2010年04月07日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜

昨晩雨は降らなかった。大気が霞み湿った匂いを確かに感じたが、夜半から荒んだ強風に雨雲が吹き払われたらしい。夜通し屋外から不穏な騒ぎが聞こえ、朝を迎えて音は益々けたたましさを増した。風は北風の様で、降雨の代りに乾いた寒波をもたらした。
だがこの風は花散らしの風でもあって、既に盛りを過ぎた各地の桜を傷めつけた。春物衣類で出たことを恨めしく思う程の冷込みも、既に根元の緩みきった花びらを引締める力にはならなかった様だ。遅咲きのマイ桜などはまだ花の風情を留めているが、境内のその他の桜を初め早く満開を迎えたものは軒並花を落とし葉桜の佇まいへと姿を変えた。
桜プロジェクト〜20100407定点
昨日はまだ数枚残っていた定点観測の花びらがとうとう全て散ってしまった。いやよく見れば僅かに一枚切れ端が留まっているのだが、最早残っているとは云えない。
だが背後の花は今日の風にも耐え、五枚の花びらを健気に保っている。
桜プロジェクト〜20100407全景
さくらプロジェクトが始動して、当初は定点観測対象の蕾の成長が遅いことからその花が散り終える頃を目安に葉桜を名乗るつもりでいたが、全体を見回すとまだ多くの花が咲いている。これでも三割近く散ってしまったが、少なくとも遠目には葉より花が優勢だ。
この形勢が顕著に塗替えられるまで今暫くマイ桜は「花」と報告しておこう。

今日は晴れ晴れとした青空に恵まれたが、肝心の桜が強風に怯みまた萎びてしまった。
満開を迎えたばかりの頃こうした晴天に、風ももっと穏やかな日に巡り会えればと零してしまうのは贅沢というものか。
桜プロジェクト〜20100407接写
ウェザーニューズの今朝の朝刊メールに「この風でいよいよ桜花も見納め」と載っていて、花祭を迎える前にそれは辛辣な…と思わないでもなかったが、実際辛うじてまだ見頃の桜もごっそりと散ってしまったのは確かだ。
花が去っても桜が寿命を終える訳ではなく、さくらプロジェクトも今後葉桜そして実がなるまでと報告は続く予定だが、もうじきひと区切り。折返し地点が迫ってきたとは云えるたろう。
この風は明日も続くのだろうか。


posted by 紫乃薇春 at 22:25 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。