2007年08月11日

真夏日の午後

真夏日の午後〜20070811
花火大会翌日の午後。前夜は早く寝て、伊豆のシャボテン公園か横川の鉄道文化村辺りへ行こうと相方と相談していたが、結局夜更し、寝坊して脆くも企画は潰えた。
だが、或いはそれが正解だったかも知れない―お午頃外出し、日向に出た途端眩暈がした。寝不足の所為もあろうが、明らかに真夏日の線を超える気温。出遅れたとはいえ半日は空いているので、鎌倉、もしくは北鎌倉散策に費やそうと新たな案にわくわくしつつある処だったが、やる気と呼べるもの全てを容易く喪失させる陽射しに今日の敗北を感じた。伊豆にせよ横川にせよ現地に行けば楽しかろうが、この太陽の下に曝されながら半日を過ごしたらともすれば熱中症、身の危険を感じたからだ。
ひとまず街中の飲食店に駆込み、日除けを兼ねて昼食を摂ることにした。といって食欲も余りないので、梅おろし蕎麦を頼んで食す。蕎麦の喉越し、梅の酸味におろしの爽やかな辛味でほっと息をついた。

立秋を過ぎてからむしろ連日襲う猛暑には辟易するが、これが残暑というものか。
この後、何処へ巡ろうというはっきりした目的も無くなってしまったが、もう少し日が下がり出したら夕涼みに鎌倉の小径を散策するのは有としたい。
今日の様な空の下、長い直線の続く道を歩いたら「逃げ水」というものにお目にかかれそうに思うが、好奇心と引換えに急病を患うのも今は避けたい。

明日こそは早く起き、何処かに繰出したいと目論んでいるが、果たして。気温と陽射しが幾らかでも和らいでくれることを祈りつつ。



(出先にて携帯投稿の為、後刻編集予定)


posted by 紫乃薇春 at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。