2007年08月04日

2007年よこすか開国祭 開国花火大会(動画)

「2007年よこすか開国祭 開国花火大会」の模様、携帯での動画を一本撮ったので、こちらに掲載しておく。



posted by 紫乃薇春 at 23:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 動画

2007年よこすか開国祭 開国花火大会

横須賀花火〜20070804
昨年も訪れた「よこすか開国祭 開国花火大会」を今年も観た。同日神奈川県内では各所にて花火大会が開催された様だ。ざっと思いつくだけでもこの横須賀の他に酒匂川(小田原)、茅ヶ崎、厚木、芦ノ湖(箱根)等。この内芦ノ湖は遠過ぎ、厚木も行くのに手間がかかるので初めから候補になかった。茅ヶ崎は自宅から一番近いがいささか規模が小さい。尤もそれを云えば馴染みの深い鎌倉の花火は実は更に規模が小さいのだが、扇形に開く独特の水中花火が余りにも有名で、毎年全国各地から異常な程の観客が押寄せる知名度と人気を誇る。
酒匂川か横須賀か当日まで迷っていたが、結局より土地勘のある横須賀に行くことにした。花火大会は時間は短めで良い。予定開催時間約40分間の内におよそ1万発という凝縮された密度にも惹かれるものを感じた。

予定より1時間程寝過ごし、JRに乗って横須賀駅に降立ったのは夕方の6時前。昨年は記念艦三笠のある三笠公園から観たが凄い人込み、おまけに案外障害物が多く必ずしも好ましい観覧場所とは云えなかった。今年はうみかぜ公園を狙っていたが、時計を見てこれから歩いていったのでは出遅れも良い処だ。タクシー乗場に並ぶと、前に並んでいた老紳士が話しかけてきて、やはりうみかぜ公園まで行くのだと仰云る。宜しければ御一緒に―との御好意に甘え便乗させて頂いてしまった。
うみかぜ公園に着くと老紳士に礼を云い、辺りを見渡すと既に大勢人が出ている。それでも昨年の三笠公園よりはまだゆとりがあって、園内を軽く半周程した後手頃な場所を見つけて荷物を下ろし、夜7時半の開始に備えた。

花火はお馴染みのスターマインや眼鏡、土星、花等を象った可愛いもの、尺玉も幾つか上がったろうか。打上台からほぼ真横に向け浅い角度で上がり、一瞬「ひょっとして失敗か?」と冷やりとさせた後、その火の墜ちた辺りから花が咲く花火があったが、もしかしたら新作だろうか。同様の花火が他の種類と組合せ何発かあった。最後は「空中大ナイアガラ」と呼ばれる華々しい連続花火を以て終了。花火大会にしてはやや短めの40分という時間は瞬く間に過ぎた。
帰り道、少し回り道をしながらこの宵はさすがに何処を歩いても激しく人・人・人。ショッパーズ・プラザの前を過ぎ、漸く人の波も少し落着いたかと思ったが、横須賀駅に辿り着くとまたしても人の壁。それでもどうにか改札を経て来た列車に乗車。先程地元に戻ってきた処。

今年は8月10日(金)、平日だが職場と交渉し休みがもらえたので、数年振りで鎌倉の花火大会にも行かれそうだ。雨など降らず、風も穏やかで無事当日開催されることを祈る。



(出先にて携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

山百合〜20070804
週末、山道を抜けて最寄の駅へ向かっていると道端の小高い処に山百合が咲いていた。一枚写真を撮り道の反対側を見ると、そちらにも咲いている。この場所は数年前にも山百合がやはり咲いた場所だった。暫く見ないので廃れたかと思っていたが、地下茎は生き続けていたのだろうか。
自宅から最も近くの公園は、山百合公園と呼ばれている。私の一家が世田谷から引越してきた頃からずっとある、この辺りでは古い公園だ。だが私はその公園で山百合が咲いている処を見たことがない。名ばかりなのか、それとも見逃していただけだろうか。いや、その公園でよく遊んでいた時分、山百合という花をまだよく知らなかったのだ。

今宵は横須賀まで、花火を観に行く処。酒匂川、茅ヶ崎と他にも候補はあったが結局、昨年も訪れた横須賀に行くことにした。
昨年は三笠公園で観覧したがとにかく人でいっぱいだった。何処も似た様なものだろうが、今年はうみかぜ公園に行ってみようと思っている。



(出先にて携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | モバイル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。