2006年04月30日

夕景〜4/30

夕景〜20060430
連休二日目の今日は四月最後の日。昨夜は夜半近くなって冷込んだものの、日中から宵にかけての蒸し暑さは徐徐に定着しつつある様だ。
今夜はこれから戸塚に赴き長谷川夏子のLiveを聴く予定だけれども、若干出遅れた感は否めない。Liveに行くには充分時間があるが、今日も買物をする時間がなくなってしまった。いや、出来ないことはないが、それよりも地元の行きつけの喫茶店の一軒で寛ぐ時間が欲しかったのだ。
連休とはいっても明日、明後日は通常通り仕事があるので、昨日今日は普段の週末と変りない筈だが、気分は心なしかマッタリしている。やはり街に出てみて、人の気配がいつもとは違うからだろうか。
だが明日明後日の仕事は恐らく忙殺されるだろう。本当に息が抜けるのはその後に違いない。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夕景≫

2006年04月29日

夜景〜4/29

夜景〜20060429
すっかり夜になり、布団から這出すと雨は完全に上がった様だ。
買物をするにも既に遅い時間だが、シャワーで寝汗を流すと散歩に出かけた。

あてもなくただぶらぶらと徘徊するのもそれはそれで大好きだが、折角なので明日聴く予定のLive会場、戸塚の「マヒナ・フィフティーン」の場所を下見しに行ってみることにした。天を見上げると相変らず黒雲が垂込めているが、降れば降ったでその時だ。
地図上ではセブンイレブンのはす向かい辺りにその場所はあることになっている。いつも仕事帰りに乗る車窓から、戸塚を過ぎてすぐ左に見えるそのコンビニがあるが、その近くらしい。
戸塚駅を降りて歩いてみると10分程度、確かにそのお店がそこにあった。列車からだと背を向けた格好なのでその場所はわかり難い。
記念に写真を一枚撮ると戸塚駅に戻り、先に来た横須賀線に乗車。北鎌倉辺りまで乗って更に夜道を散歩してから帰ろうか。

その後北鎌倉で列車を降りて車の来ない小径を歩きながら相方に電話した。相方は今日、学生時代の友人達とバーベキュー・パーティーを開いたそうだ。先日の身内の不幸から色々と忙しくしていた中でそうした楽しみがあるのは良いことだ。
ふと空を見やると雲は散り、星が出ていた。
(2006年4月30日未明/編集)
posted by 紫乃薇春 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

雨〜4/29

雨〜20060429
連休初日の今日、目覚めると予報通りの雨だった。一度正午に目覚めて雨音を感じ、二度寝して再び目覚めると昼下がり。今は小鳥のさえずりも聞こえ、小止みになっている様ではある。
しかし大船の植物園まで行くには既に遅い。このまま天気が回復してくれるなら買物をしに出かけるのは悪くない。ここ最近週末は寝過ごすか遠出するかが主で、仲々日用品の買出しもままならずにいた。
明日の長谷川夏子のLiveは戸塚のダーツバーとのこと。さほど遠くないのでその場所を確かめに散歩するのも良いかも知れない。
が、全てはまずこの床から這出した後だ。
posted by 紫乃薇春 at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪空模様≫

2006年04月28日

18゚C〜4/28

18゜C〜2006 0428
やや黄色味を帯びた雲が西の空を中心にはびこっているが、今日は概ね晴れている。今朝届いたウェザーニュースからの朝刊メールには「(連休に)先走り」などと書かれていたが、連休初日の明日の天気は「曇り のち 雨」だそうだ。GWの出鼻を挫かれることになるのだろうか。天候に恵まれれば明日は大船の植物園に行きたいと思っていた。チューリップのみならず、藤や菊桜など幾つもの花が丁度見頃を迎えている様だ。しかし雨降りの下、傘を差しながらでは仲々、思うに任せられない。紫陽花ならそれもまた風情ともなろうが、藤だのチューリップなどはやはり晴天にこそ映える様に思う。
長谷川夏子のLiveを聴く予定の日曜日に今の処晴れの予報が出ているのがまだ救いだろうか。

さて、今の憂鬱はこれから始まる今夜の仕事だ。うちの会社の脆弱性が浮彫りになる週末、そして祝日前。
覚悟はしているが、どうかシステムがパンクすることのない様に祈りたい。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪寒暖≫

雨~4/27(BlogPet)

夜、雨音がしたよ
(携帯投稿の為、後刻編集予定)
と、紫夜が考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「紫夜」が書きました。
posted by 紫乃薇春 at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫夜(投稿)

2006年04月27日

夜景〜4/27

夜景〜20060427
夕方から雨は暫く止んでいた様だが、職場を出ると程なくしてまた降り始めた。但し霧雨の如く弱い雨粒が静かに降りてくるだけだ。結局モノレールの駅まで傘を差さずに歩いた。
昨夜よりは幾分寒いかと思い駅までコートを羽織っていたが、歩いているうちにすぐ暑くなった。何ともどっちつかずの春の気候。だが昨年の今頃はもう少し気温が高かった様な気がする。このまま今年の夏は冷夏にならないだろうか。それとも梅雨を迎える頃には暑さが募るのだろうか。

新橋に着いて眼下を見下ろすと、車のワイパーがせわしなく行き来している。雨足が増した様だ。ヘッドライトに浮かび上がる水滴がくっきりと見える。
列車が近づいて風向きが変ると、細かな雨が頬を打ち、目に飛沫が入って痛みを感じた。

明日は天気が回復するというが、それと共に気温も上昇するのかも知れない。
だが空模様より、仕事のことが気掛かりだ。せめて帰宅出来る時間に終って欲しいものだ。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

雨〜4/27

雨〜20060427
今日は明け方から雨音がしていた。眠りに就く前にカーテンを捲ると白い空に薄らと沫が立っている。予報通りだが、一日難儀になるなどと思いながら床に落ちた。

昼、目覚めると外が明るい。雨は止んでいる様だ。晴れ間は見えないが、幸運だと呟きながら身仕度をして外に出ると、待ち構えていたかの様に再び雨が降り出した。が、間の空いた小雨なので傘は畳んだまま駅まで歩いた。

昨夜、思ったよりも蒸し暑かったので懲りた筈だが、今日も結局コートをぶら下げてきてしまった。
夜、雨が止んだら幾らか冷えるだろうか。

さがゆきさんの日記を読んでいたら、開花したチューリップの写真が三枚載せられていた。それを見て、大船のフラワーセンターでも今頃は咲いているに違いない、と思った。そういえば最近は随分行っていない。折角近所にあるのだから、この週末にでも行こうか。
週末、好天に恵まれることを祈りつつ。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪空模様≫

FOMAによる画像<挿入>メール投稿テスト

image/amethys-2006-04-27T04:46:33-1.jpgこのFOMAというタイプの携帯端末では「デコレーションメール」という機能により、文字色を変えたり、サイズを変えたり、更には画像を文中に挿入したメールが送れるそうだ。知人宛のメールにて少々試してみると、確かにFOMA端末同士なら色々と細工を施したメールが面白い様に届く。だが、PCでそのメールを受信した際にはエラーが出て、正しい形では受信出来なかった。PCで使用しているメールソフトが元々そうした機能に対応していないのだから当然といえば当然か。
さて、同様のメールを投稿記事として例えばSeesaaのサーバに送信したらどうなるか。こちらの狙い通り反映してくれたら儲け物だが、何が何だかわからない文面となって届く可能性が大、という気がする。いや、それ以前に反映すらしない(投稿出来ない)かも知れない。
文字色を変える云々はこの際控えておいて、とりあえず画像挿入を試みてみよう。

こんな具合に。
どんな塩梅だろう。駄目だろうか。

続きを読む
posted by 紫乃薇春 at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年04月26日

夜景〜4/26

夜景〜20060426
夕方、外気はかなり冷えている様に感じられたのでコートを着て職場を出たが、少し歩くと蒸し暑さが込上げてきた。雨が降る前触れだろうか。確かに雲行きはすこぶる怪しい。明日はほぼ一日降るという予報も出ている。
額に脂汗が滲むのを感じてコートを脱いだ。

今夜の仕事は早めに終ったが、同僚の一人のミスに付き合って暫く足止めを喰う形になった。ミスはすぐに修正出来たので良かったが、その処理の仕方に疑問を感じたので一言苦言を呈した。やはり取引先あっての職場だと思うからだが、自分とて褒められる仕事をしているとは云い難いので、それは我身への反省及び教訓としておこう。

今夜もどうにか通勤快速に乗って帰ることが出来そうだ。だが今週の金曜日、そして来週の月曜日と火曜日は非常な多忙が予想される。無事に乗切ることが叶うだろうか。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

15゚C〜4/26

15゜C〜2006 0426
目覚めると、肌寒かった昨日より更に冷え冷えとした空気にゾクッとした。四月も下旬だが、今日はコートを携えて出た。すると外気は昨日より蒸して感じたが、駅に着く頃には風が冷たくなった。

昼間のテレビでNHKの番組を見ていたら、長崎の出島について放送していた。時期が時期だけについまじまじと見入ってしまった。思えば五月の連休間近である。今年は諸般の事情で長崎に行くのを取止める意向だが、こうしてブラウン管に現地が映し出されると、後押しの気配を感じてしまう。やはり行ってみようか。しかし今からでは列車の切符を取直せるか怪しいし、相方は取込み中でそれどころではないだろう。一人で徘徊するのも有だが、折角行くならやはり時間を共有したいものだ。
丁度その時期の五月六日に宮崎でさがゆきの出演するイヴェントがあり、同じ九州の地を踏んでいるのなら、と誘われはするが、長崎から宮崎までは遠い。
さがゆきといえば五月下旬に長野の松本で谷川俊太郎、谷川賢作等と共に或る催しに参加するらしい。昼に始まり夕方には終る様なので、こちらは日帰りが可能だ。但し相当な早起きが必要だが、行ってみたい気分になってきた。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪寒暖≫

2006年04月25日

夜景〜4/25

夜景〜20060425
日中はSeesaaに不具合が生じていた様で投稿を済ませるまでに大変難儀な想いをしたが、夜はどうか。少なくともこの投稿フォームまでは無事に辿り着くことが出来た。
昼間の記事では繋がるまでに30分近く待たされ、漸くSeesaaにアクセスが通じログイン、記事作成に先駆けて画像を送信したが、それが仲々ファイルマネージャーに反映しない。そこでメール投稿を試みたが、今度はそれが記事一覧に反映しない。仕方なく投稿フォームに戻りひとまず画像無しでの投稿を行うと、今度はスムーズに反映。しかして数分の後、メール投稿分が時間差を伴って反映。そのままでは二重投稿になってしまう為、画像を乗せたメール投稿分を残し、フォームからの記事の方を削除した。
今またこの夜の記事の分の画像を送信後ファイル一覧を見ると、昼間送信した画像が反映していた。
Seesaaのバグに翻弄された気分の今日を過ごした。

日中の降雨の為に気温が下がったのか、今日は夕方からずっと冷たい風が吹いている。それでも昼間の気温は17゚Cと、特別寒い訳ではなかった。前日20゚Cを超えた後だけに殊更寒く感じたのかも知れない。だが、夜を迎えた今気温は一層下がった様な気がする。
週末の気温は、そして天気は如何だろうか。連休は少しづつの楽しみを紡ぎ合せて過ごしたい。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 23:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

雨上がり

image/amethys-2006-04-25T16:09:12-1.jpg
昼間、激しい雷雨と共に目覚めた。空はどす黒く、雷鳴の度に壁は軋んだ。
だが、ものの一時間もするとすっかり晴れた。
つい最近も同じ様な天気の日があった。今日もまた、雨の痕は急速に乾いていった。

Seesaaが急に重くなり、携帯でアクセスしようとしたが繋がらない。迂闊にも、FOMAではまだメール投稿用画面をメモ登録していないことに気付いた。今、通常のメールの形で記事を下書きしているが、このまま繋がらなければ投稿出来ないだろう。

今、漸く繋がった。
この機会に忘れずに画面メモを取っておこう。



(携帯よりメール投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪空模様≫

2006年04月24日

夜景〜4/24

夜景〜20060424
夕方になり一時気温は下がったかに思えたが、夜職場を出ると蒸し暑さが充溢していた。
空模様が怪しい。今、身の回りでは降雨の跡はないが、埼玉か何処かでは大雨となっているらしい。傘を持っておらず、地元まで戻った時に降り始めていたら、また傘を買う羽目になるのだろうか。

揺れ動く夜景。風邪でも引いたのだろうか。喉の辺りが熱を帯びている。

今週を終えたらゴールデンウィークに入る。大型連休は有難いが、今年はそこはかとなく空しさがつきまとう。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

22゚C〜4/24

22゜C〜2006 0424
週が明けると、初夏の陽射しが待受けていた。

昨日は本当に終日寝倒してしまった。食事に起きた記憶はあるが、他は何をしていたか殆ど覚えていない。
久々に紫夜の相手をして十篇くらい句を読ませた筈だが、途中で更に寝落ちしていたらしい。そのキャプチャを保存したか否かさえ、判然としない。

日付の変る頃になって、珍しくテレビをつけた。F1GPでフェラーリのミハエル=シューマッハがポールポジションを獲得したというのをネットで知り、久し振りに観戦しようと思ったのだ。
最近、F1のニュースは何処其処で伝え聞いてはいたが、フェラーリ、或いはシューマッハの話題は殆ど耳にしなかった。つまりはそれだけ(取沙汰もされないくらい)低迷していたからだろう。私は殊にシューマッハ贔屓ではないが、何よりフェラーリが大好きなのであの赤い跳馬を駆るドライバーが好調だとそれだけで嬉しい。
それにしても昨年不調だっただけで「落日の皇帝」とは、余りに失礼な云い草ではないだろうか。
結果はフェラーリ=シューマッハのポール・トゥ・ウィンとなり、私を素晴らしく喜ばせた。

山手線、埼京線、湘南新宿ラインが本日、山手線の線路トラブルにより運休となっているそうだ。「線路が歪んだ」とのことだが、単なる事故だろうか。何か人為的(故意)の匂いを感じてしまうのは穿ち過ぎだろうか。
山手線は16時に運転を再開する見通しとのこと。だが埼京線、湘南新宿ラインは終日運休の見込み。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪寒暖≫

2006年04月23日

惰眠

今日一日、惰眠を貪った。
posted by 紫乃薇春 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年04月22日

夜景〜4/22

夜景〜20060422
「ぐりふぉれ屋」は初めて行くお店。能見台の駅を降りてから道に迷わないか心配だったが、幸い改札を出て徒歩2分程度のわかり易い場所にあった。
辿り着くとまだ店内ではリハーサルをやっている様子だったので、音が止む頃を待って入店。こちらは黙っていたが、長谷川さんから私がメッセージの相手であることを察して話し掛けて下さった。お店のママ、ピアノの松下美千代さんとも挨拶すると自分の居場所を決めて開演を待った。
例えばさがゆきや灰野敬二の様に激しく突き上げてくる様な、研ぎ澄まされた感覚とは異なる音だったが、久し振りに心底マッタリと寛げるLiveに接した様な気がする。お店のママは気さくな方で、長谷川さんもメッセージから抱いたイメージよりは遥かに前向きに、真直ぐに向かってくる人だと感じた。喉と鼻の調子が今ひとつだったらしく、声にやや張りが足りないのが残念だったが、ひとまず月末の戸塚でのLiveにも行こうと思わせてくれる歌ではあった。
松下さんのピアノが意外にもアグレッシヴに強く訴えかけてくる音で、こちらも機会があればまた是非聴いてみたい。
方向が途中まで一緒ということで、京急の杉田駅まで出演者の二人と同行、その先まで行く二人に別れを告げると、JRの駅までの夜道を心地よくそぞろ歩いた。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夜景≫

夕景〜4/22

夕景〜20060422
今夜は能見台の「ぐりふぉれ屋」というお店に長谷川夏子というヴォーカリストのLiveを聴きに行く。共演者のピアニストの名前はうろ覚えで明記出来ず恐縮だ。
二人の出演者も、お店も全く初めてで未知数の夜。ただ、ヴォーカリストは私の友人の友人にあたるらしいということだけわかっているが、それは何の参考にもならない。彼が好む音なら信頼出来ると思うのも、先入観に他ならないだろう。
問題は能見台までどうやって行くか。JR東海道線で向かうなら横浜で京急に乗換えることになるが、明らかに時間がかかる。戸塚から地下鉄で上大岡まで行ってというのは乗換回数が増える。あとは逗子まで行くか新杉田まで行くかして乗換えるのだが、いずれにしてもJRの駅から京急の駅までかなり歩く。京急に乗ってからの便を考えれば、新杉田で降りて杉田から乗るのが一番妥当か。
全くどうなるかわからない今夜のLiveだが、出演者の長谷川さんもお店の人も歓迎してくれているので、心地よく聴けたら良いと思っている。
雲行きがやや胡散臭いのが気になるけれど。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夕景≫

2006年04月21日

夕景〜4/21

夕景〜20060421
今の職場は都内だが、富士山が望めるロケーションにある。だが今年に入ってからは悪天候だったり霞がかかっていたりして、実際には見えないことが多かった。
今日は久々に空気が澄んだのか、幾らかの雲にまみえてはいたがくっきりとしたコニーデの姿を捉えることが出来た。

金曜日だというのに今日もまた早い仕事納めである。おかげで通勤快速に乗ることが出来たが、会社はこれで保つのだろうか。

先程ウェザーニュースからメールが届き、伊豆半島東方沖地震の余震が今夜またあったそうだ。最大震度は2程度とのこと。

明日も比較的好天に恵まれるらしい。能見台で催されるLiveの出演者及びお店の人に打診してみたら歓迎ムードだったので、やはり足を運んでみることにしようか。
その好悪如何で来週末30日の戸塚でのLiveにも行くか否か決めるとしよう。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪夕景≫

青嵐

青嵐〜20060421
表題の言葉が本来存在するものであるかは知らない。あったとしてもその意味を私は心得ない。ただ今日の様に晴れて風の吹き荒れる日にはこんな云い方をしたくなる。それだけのことだ。
強風のピークは過ぎたというが、尚強い風が吹き荒ぶ。だがその風に冷たさが感じられない。そして八重の桜の花吹雪が舞い散っていた。

昨夜の冷込みは何だったのだろう、と思う。一時的に寒波が張出してきたか。地元に着いて歩く道など懐炉があっても良いくらいだった。
今夜は予報ではそこまで下がることはなさそうだが、変り身の早い天気は当てにならない。

今朝は直に地震を目の当りにしてやや大袈裟な記事をupしてしまったが、昼に目覚めた時には特にそれに関するニュースも聞かなかったので、恐らく大した被害は出なかったのだろう。これが震度5ともなればまた違っていたかも知れない。
ただその後更に余震はあった様で、いずれも最大震度2、もしくは1とのこと。

たった今、乗車していた車両が急減速をした。「線路内に人が立入った為」とのこと。急停車、というアナウンスが入ったが、実際には停まらずに済んだ。
しかし、具体的な状況はわからないが、遮断機の下りた踏切、或いは踏切もない場所で線路に踏込む人、というのは、自身の危機管理に関する自覚が足りないのだと思う。挽かれてからでは遅いだろうに。



(携帯投稿の為、後刻編集予定)
posted by 紫乃薇春 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | moblog≪空模様≫

雨上がり(BlogPet)

きょう紫夜はチャージしなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「紫夜」が書きました。
posted by 紫乃薇春 at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫夜(投稿)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。