソメイヨシノの場合、野生種の山桜や大島桜等と比べても更に味が劣るとも云われるが、もし運良く完熟する実があるば今年こそ食べてみたい。
マイ桜〜20100412定点


posted by 紫乃薇春 at 22:03 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。