2010年04月02日

【さくらプロジェクト】本日のマイ桜【散り始め】

甚だしく荒れた天気は夜中の内に鎮まり、時折やや強く吹く風だけを残して今日は穏やかな空が訪れた。
九州北部のこちらでは雨は日付の変る前にほぼ止んだが、関東地方では今朝まで大荒れが続いたらしく、雨よりも風の影響が強い様だが交通機関にもかなり支障を及ぼしているとニュースで知った。

この一晩で神社の桜は花の色をすっかり失ってしまった様に思える。散り始めていた境内の桜の中にはおよそ半分近い花を落としてしまったものもある。
マイ桜は「満開」を昨日一日しか保てなかった―というより実の処、満開を知らずに峠を過ぎてしまったというのが正しい。定点観測対象としていた花も処々欠けた花びらが目につく。
マイ桜〜20100402定点
樹全体を見ると昨日より満開らしく見えるのはいささか皮肉である。散る花びらの傍らでまだ開ききっていない蕾が少なからずあり、その何割かが今日開花し賑わいを辛うじて支える形である。
マイ桜〜20100402全景
しかし昨日の雨風は桜花にとって余程の打撃となった様で、今咲いている花も悉くやつれて見える。実際、満開になる頃に強い雨と風が襲い、おまけに気温も上昇するのは花期を縮めるという意味で最悪の巡り合わせではないだろうか。
満開になったら写真をいっぱい撮ってアルバムを作りたいと目論んでいたが、レンズを向けるのが正直痛々しい。

昨年を振り返ると満開を宣言したのが4月4日、散り始めが4月8日。今年は満開が3日早く、散り始めに至っては6日も早い。土地の差と云ってしまっては身も蓋もないが、花がすっかり落ちてしまうのもかなり早いに違いない。
まだ残っている上枝の蕾に花祭の希望を託すことになりそうだ。
花が衰えゆくその狭間から若葉が少しづつ伸び始めている。新緑が完全に幹を覆う頃には感傷も失せるだろうが、今は季節の移り変りを目の当たりに見る様で哀しい。眼下に積もる花びらが更に切ない。
マイ桜〜20100402花弁


posted by 紫乃薇春 at 21:47 | Comment(0) | 桜プロジェクト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。